Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【オーストラリア】次期首相候補 ストリップクラブでスキャンダル

シェアブログ1732に投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


オーストラリアの現政権はハワードさんを当主とする自由党。
しかしここ10年間政権が継続しており 経済的に栄えてはいる・・・ものの 住宅価格は軒並み値上がり 庶民の手には届かないものになり 一部の富裕層のみを優遇の税制・政策を施行 とどめは元々労働階級の出が多いため 労働者の権利が厚く保護されていたのに 労働法改正により 雇用主が

好きなときに
好きな理由で
週末だろうが休日だろうが安い賃金で
こき使える

ということになってしまい (マネージャーとかは違って平社員とか パートさん) それがとどめの一撃。

そこへ 新しく ケビン・ラッドという労働党の党員が登場。

どうもイマイチ皆さんからの受けが悪かった歴代の労働党党首に代わって 人気急上昇。

家庭人で 奥様一筋。
信心深く 毎週教会へ行っており
しかも大学で中国語を専攻したため 中国語が堪能
労働党の外務大臣格 ということで 外交にも強い

というわけで 次期首相を期待されており 世論調査でもハワード首相を上回った支持を集めており 今年の総選挙では政権交代があるのではないか と予想されています。

そこへ巻き起こったスキャンダル。

それは


4年前に ストリップクラブへ 行った

というもの。

それは税金で国連見学に行った際なので

「こんなにいい人そう 家庭人に見せかけても 実際は 税金をこんなことに 無駄遣いするエロオヤジなんですよ」

という イメージを落とそうという作戦だったらしいです。

しかし 蓋を開けてみると 確かに強い支持層である 家庭志向 キリスト教支持団体からの受けは落ちたものの 一般層には影響はさほどなし。

いや むしろ

「信仰心バリバリで 頭でっかちの固い男じゃなくて 飲みすぎて つい ストリップクラブ行っちゃうなんて 人間味あるじゃん!」

ということで 身近な存在に感じた人の方が多いみたい。

しかも 奥さんにも既に ストリップクラブへ行った翌日に告白済み ということで 奥さんの許しも得ているわけで

「こんな過去のことをほじくり返してまで・・・」

という ムードもあるようです。

実は一度 ラッドさんを見かけたのですが 家族連れで映画を見に来てた と 前にここでも書きましたが 普通のこぎれいなオジサンでしたね。
いや オジサンというには もっと清潔感がありましたが。

まあ どんなヒトも魔がさすときってあるもんなぁ~ と 思うと同時に 日本の政治家なんて 愛人がどうのとかだし 愛人を議員にしちゃうヒトもいたりで そんなのに比べれば 酔っ払ってストリップクラブに行くくらい たいしたことじゃないように思えますね。
ま 公費で行ってるので ストリップクラブは自費で行っていてもらいたいもんです。
スポンサーサイト

| ニュース | 19:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/307-de1bc6b7

PREV | PAGE-SELECT | NEXT