Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【オーストラリア】 バイロン・ベイ探索記 その2

シェアブログ1732に投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


さて かわいい町 バンガローを後にして 一路 バイロン・ベイへ。

バイロン・ベイというと 灯台と ヒッピーが集まる ニューエイジ風のリラックスしたところ というので 有名で こちらの旅行社なんかでも ツアーがあったりします。

しかし 同居人が

「おなかがすいた! お昼を食べたい!」

と騒ぐワタシに一言

「いいかい バイロン・ベイでお金を惜しんだらダメだ。 
ケチると ひどいものを食べるはめになるからね」

と 釘を刺すではないですか。

どういうこと?
ヒッピーの リラックスした街ではないの???

不安を抱えているところへ 駐車場が見つからない。
しかし 一度来た事のある同居人が 

「電車の駐車場に停めればいいよ もう 運行してないんだから」

またもや バスにとってかわられる オーストラリア
せっかくのインフラも 使われず 街のど真ん中に停車する という 地の利も生かさないのは 本当に勿体ない。
使う人がいないから と 言ってしまえばそれまでなのですが (何せ 広いから 皆 車で移動 ⇐ 自分も含め)電車の旅は バスの旅より 風情があるので どうにも 残念です。

せっかくなので 廃止された鉄道駅を 写真に撮ってみました。
バイロンベイ 鉄道


そして 鉄道駅の前にある パブ。
さすが オーストラリア どこにでも パブはあるのねー と 感心しつつも 駐車場は見つからない。

というわけで ちょっと車を走らせてみると こんなもの発見。
水道等

これ 水道か ガス塔 らしいです。
今では もう使われていませんが。

無事に駐車場を発見して 市内探索へ。

不安を胸に 街へ着くと。

う~ん 確かに ヒッピーっぽい。

人の服装が。

しかし 町並みは微妙・・・。

なんというか 思っていたより 随分と 商業化されているではないですか。
イメージしていた ニューエージの 小じゃれた店や ヒッピーっぽいお店や レストランは 表通りには それほど目につかず 微妙に安っぽい感じが漂っておりました。 
住んでいたら 違う景色も目に入るのだろうケド 旅行者としては やっぱり イメージとの違いは大きい。

見つけた オーガニックフードのお店も でかでかと看板が立ってたりで なんだか 想像していた リラックス♪ という 雰囲気よりは

「来たんだから ヒッピーを堪能しなさいよね!」

という 強い主張がうかがえるようで 微妙に腰が引けてしまったのも事実。

とりあえず ゴハンを食べないことには 身が持たないので レストラン探し。

こじゃれた フレンチあり インドあり タイあり なのですが そんなの地元で食べられるわけで どうせなら バイロン・ベイだ!という 気持ちが味わえるところが・・・と 歩いているうちに ビーチに着きました。
バイロン・ベイ ビーチ

これこれ これです これを見たかった~♪

これこそが イメージしてた バイロン・ベイ。
バイロン・ベイ ビーチその2

きれいなビーチ 爽やかな風。
ビーチでのんびりする若者たち。

そして それを尻目に トラックの中で サンドイッチをほおばる フツーの方々。

それこそが 生活って もんですよね。

ここで ビーチへ行って のんびりしたいところですが ワタシ=激しく空腹 同居人=ビーチ ダイキライ というわけで残念ながら 夢は叶わず お昼となりました。

さて 海辺へ来たなら そりゃ シーフード
しかし さすがに ビーチサイドのお店は 高かった (テイクアウェイでも 10ドル以上) ので ビーチサイドなら どこでもあるけど やっぱり雰囲気のいい ビーチハウスへ。

ここで 同居人は 魚のグリルを マッシュポテトとマッシュドパンプキンを 型に入れて焼いたものの上に載せて ソースを流した 今日の魚を 
魚

ワタシは かじきのハンバーガーを注文しました。
魚ハンバーガー

魚もおいしかったけど パンが一番おいしかったかな。

飲み物にお茶を注文したんですが 南アフリカのお茶とかいうものが 出てきました。
お茶

味は オーストラリア産の デアンドリー・ティとかいうのに とても似ていました。
普通の紅茶とは 味が違っていておいしかったけど これなら スーパーでデアンドリー・ティを買ってもいいのかも?

ついでに ビーチハウスの光景を。
ビーチハウス1

ビーチハウス2

さて 肝心のお値段ですが 今日の魚は 24ドル 魚バーガーは16ドル。
以前なら 6掛けくらいだったので 1400円に 1000円くらいなので お得ですよ!と 言えたけど 今日のレートでは 1A$が104円なので 2500円とかですよね・・・。
たかぁ~い!!! 
でも 魚バーガーは おなか一杯になるので いい雰囲気も楽しめて お得といえば お得ですので オーストラリアのビーチへ 旅行される方は 一度試してみると いいのでは?

料理と飲み物を注文するところが 違っていて どちらも先払い。
変な装置を渡されて それが鳴ったら 料理を自分でカウンターへ取りに行きます。

お昼の後 やっと 灯台へ行きましたが それは また明日にでも。
スポンサーサイト

| 日々の話 | 20:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/239-fe3a3de1

PREV | PAGE-SELECT | NEXT