Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【映画】 ブリックBRICK

シェアブログ1571に投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です

brick1

この映画 第二のドニー・ダーコ という触れ込みだったので 迷わず選びました。
サンダンス映画祭で 大絶賛された というのも 惹かれた理由ではありますが しかし 先日レンタルした 映画も サンダンス映画祭でナポレオン・ダイナマイト(あ 日本では バス男って タイトルになってます)を 破った という映画だったのですが 死にそうにつまらなかった記憶が。

とにかく サンダンスは 

ダイアローグ重視
雰囲気重視

なのでは?

という 疑いを持っていましたが それが これまた この映画で証明されました。

いやぁ 何言ってるか さーーーーーーーーっぱり わからない!
大体 タイトルの Brick だって ナンノコトやらさっぱりわからず まあ 主人公のブレンダンだって それ わからないから 謎解きに乗り出すわけですが それだけではなく 何もわからない有様。

言葉がわからなくても 映画と言うのは 楽しめるわけですが この映画の場合 基本はフィルム・ノワール で 孤高の探偵が 1人謎解きに乗り出す というのに

言葉がわからないんじゃ せっかく 解いた謎さえも わからない・・・

ので 楽しみ1/100

それなら 英語わかるように 勉強しろよ!

と 言われそうですが しかし 一語一句 わからない状態が連続していると そんな気力もわかず。
仕方ないので 字幕をつけよう!と すると なんと 字幕なし。
よし これは迷惑だろうが 同居人に逐一質問するしかない と ソファに寝転がって見ている同居人に

「ねーねー 今なんて言ったか わかる? さっぱりわからないんだけど・・・」

と 聞いてみると

「オレも わからん! キーワードだけ 拾ってる!」

と 哀しい発言が。

仕方ないので キーワードだけ 拾おうとするも どこが キーワードやら さっぱり。
お母さんと 学校の校長先生の言ってることしか わからない状態に もしや と 聞いてみると 若者言葉が満載 スラング満載 だそうで そりゃ ガイコクジンにはわかりませんやね。

しかし 日本語版 字幕翻訳者さん 大変だったろうなぁ。

とりあえず 謎解きだ フィルムノワールだ と 考えつつ ところどころにはさまれる ウププ と 笑えるシーンだけを頼りに観続けました。

主人公のブレンダンは メガネをかけた どうみても オタクっ子なのに やけに強い。
ジョックスと呼ばれる 体育会系の男にも ヤクやってる不良も ボコボコにするくらい 強い。
そして そんな情けないタイプなのに ブレンダンを謎解きに走らせる原因となった 失踪した元の彼女も 彼に近づいてくる 超お嬢様も 二人とも やけに美人。

前述ナポレオン・ダイナマイトといい このブレンダンといい アメリカでは オタクがかっこいいのか? と 疑いが湧くくらい。

しかし この ブレンダンを演じた ジョセフ・ゴードン・レヴィットくんが めちゃカワイイので この状況には納得が行くのですが。
Brick4

コロンビア大学に行くために しばらく俳優業から遠のいていた 彼 ドニー・ダーコで ジェイク・ジレンホールがとっても有名になったように これから人気になるのでしょうか?
そうだといいな と 思います。

まあ これも 今でもマッチョでスポーツマンが人気な アメリカとかの 映画を作るという 極めて肉体的な作業とは正反対である人々からの 抗議なのでしょう。

さて ブレンダンが結局解き明かす 彼女の死の理由は それほど驚くようなものでもないのですが でも それ以前に カリフォルニアの明るい日差しの下 密かに大人には知られることなく 広がっている犯罪というの世界を オタク青年が解き明かす そして そのの世界は 大人の目の下に 広げられているのに 大人には見えていない というのは 自分が10代だったら きっとものすごく訴えかけるものがあるんだろうなぁ と 考えつつ 観ていました。

そして 自分にとってもう一つの見所は 犯罪シーンを牛耳る The Pinを演じた ルーカス・ハース

目撃者であんなにかわいかったのに
マーズ・アタックでは あんなに上手にオタクをやってたのに
今回は ゴス です。
ルーカス

彼がまだお母さんの家に住んでいて お母さんが彼と その手下の世話を焼いているシーンには 思わず笑ってしまいました。

思うにこの映画 やっぱり 男性向けなんでしょうね。
青春ハードボイルド。
自分の青春時代を思い出しつつ 映画青年なんて それほどもてないだろうから 自分の青春時代と重ねて 当時の自分にはできなかったようなことをやってもらう または 現在 同じような状況にある 男子高校生が 鬱憤を晴らす みたいな。(文科系でモテモテだった方いたら スミマセン)

映像的には 美しいシーンが多く 特に出だし トンネルで真っ白なイメージの少女の死体は ツイン・ピークスの 世界で一番美しい死体 を ふと 思い出してしまいました。
本当に ポカン と 明るい空気の色と 世界で一番好きだった女の子を失ってしまった 悲しみが 奇妙にマッチして 中身はわからないながらも なぜか強い印象を残す作品でした。

芸術的ながらも 微妙に観る気をそそらなかった 原因となった ポスター。
なぜかはわからないけれど。
Brickposter

スポンサーサイト

| エイガ | 22:53 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

同感デス

ハードボイルドは、一部を除き?「男性の浪漫」を描くモノ なのかもしれません。 それに、このジャンルは、伏線が読み取れないと、その分、感動も薄れますよね・・・ しかし、登場人物のほとんどが高校生☆というのは、新鮮ですけど♪

南カリフォルニアの高校が舞台のようですが、それじゃ~ スラング
出まくりですよね(汗) 我が家は、キャプションもないので、TVドラマは (自分は)適当にタレ流しています・・・ コメディが一番分かりやすいけど、雰囲気で笑ってるだけかも知れません(汗)

ジョセフくん、フィルモグラフィーを見たら、「リヴァー・ランズ・スルー・
イット」に出演、とあったのですが、 う~ん、子役ですか???  
丸刈りの画像が、ちょっとだけ 若い頃の(失礼)ヒース・リージャーに似てるような???

| ゆうこまん | 2007/05/19 16:30 | URL |

ゆうこまんさんへ

高校生なんですが 爽やかじゃなくて(苦笑)。
日本の高校生には やっぱりなんだかんだいいつつ まだ コドモっぽさがある方が 珍重されるけど ガイコクでは大人が人気なのかもしれませんね~。

TVドラマ見ないので 本当にアメリカの若者言葉はわかりません!
Heroesとか やってて こないだ 日本語話していましたが 片方の人は 偽物でした!

ジョセフくん 子役で人気だったようです。
カワイイですもん あれなら人気が出ること 間違いなし(とかいって ジョン・へダーになっては困りますが)

| プリシラ | 2007/05/20 12:18 | URL |

第二のドニー・ダーコ!?

プリシラさん、こんにちは。私事ですが、わたしは『ドニー・ダーコ』が大好きなんです!そうですか、第二のドニー・ダーコと呼ばれている映画があるんですか。さっそくDVDを手配いたします。楽しみ~☆ムフフ。

| バニ | 2007/05/22 03:54 | URL | ≫ EDIT

バニさんへ

はじめまして、バニさん。

ワタシも ドニー・ダーコすきなんです!
DVDも買っちゃいました。
でも ディレクターズ・カットより 映画館公開版の方が好きです。
それは 最初に エコバニのキリング・ムーンがかかるから・・・w

あの 高校生くらいの もわ~んとした 何かにイライラした 疎外感は よく伝わってくる映画でした。
でも ドニー・ダーコの切なさはそれほどないかも?

| プリシラ | 2007/05/22 22:29 | URL |

同感!!!

イギリスに留学中の私も同居人と字幕無しで奮闘しましたがなんとか巻き戻ししまくって微妙に解決できましたよ!!!でも日本でも公開されたようで、日本のHPで半分だけ詳しい説明がのってました。でもまだいまいち理解出来ないのがなぜ彼女は麻薬に走ったの?ってゆー....推理をあまり見る側にさせてくれない映画だったのでちょっと残念でしたがスリリングではありましたね!
太字の文色付きの文字

| みよ | 2007/05/24 11:03 | URL |

みよさんへ

お返事遅れまして 申し訳ありません・・・。

やっぱり 巻き戻ししまくりましたか!
おかげさまで 日本のHP発見させていただきました。
どうして 麻薬に走ったか は やっぱり そーゆー人とつきあうと そーゆーことになってしまうからでは???

昔の映画パターンを 現代に持ってきた というのは 新鮮だったし コメディ部分と シリアス部分の コントラストがよかったですよね☆

イギリス留学 頑張って下さいね!

| プリシラ | 2007/05/27 22:00 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/219-ac8b44d4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT