Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニコラス・ケイジ の ウィッカーマン を 観ました

シェアブログ1571に投稿

映画ブログに投稿するために必要な表示です

ウィッカーマン

少し忙しくなってきていて 毎日更新していないのですが 映画は観るようにしています。
そのせいで 書くのが追いつかなかったりしますが・・・。

映画館に行く時間も作れなかったりするので ついつい DVDレンタルしたりして。
というのも 同居人は かなり 忙しい人。

ノンキで脳天気なオージー

というイメージは 彼にはあてはまりません!
一日12時間くらい働いている上に 週末も働いている・・・。

いいのか それで?
オージーの名前を汚すな!

と言われそうですね。
お酒も飲まないし スポーツも嫌いだし。
世間様の持つ オージーのイメージを狂わせていますが それはさておき この忙しい同居人 当然疲れています。

映画は観たい でも 体力なくて 映画館に行きたくない。
というわけで 金曜日はDVDを借りてきてくれるので ちゃっかりお相伴させていただいております。

で 今日借りてきたのが

ウィッカーマン

あちゃー・・・

あなた ニコラス・ケイジ 目当てで借りたでしょ!

と すぐわかりました。

「この映画 リメイクなの知ってる?」

と 聞いたところ すぐさま ググり

「や しまった ☆一つだ!」

と 騒いでおりました。
でも 観たんですね 彼と私。

で なんかいきなり バイク警官のニコラスが登場。
ウィッカー5

・・・ニコラスってば 本当にバイク 好きなのね・・・。

車両火事から 子供を救えなかった ニコラス。
トラウマで 落ち込んでいるのが出だし。

そして 映画は 女性が支配する孤島へ移動。

そこで 警官=マッチョ ニコラス 大暴れ。
ウィッカー6

警察バッジを振りかざし
ウィッカー1

村の子供相手に キレてみたり 小学校の先生相手に 銃突きつけて 自転車奪って現場へ急いだり。

前妻前カノに 子供消えた と 言うことで孤島に呼び出されたんですが この元妻前カノが美人なので

よりでも 戻したいのか?

と 思ってしまったり。
前カノ

調べたら オーストラリア出身の 女優さんでした。
前作は フライト・プラン。

後 一時期 ニンフェット とでもいうんですか 美少女ということで 人気だった リーリー・ソビエツキが出ていました。
ウィッカー4


ま 自分の子供がいなくなった (違うかもしれない 眠いの堪えてたから)となれば 頑張るのが当然だけれども どうして この人が 子供と離れて暮らしてたのか ちと 不明だったので この思い入れは 自分が子供を救えなかったという自責の念からなんでしょう。

1973年の映画では 島の当主は クリストファー・リーが演じていたのですが
昔のウィッカーマン

リメイクでは 女性当主となっており しかも島は女性に支配され 男性は労働力と 子種の役割のみ あてがわれている。
途中で出てくる 蜂も メス蜂が集団で社会を形成し オス蜂は 同様に子作りが一番の存在理由 という 隠喩なんだろうけれど。

その中に アメリカンマッチョの典型的なイメージである 警官 をぶち込み 女性だけで編まれた 不思議に協力的な世界の 不可思議さとの 戦いを描いていた というところです。

原作は結構評価が高くて それはどうやら これは 禁欲的なキリスト教的価値観と性に満ち溢れ なおかつ 性的奔放さを肯定する異教徒の価値観の 衝突 というのが テーマだったそうなのですが。

しかし リメイクには そんな性的奔放さは 殆ど観られません。
唯一あったのは ニコラスの元妻 ウィロウとのキスシーンくらいで 後は 思わせぶりな仕草くらい。

というわけで これでは 原作にあったものが 出ないのも当然なわけで 拳銃振り回して 汗だらけで走り回ってるニコラスに 

「よその社会に行ったら よその流儀に合わせなくては ダメだよ ニコラス」

と おせっかいだけど 忠告したくなるくらい。

と 書いたところで気がついた。

性的側面を全て省いたのは ニコラスを 男性的な価値観に満ち溢れた 異邦人 つまり 

アメリカ

という国 銃という暴力と 警察という権威に訴える特徴を 持つものにたとえ それと反対な世界 彼には全く理解できない 文化と慣習を持ち 協力に基づく世界を築いた世界との 衝突を 描くことで アメリカというものを 批判しようという 意図があったのでは?

