Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボビー 観ました

シェアブログ1571に投稿

映画ブログに投稿するために必要な表示です

ボビー


最近懐古趣味の映画が多いけれど そういう映画の楽しみは 当時の風俗 特に衣装やヘアスタイルは 観てても楽しい。
ボビー

これは 徴兵忌避のために (実際は前線送りを逃れるため)偽装結婚する若カップル。
リンジー・ローハンの パステルカラーのチェックのドレスに ストローバッグが オシャレです。
そばかすだらけのお肌も チャームポイント。

このほかにも ゴージャスに膨らませた髪型に つけまつげバリバリなどなど。

なので ボビーもそういう理由で観に行きました。
あまり期待してないで観たせいか 思ったよりもいい出来に感じました。

色々な人がある場所に集って事件が・・・というのは オトモダチが指摘してくれたように 先日亡くなった ロバート・アルトマンの得意な形式でしたが この映画は 元々 ロバート・ケネディと 彼の暗殺 という 求心力があるので そこに至るまで関心と集中力をキープできるか どうかに 監督の手腕がかかっていますが エミリオ なかなか よくやってくれたと 感じます。

そして 皆様ご指摘のように ベトナム戦争当時の風潮 雰囲気と 同様に泥沼化するイラク侵攻を重ね合わせ アメリカの人々の間に高まる 新しい風を期待する熱意と それが砕かれる落胆を 描いています。

クライマックスで サウンド・オブ・サイレンスが流れるのも 時代を表す音楽として よい選択でした。

観客は 当時と同じ熱狂が 自分たちにもあるかと 問い 当時と同じく平和を希求するにもかかわらず それを達成する方法をいまだ見出せないことに苛立ちを感じ 劇場から出たときには 自分には一体何が出来るだろうか ボビーは映画の中で射殺されてしまったけれど 今の時代には そのボビーさえいない 期待をたくす相手さえいない 不幸な時代に どう対処していけばいいか を 考えるのではないでしょうか。

このほかにも アメリカが抱える問題として

アフリカ系とヒスパニック系の置かれた立場 

差別されても 希望と未来を信じ 耐えることを忘れないようにしようという メッセージ

人種という壁に捕われて 相手も同じ人間であるということを 忘れてしまい 人間関係で一番大事なものを 忘れているのではないか という 疑問

といった 社会的なものと

芸能界に生きるプレッシャー
美しい女には つきものの 老いとの戦い
本当に信頼できる男女関係・夫婦関係を築く難しさ
高齢者にとって 生きがいとは

といった身近なものに

60年代のドラッグカルチャー

といった風俗をからめ

上手にミックスしていました。

時折挿入される MLK師の暗殺の話 ケネディの演説行脚など 現代アメリカ史の勉強にもなって お得です。

俳優さんでは 最近メキシコ人俳優が人気ですが この映画にも ステキな俳優さんが出ています。
ロド

フレディ・ロドリゲスというそうで これからが楽しみです。

そして あんなにステキだったのに・・・と 残念だったのがこの方↓
エミリオ

手前のエミリオ お父さんに似てきましたが まだまだ若さを残しつつ ステキに年を取っておりますが 問題は後ろの方。

そう クリスチャン・スレーター。
ああ 80年代には期待の新星と騒がれ リバー・フェニックス亡き後 その後を継ぐのでは と 期待されていたのに 額の後退がたたってか サイコ・キラーが似合う感じになってしまいました。

他にも 皺だらけ 老けメイクで登場 と 美人セクシー女優としては ものすご~く勇気のある選択をした シャロン・ストーン と 全身整形をして復活を狙う デミ・ムーア の 対決。

ヘザー・グレアム リンジー・ローハンといった 新旧美人女優を 交え 

自然と 人間の技術の 戦い


を 見ることが出来ます・・・って イジワルだな 私。
スポンサーサイト

| エイガ | 20:46 | comments:9 | trackbacks:1 | TOP↑

こんばんは。
私はこの映画かなりグっときました。政治的な面よりも一般の人たちの生活が淡々と描かれている方に入り込めたからかもしれません。なんだかこう、ジンワリと控えめに人間賛歌が描かれているような・・・そんな雰囲気とラストの演説、これが絶妙でした。

そしてクリスチャン・スレーター、昔は人気ありましたね~。今となっては何であんなに人気あったのかよくわかりませんけど(笑)あの当時、スレーターとカイル・マクラクランがやたら人気あったような記憶があります。そういやチャーリー&エミリオ兄弟もあの頃くらいまでは人気ありましたね~・・・あぁ無常(笑)

| baoh | 2007/03/27 02:08 | URL | ≫ EDIT

baohさんへ

そうですねー おっしゃる通り 一般の人の暮らしと セレブの対比なんかとか しつつ でも 幸せかどうかは・・・ みたいな描き方とか アンソニー・ホプキンスの元ドアマンが 退職してからずーっとホテルに入り浸ってるとか あー このホテルがこの人の人生の全てだったのねぇ いい人なウィリアム・H・メイシーが いい奥さんいるのに 浮気している とか まさしく

「人生色々」

な様子が細かく描かれていて とっても好感が持てました。

>今となっては何であんなに人気あったのかよくわかりませんけど(笑)

今人気でも 後20年くらいしたら そういう風に言われちゃう俳優さんとか アイドル 誰かしら・・・(笑)?

カイル・マクラクランは ツイン・ピークスですよね~。
今じゃ デスパ ですが。
いやぁ ブラットパック キーファー・サザランドは 上手に生き残っていますよ!

デミ・ムーアって エミリオと付き合ってるとき こんな感じだったのかなぁ とかも 実は観てるとき想像してました(笑)。

| プリシラ | 2007/03/27 08:42 | URL |

今週あたり

見てみたいと思っている映画です。 (終わらないでね~!←心の中の叫び 笑) 行けるのが木曜日以降なので.....どうかな。

クリスチャン・スレーターは私の友人が大好きで...でも私にはその良さがわからず。 一時期は勢いがありましたが、今は「あ、出ていたんだ、この映画に」って感じ。
エミリオはとーちゃんに似てきましたね、歳を重ねる毎に。 それはマーティンも同じかな。 


| kitkat_jp | 2007/03/27 10:49 | URL |

kitkat_jpさんへ

今週の木曜か・・・。
かなりドキドキしますよね!やってますように・・・。

クリスチャン・スレーター って ちょいワルが受けてたように思うのですが。
エミリオは 今の方が好きかもしれません。
って あんまり映画で観てないんで 写真だけで判断しちゃいました。

メキシカンの彼 めちゃカワイイですよぉ~♪

| プリシラ | 2007/03/27 14:47 | URL |

22人のオールスターキャスト

そして、エミリオも含め(笑)、今の米(英)セレブが よくここまで集まったなぁ~と思いました。 映画の出来なんか、とても語る資格はないんですが(汗)、エンドロールで席を立つヒトが 思わず足をとめた ボビー(ケネディ家)のフォト・アルバム、うまい演出でしたよね♪

個人的に、昔読んだ 落合信彦氏(氏は当時米大学生で、ボビーの選挙運動にも関わってました←記憶が確かであれば…)の著 を思いだしながら、あぁ、政治的な部分は 何かがあって(笑) ここまでしか描ききれないのかな、だから 人間模様にスポットを当てつつ、彼の人物像を 周りからあぶり出そうとしたのかな …なんて思ったんですが…  ちょっと辛口ですかね(汗)

| ゆうこまん | 2007/03/28 10:29 | URL |

名古屋 風俗 情報マップ

はじめまして、けんと申します。
名古屋の風俗情報サイトを公開しました。
よろしければ、遊びに来てください。

いきなりのコメント失礼しました。

| 名古屋 風俗 情報マップ | 2007/03/28 11:35 | URL |

モミアゲがいいですね

写真の男性のモミアゲがすごくキュートですね(笑)
どうやってつくってるんだろう。実際この時代には、このモミアゲがナウかったのでしょうか・・・?

エミリオさん、だいぶ素敵な中年になられたんですね。
カイル・マクラクラン好きでした(ぽっ)ヒドゥンとデューンでひと目惚れ、ツインピークスも一生懸命みてました~。いや~なつかしいですっ。

| あことぴあ | 2007/03/28 19:38 | URL | ≫ EDIT

ゆうこまんさんへ

私は反対に 政治的な部分には それほど興味なかったんじゃないかなぁ と 思って観ていました。
それで 多分観方が分かれちゃうのでは???

政治はもうシリアナとかで やっちゃっていて それよりは 今の自分たちと当時の人々を重ねて 今の人も昔の人も平和を願ったり 不倫したり 恋をしたり 気持ちは変わらない と あの当時の熱気を伝えると同時に そうした気持ちを変わらずもっていよう ということでは?

なので ボビーはあくまでも 刺身の褄?

というのが 私の感想なのですが・・・。

| プリシラ | 2007/03/29 08:42 | URL |

あことぴあさんへ

こんにちは。

>実際この時代には、このモミアゲがナウかったのでしょうか・・・?

多分・・・w
きっと 今の流行りも 40年位したら

うわ!ダメ!

って言われてたりして・・・。
今から 2~3年でダメだしされるような流行 考えてみたいと思います。

カイル、ヒドゥンでよかったですが・・・でも あれ ロリコン宇宙人ですよね?
いいのか?それって???
と 思いつつ 観ていましたねぇ。

私もツインピークス 観てました!
ヘザー・グレアム かわいかった~って 間違ってますか???

| プリシラ | 2007/03/29 08:45 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/181-fb5e7f06

リンジー・ローハン

リンジー・ローハンリンジー・ローハン (Lindsay Lohan, 1986年7月2日- ) はアメリカ合衆国出身の女優・歌手である。4人兄弟の長女。現在、アメリカで最も人気のあるティーン・アイドル。3歳よりフォード・モデル・エージェンシーに所属、60本ものコマー

| りなの部屋 | 2007/05/18 04:25 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT