Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【映画】ドライビング・レッスンズ(日本未公開)

シェアブログ1571に投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です

ドライビング・レッスンズ


主役はハリー・ポッターのロン役の ルパート・グリントくん。
↓こんなにオトナになりました。
ルパート

彼も ダニエル・ラドクリフくんのように ずっと

ハリー・ポッターの・・・」

と 言われ続けるんでしょうね。

そのイメージを振り払うような 過激な方向に走ったのが ダニエルくんだとすれば ハリポタから ゆっくり 大人の役へと脱皮しようとしてるのが こちらのルパート君。

まあ ハリーは あまりにもイメージが強烈すぎるので そこから抜け出すためには 過激な手段が必要だったんでしょうけど そういう点から言えば ルパート君は幸せですね。

そのルパート君の相手役というのは なんと 同じハリー・ポッターで ロンのお母さん役をやってる ジュリー・ウォルターズで テレビの映画評論番組では

「ママと 一緒に映画に出てる」

と揶揄されておりました。

しかし この女優さん 大変なベテランなので どちらかといえば そういう役者さんを平気で使える ハリー・ポッターの凄さのほうに感心すべきかな とも 思います。

話の内容としては それほど 起伏があるわけでも ドラマチックなことが起こるわけではなく よくある 少年の成長物語 と くくってしまえば それで終ってしまうもの。
だけれど イギリス風味の風刺がピリリと効き お涙頂戴に流れることなく ドラマ満載 盛り上がり満載!というのではなく 人生を第三者的な視点から眺め 一人の抑圧された少年が 自分の中にある ホンモノの価値観に目覚め 自分の足で歩き出す姿を 生き生きと描き出しています。

その少年ベンの相手となるのが 元女優の老嬢 というのが ちょっと違っていますね。
ドライビングレッスンイヴィー

二人出てくる ベンのロマンスの相手となる 若い女性二人は どちらも どちらかというと 老嬢イヴィーに比べると 人間として 魅力に欠けるのも よかったです。
だって このイヴィーと来たら 口は悪い わがまま放題 自由奔放 それでいて もろいところもある と とってもステキ。
先日の あるスキャンダルの覚え書き で描かれていたような 孤独な老嬢ではなくて 自分の年をとったら あんなおばあさんになりたい!と 思わされました(周りの人は 相当迷惑だろうが)。

こういうタイプの映画って 昔あった ハロルドとモード 以来ですので (とはいうものの 未見) かえって新鮮です。

宗教でこちこちの 善意に満ち溢れたように 一見見えるものの 実はものすごく 自己中心的で 偽善的な母親と 妻との関係を修復する兆しさえつかめず ただ 趣味の野鳥にのめりこんでいる父親 (このお父さんが 鳥の鳴きまねをするシーンは 秀逸) 困った人には親切に!をモットーに 身寄りのない Mr.フィンカムを引き取っている という この居心地の悪い家族っぷり。

こんなお母さんなら 家出してるよ 普通は・・・。

と 映画を観ながら ずっと思っていました。

この母親の人物像が実に秀逸。
ローラ・リニーの演技を見るだけでも 価値があるかもしれません。
ドライビングレッスン お母さん

美人で 善人そうな 表面ですが 一皮剥けば 信心深さを隠れ蓑にした 浅薄 冷徹 他人を操作するのに長けており コントロールフリークで 相手に力をふるうことに 全てを思い通りにすることにヨロコビを見出す 本当にモンスターみたいな人間。

普通なら これだけでホラー映画だの サスペンス映画になりそうなものを そこをコメディにしてしまうのは 監督さんの実力です。
ラブ・アクチュアリーの シャイないき遅れ(不適切な表現 ごめんなさい)を 演じていた人と 同じとは思えない ローラ・リニーにも感心。
とはいえ 最近では イカとクジラ なんかでも 同じようなタイプの役を好演してましたね。

と思って調べると この監督 先日観た ラスト・キング・オブ・スコットランド の 脚本家さんでした。
なんでも 自分の青春時代を元に この作品を書いたそう。

監督さん こんな少年だったら 青春時代 大変だったろうな と ひそかに同情(詳しくは 主人公ベンが 恋しているサラという 女の子に 自作のポエムを読むシーンで)。

