Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ごはん】ブリスベンの ベジタリアンレストラン

シェアブログ1732に投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


健康にいいものを食べたい!

動物を殺すのは残酷だ!

肉を食べると 筋が歯にはさまるのが めんどくさい・・・

などなど ヒトは色々な理由で ベジタリアンになるのですが (ちなみに 例3は トビー・マグワイヤが ベジタリアンになった 理由だとか) そういうワタシは 学生時代 猫に肉をやるのは やめないけれど 自分はほぼ ベジタリアン という 生活を送っておりました。

その理由。

・・・貧乏だから。

肉を買うより 豆のほうが チーズの方が 長持ちする!
豆腐は そうでもないけど 凍らせたら また 変わった食感が。

という 経済的理由により やむなく ベジタリアンとなっていたので 今でも 野菜料理が好き。

好きついでに ベジタリアンカフェ ブリスベンにもあったので いやがる 同居人を引きずるようにして オーガニックで ベジタリアンな レストラン その名も

The Forest

へ行って来ました。

場所は ウエストエンド。
またです。
家から近いんで 許して下さい。

中心近くにある 薄暗いお店がそう。

中にいるお客さんたちを見て ビビる 同居人。

「・・・ヒッピー ばっかじゃん」

今では 手の届かないような値段になってしまった 高級住宅街を うろつく ヒッピー。

そう 家を 買っておいて それを 貸して儲ける。
家主さんたちの 資本主義や欲望を 気にせず 借家の自由を楽しんでいるらしき ヒッピーたち。
そんな ヒッピーの溜まり場だったわけです。

当然 お店の人も

刺青 ガンガン
鼻ピアス 当然
服は ボロボロ系

というわけで 筋金入りのヒッピー。

お客さんは 若い人が 中心で

「オレは この中で 一番の年寄りだ」

と つぶやく 同居人。

「そうだね~ 皆 あなたの半分の年だねぇ」

と にこやかに 言い放つ ワタシ。

さて お店は 暖かい料理と サラダ に 基本的にわかれており その他 ハンバーガー サンドイッチ ケーキ がありました。
暖かい料理は 

大皿 12ドル
小皿 8ドル

・・・ちと 高くないか???

これが テイクアウェイだと 8ドルと7ドルになるのですが 値引率の アンバランスの理由もわからない。

アバウトな商売っぷりが ヒッピーです。

さて おなかのすいた 同居人 飲み物に アイスコーヒーを注文。
アイスチョコ

こんなの飲んでるから 太るんだ・・・。

そういう 憎まれ口をたたくワタシは ジンセン茶なるものを注文。
さすが ベジタリアン。
そういう わけわからない 飲み物が 大量にあります(要は ニンジンらしいのですが)。

さて ホットフードは 自分で選ぶ形式なのですが 人気のあるものは はけており 同居人が選んだのは

ダール
かぼちゃと チーズのパイ
豆のサラダ
ジャガイモのサラダ (時計回り)
フォレスト大皿

ワタシは そんなに食べられないので 

カボチャの煮込み
カポナータ
フォレスト小皿

これを 玄米と 注文しました。

しかし カウンターにある料理を すくって出すだけなのに 異様~~~~~~~~~~~~に 出てくるのが遅い。
10分どころか 20分経っても 出てくる気配なし。

空腹だった 同居人の 気分がイライラしてくるのが わかるのが 怖い。

「・・・遅い!」

言う声が 低いし さっきまで お店の名前をふざけて歌っていたのが 嘘のよう。

「ワタシの予想では 今 玄米を炊いてるんだと思う」

と 予想してみても

「いや ヒッピーだから のんきなんだ」

と おねーさんが 飲み終わった アイスコーヒーのグラスを 片付けるのにも

「そんなの いいから オレの飯は どこだぁぁぁぁ」

と つぶやいている有様。

ややしばらくして そのおねえさんが 戻ってきて 言うことには

「スイマセーン 玄米が まだ 炊けなくって~ 代わりに ポテトにしてもらって いいでしょうか?」

同居人さん 既に ジャガイモのサラダを 注文していたため 代わりに ほうれんそうのサラダを つけてもらっていました。

そして おねーさんが キッチンへ戻った後 同居人は

「ごめん いつも通り キミの言ってたことが あたってた!」

だそうですが 忙しい晩には 玄米がなくなりがちな この店。

味も それほど 悪くなく お店もなかなか ヒッピーちっくという あまり ブリスベンっぽくない 雰囲気が いけています。
しかし 料理については どうも

「なんか ワタシの作った 料理みたいな 味がする・・・」

なので 微妙。

お金払って 自分の作る料理を食べたいか どうか。
今度は 注文しなかった タイカレーでも 食べてみて 判定してみます。

興味のある方は このサイトをチェックしてください。
       ↓
http://www.theforest.com.au/

余談になりますが ベジタリアン料理 痩せる!と 食べてるヒトは イメージにだまされている というのが ワタシの友人 元ベジタリアンの 発言でした。

どうしてよ?
体にいいから 自然と痩せそうなもんだけど?

と 質問してみると

「カロリー低いから おなかが すご~く すくの。
だから ものすご~く 食べちゃうの。
後は おなか 空かないように 油を 大量に使ってることも 多いのよ~」

だそうで ベジタリアン生活を続けた結果 健康を害してしまい お医者さんから 動物性蛋白を取るように と 言われたため ベジタリアンをやめたのですが なんか 色々大変なもんなんだなぁと 単に 経済的理由から ベジタリアンだった 自分には わからないものを 感じたのでした。
スポンサーサイト

| オーストラリア | 18:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/295-f8c78ce5

PREV | PAGE-SELECT | NEXT