もし 本当に ニコラスがいなくなった娘を捜したいのならば 協力的じゃない村人たちを 脅すのではなくて いかにして協力してもらうように努力すべきか 考えるべきではなかったのか?
それが 現在 世界中と対立する アメリカが 他国に土足で立ち入る前に やるべきことじゃなかったのか?

という メッセージを伝えたかったのだろうか?

とはいえ なんとなく あんまり雰囲気もないし 思わせぶりな演技が多い中 汗水たらしながら 走り回り 女教師を銃で脅して自転車を奪う ニコラスの熱演は見ものです。

やあ!熱い!熱いぞ!

と思って見たら ニコラス プロデューサー兼ねてました。

とりあえず 音楽はバダラメンティで その辺の雰囲気はありましたが まあ 今度旧作見つけたら 比較のために観てみます。

今回発見したポスターは以下の二つ。
ウィッカーマン

絶対 映画そのものより よい出来のポスターです これ。
これなら ホラー映画好き この映画観る気になってしまいます。

次のがオーストラリアでの公開版(ただし どうやら デンマークかどこかのものですが)
ウィッカーマン7

観てると 

・・・アレ?

ニコラスさん 実物とちょっと顔 違ってない?
なんか 痩せてて かっこよくない?

やっぱり プロデューサーだから なんでも好きに出来るってことでしょうか?
スポンサーサイト

| エイガ | 22:27 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

ニコラス、マッチョ、剥げ;;;

ニコラスケイジ、我が家では結構好きな役者さん、、、というか、彼のアクション映画は楽しんで観たものが多いのですが、この作品、予告がおどろおどろしくて・・・。
『珍しくホラーものに出てるのねぇ』なんて思ってたんですが、そういう内容だったのですね。
あまり評判はよくなかったみたいで、DVD借りてまで観ようとは思わなかったのですが、プリシラさんのおかげで、ストーリーが分かってよかったです(笑)
俳優がプロデューサーを兼ねる作品多いですが、「ぼくが一番!ぼくが大活躍するの!って作り方になっちゃうと、がっかりしますよねぇ
うーむ;;;

| ろくろく | 2007/03/31 01:54 | URL |

ろくろくさんへ

お久しぶりです!

評判がよくない余り アメリカ最低映画賞のラジー賞にまで 昨年はノミネートされていた というのですから 映画の出来はおして知るべし・・・ と いったところでしょうか。

>ぼくが一番!ぼくが大活躍するの!

ここ 爆笑しました。
そうなんですよねぇ~~~~~!
で これにも飽き足らず作ったのが ゴーストライダー だったんですね!

これからどこへ行くんでしょうね ニコラス。
あまり 寄り道しないで 楽しみ程度にとどめて 元の路線に戻ってもらいたいもんですが・・・ もう 無理?

| プリシラ | 2007/03/31 08:03 | URL |

こんばんは。
この映画、トロントでみました。
ちょっと期待してたんですが、、、、思いきりB級ですよね(笑)
B級は好きなんですけど☆
日本でも公開決まってびっくりです!9月だったかな??

| mig | 2007/04/03 03:42 | URL |

migさんへ

トロントですか・・・いいところでご覧になりましたね☆

B級というか・・・C級???
いや そんなこと言ったら ニコラスに悪いので B級にしておきます。
ニコラス 好きだし。

日本で公開決定は やはり ニコラスの力ですよね。
やっぱり 人気なんですね~。

| プリシラ | 2007/04/03 14:34 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/184-252085e2

PREV | PAGE-SELECT | NEXT