ともあれ 

最近の派手派手しくて ドラマチックな映画には ちょっと飽きたな
楽しくて それでいて 風刺の効いた映画を観たいな 

という方には イギリスの美しい自然を 味わうこともできる うってつけの一品です。
スポンサーサイト

| エイガ | 19:27 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

へぇ~、こんなに

他人事ですが、、こんなに大きくなるもなんですね~、ロン役の子。

ホームステイ先にあった「One Fine Day」っていう映画、あれの子役もちと気になって調べてみたんですが、、映画の中では6歳程度だったのが、、大きくなってびっくりしました。Alex Linzだったかな? 某学校でも見ているので感じるのですが、子供の成長ってびっくりです。

| kyohhei_in_brisbane | 2007/06/14 16:37 | URL |

ロ~ン!!

ふらりと読みにきました。
 ロン君、他の作品、あるんですねえ。先日ハリポタの宣伝来日があって、ハリーが言うには、ロンがアイスクリームの車を買ったんだって~。そのうち見せてもらうのが楽しみだとか言ってました。自宅にとめてあるのかねえ。アイスを売ってくれるのかねえ。
 ロンのお母さんが編むセーターのことはヴォーグニッティングでもとりあげられていたし、ストーリーよりそっちを見ていました。
 いま、ハリポタは最後の商戦って感じ。月2回届く魔法のチェスセット、うちの姉ちゃんが楽しみに集めています。

| もうふねこ | 2007/07/18 13:59 | URL |

kyoheiさんへ

お返事すっかり遅れました。

そう・・・・子供が育つのは早いモンです。
そして ハリポタの中でも 青春模様が繰り広げられているとか。

本を読んでないのですが 楽しみです!

| プリシラ | 2007/07/18 22:14 | URL |

もうふねこさんへ

お久しぶりです。

ロンは てか ルパートくんは 実際的なので 映画のキャリアがダメになったときのために アイスのバンを買ったんだそうで。
子役の落ちぶれていく様子を見てきたのね・・・と 涙しました。

魔法のチェスセットって 何?
日本ではそういうの 売ってるんですね。

| プリシラ | 2007/07/18 22:16 | URL |

 えーと、ハリーとロンとでチェスをするシーンありますね。あと、巨大なチェス盤の上でクイーンと戦ったり。 
 このコレクションは、毎回、仕掛けのある駒と魔法道具が付いてきます。魔法の杖とそれで動かせる黒ルークとか、声を出す駒とか。逆転時計とか。
 この間、姉ちゃんが「あ~時間ない~!!」と叫んでいたので「こんな時こそ逆転時計」と言ってあきれられましたが・・・。
 今、シリーズNO.3まで出ていますよ~。チェスのルールも覚えられます。プリシラさんはチェスできますか?

| もうふねこ | 2007/07/19 12:39 | URL |

もうふねこさんへ

>姉ちゃんが「あ~時間ない~!!」と叫んでいたので「こんな時こそ逆転時計」と言って

正しい使い方じゃないですか!(爆)
そのためにあるんだ!と 言ってあげましょう。

チェス 全然できません。
しようと思ったことすらありません。
負けず嫌いなもので・・・。
ハリーついでに 買ってみようかしら。

| プリシラ | 2007/07/19 21:37 | URL |

つい最近ですが

私も、旦那の兄夫婦が行けなくて、ってのでタダ券もらって見ました。
ロンが出てるよ! って思ったら、モリーさんも出てたのね。
知らんかった。
この話、なんだかよく分かりませんでした。
変なおかんと、女優のキャラは凄かったけど、女優キャラは一体どう話に絡んだのかイマイチよく分からん。
後は、あの完全に内部に不一致がある母親が、病院で小さい車に乗ってたから助かったわ~、って云ってた車はマツダだったぞ!
(私には小さくない)

話脱線ですが、要するに、映画ならではな作品ですね、これ。

| siorin | 2007/07/21 15:04 | URL | ≫ EDIT

女優キャラは

これ ルパートくんが いかように 女性に翻弄されているか から 女性により解放されるか という ハナシなのかなぁ と 思っています。

やはり 青年にとって 性的に目覚めつつある中で 性というものなしで 女性というものが 同じく 人間であり 人生の先輩であり 生き方を教えてくれる というのが 新鮮な見方だったのでは?

これが 男女が逆だと 性犯罪物になるのが また 面白いですね。

| プリシラ | 2007/07/22 00:38 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/235-a2f9080e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT