Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【オーストラリア】減り続ける クイーンズランドへの 観光客数

シェアブログ1732に投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


オーストラリアの主要産業はなんでしょう?

それは 今のところ 一次産業(農業 鉱業)
教育
そして
観光

しかし 日本人には最近のオーストラリアドル高も相まって 足が遠のきつつありますが さらにそれが 顕著となってきました。

今日 観光大臣の発表によれば 3月の調査で 日本観光は 9% 減少したそう。

これは歳入13%減に等しいとのことで 大ショック。
お給料が月に20万としたら 2万5000円 減る って 考えたら 実感沸きますね。

この原因は 日本市場への競争 と 日本路線の減少 とされています。

また 燃料税と オーストラリアドル高 も 原因です。

過去3年間で オーストラリアへの旅行は 45%割高になってしまったそうで ゴールドコーストと ケアンズにとっては 日本観光は 重要な収入源。
とりあえず ケアンズは まだまだ頑張っているそうですが ということは ゴールドコーストへの 観光が 減ってる ということになりますね。

しかし このことに 今さら 気づいたのか・・・と なんとなく ビックリ。

だって オーストラリアに来る 観光は 

雄大な自然を楽しみたい

安くて おいしい シーフードを 楽しみたい

ビーチで のんびりしたい

などという 目的でしょうが 

雄大な自然を楽しむには 田舎へ行かなくてはならないので 時間がかかり オーストラリアへのツアーのメイン 4泊5日くらいでは とても行けないところにある。
行っても せいぜい 過ごせる時間は 30分。
駆け足で 見て来ました! が 精一杯。

ドル高のせいで 安いシーフード なんて 絶対無理。

ビーチに行けば サメが出たり 観光を狙って ビーチ歩行料を 取るやからまで 出たりして。

そのうえ 厳しい手荷物審査。
ちょっとでも 重量オーバーすると 厳しく 注意。
追加料金を取られる人が多いです。

そして 恐ろしい額の Fuel Surcharge すなわち 燃料税。

去年 日本に行ったときに チケットの 30%くらいの 額の 燃料税を払ってビックリ。
チケット自体は安かったのに 結局結構な額を支払うことになってしまいました。

このような 数々の難関を勝ち抜くために 何かとりえはあるのでしょうか・・・。

ビーチや 気候のよさなら ハワイやグアムがあるし お値段追求なら タイ マレーシア インドネシアがある。
ゴールドコーストなんて まるっきり ハワイっぽいというし。
安・近・短なら 色々オプションがある 日本という市場に どうやってオーストラリアはアピールしていくのか。

これからが 楽しみです。
スポンサーサイト

| オーストラリア | 19:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/264-6590514e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT