Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

セックス・アンド・マネー (Friends with Money)

フレンズ・ウィズ・マネー4


この映画 話題にもならず ひっそり公開され ひっそり終っていたのですが どうやら 日本でもDVDスルーと あの フレンズの ジェニファー・アニストン主演なのに 悲しい扱いを受けていたようです。

私は特に観る気はなかったのですが 同居人が借りてきていたので 一緒に観させてもらいました。

同居人がいつも 

「この女優さん すっごい キュート☆ なんとも言えないんだよね~」

と言っている キャサリン・キーナーが出てるので 借りてきたようです。
しかし 私には 一度もこの女優さん かわいいともきれいとも 思ったことはなく ましてや キュートなどとは 全く思いもよらない褒め言葉。

「こーゆー スレンダーで なんか暖かそうな感じ わかんないかなぁ」

と 言っておりますが まあ 確かに

40歳の童貞男(大傑作!見てない人は絶対観よう!)

では 主人公が40歳にして 童貞を捨てる相手を演じておりましたが キュートなんて・・・。

しかし この映画での彼女が演じるクリスティーン

なんとなく 彼の言う通り

キュート

に 見えたのが ものすごくフシギ。
演じている役は 結構 性格悪いんですが。
何故だろう。
髪型のせい?

さて この映画には 大きな欠点が。

それは・・・






他の3人のお金持ちの友達に比べ

オリヴィアが

どう見ても かなり若い。

そのうえ

ジェニファーの つやつやの髪 すべすべのお肌 を見て

「貧乏なわけないじゃん・・・」

と つぶやきたくなってしまう。

まあ こうした 欠点を除けば なかなか 興味深い映画でした。

主人公 ジェニファー・アニストン演じる オリヴィアは お金持ちの学校で教師をしていたけれど 自分よりはるかにお金持ちの生徒たちを見ているうちに 人生に絶望して 今は通いのメイドをして 生計を立てている。

お金持ちのお友達(これが オリジナルのタイトルですが) フラニー (ジョーン・キューザック)の家には 当然だけど メイドがいて それが恐らく不法移民のメキシカンらしい。
そんな風な階層まで 彼女は落ちぶれてしまった というと いい方は悪いけれど 他の3人の友達からは 社会的にも 経済的にも はるかに下になってしまった。

そのせいなのか 男選びも全然ダメ。
多分 彼女は自分の人生に 希望を見失ってしまっていて とにかく 何でも受け入れること 嫌なことを嫌と言えない余り 自分よりはるかにお金持ちの パーソナル・トレーナーと メイドとして働く先で えっちまでしてしまい その挙句 この男 

「オレも掃除手伝ったんだから ちょっと金くれよ」

とたかる有様。
しかもこいつ プレゼント って言って くれたのが これ。
フレンズウィズマネー

・・・そんなもの 着るな!
叩き返してやれ!

と つい テレビの前で叫んでしまいました。
メイドカフェに代表されるように 一般的男性はメイドが好きなのでしょうか???

大体こいつ フラニーが紹介してくれたのだけど 初デートでいきなり 昔つきあった女の子を発見。
オリヴィアを置き去りにして その子と話しっぱなし。
そんな男を置いて さっさと席を立たないオリヴィアもオリヴィアと 見てる側はイライラするけど 

「どーせ アタシの人生なんて こんなもの」

とでも 言いたげなふくれっつらが 単調な演技をしがちなジェニファー・アニストンには はまっている。
ベッドの上でさえ 喜怒哀楽のない様子が かえって 彼女の人生に対する無関心振りを物語っている。

しかし 不幸なのは お金のない オリヴィアだけではなく お金持ちの友達も それぞれに不幸を抱えている。

とにかく 自己中心的な夫を持ち 超お金持ちで 一見 ノンシャランで平和主義者のフラニーは どうやらひそかに何かに腹を立てているのだろうか オリヴィア相手にかんしゃくを破裂させたりしている。
演ずる ジョーン・キューザック
昔はアート系の映画なんかで ちょっと変わった女の子を演じていて 小じわは目立ってもまだまだカワイイ。
彼女に マギー・ジレンホールの 将来を見てしまうけど。

脚本家として成功している クリスティーンは 夫と二人で作品を書きながらも 日々のこまごまとしたことで 意見が対立。
家の増築が原因で 他人のことが色々気になる つまり 自分のことも 色々気にしてもらいたい! という性格の裏返し。

彼女の夫が これまたうんざりするタイプ。
PCに向いながら 脚本を書きつつ となると 女性なら ついついお菓子に手が伸びがち。
それを横目に 聞こえよがしに

「また そんなくだらないものばかり 食って」

なんていった上に

「キミ太ったよね」

とまで 言い放つのだ!

世の男性諸君 気をつけよう。

女性に太ったは禁句。
例え10キロ太ろうとも 本人が口にするまでは どんなに気になっても 口を滑らせてはいけない。

そして 一番すごいのが デザイナーのジェーン。
どうやら 更年期障害か何かで イライラ。
頭を洗うのもやめ 常に怒りを爆発させ ついには スーパーのドアにぶつかり 鼻を骨折。
ジェーンの夫は 靴下のデザイナーなのだけれど 誰がみても ゲイ と 言われるくらい なんとなぁく ゲイっぽい。

もしかして 本人が気づいていないだけで 本当にゲイで そのせいで ジェーンがイライラしてるのでは?

と思ってしまう。

そう もしかしたら この3人のうち フラニー以外は 性的不満に悩まされている という設定なんだろう。
フラニー 子供二人いるし。

かくのごとく 悩み多き女性4人組。

ノーと言えない 優柔不断 流されるままの オリヴィア。
平和主義に隠された 空虚な結婚生活を送る フラニー。
家庭不和に苦しむ クリスティーン。
更年期障害という 避けられない状態に悩まされる ジェーン。

一体どうなってしまうんだろう この人たち・・・

と 不安に思いつつ また

どいつもこいつも 共感できない人ばっかだ!

と 思いながらも 環境や年月に耐えて友情を長続きさせてきたオンナ4人は それぞれに なんとなく すっぽりと最後に丸く事態を収める。
勿論 不幸に見える結果も中にはある。

だけど この人たちは 結局これで 幸せなんだろうな 

と 映画が終わって思ってしまった。

ものすごく幸せ でも ものすごく不幸 でもない。
お金があるから 幸せになれるわけでもない。
お金がないから 不幸なのでもない。

自分の人生を 自分で決めること
誰かに 小突き回されないこと

それが 一番の幸せで パートナーっていうのは そんな自分の隣にいて 

それでも キミが一番きれい

という 夢のようなことを 嘘でも言ってくれる そういう気遣いがあるのが 女としては 一番求める資質なんだろうな。

借りたDVDのパッケージは 一番上の写真なのですが (ちなみに ジェーンのデザインした服を全員着てるけど 個人的には ちょっと・・・。マテリアルは高そうだけど) 他に発見したのを ちょっとご紹介。
フレンズウィズマネーポスター

これを見ると 爽やかな友情物に思えますね。
フレンズウィズマネーポスター2

個人的にはこれが一番好きです。
このイラスト どこかで見た事がある・・・。
お金持ち具合がよくわかって よいし よく似てる!
フレンズウィズマネー3

最後のこれ どこの国かはわからないんですが ものすごく アートっぽいですね~。
ターゲットがよくわかります。
スポンサーサイト

| エイガ | 23:11 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

こんにちは!

今日の日記とても面白いですね^^

また、見に来ますね~♪

それでは応援ぽちっ♪

| タッキー@名古屋 | 2007/03/26 13:05 | URL |

コスプレ

という訳じゃないですが、メイドさんのコスチュームって何やらそそられるモノがありますよね(苦笑)。 もうずい分と前の話ですが、アメリカの下着(セクシー系、でもヴィクトリア・シークレットじゃないです)の通販で、メイドさんのコスチューム(というか下着なのかな...)があって、オーダーしたんですよ。 でも、見事、売り切れで入手できませんでしたが。

と、関係ない話ですね。

この映画、新聞の批評は悪くなかったですよね。 でも、見るに至らず...。 確かにジェニファーは他の3人に比べて若すぎると思いますねぇ。 クリスティン・キーナーの出ている映画を見たことがないと思うので何とも言えませんが、ジョーン・キューザックもフランシス・マクドーマントも好きな女優さんなので、見てみようかなぁ。

| kitkat_jp | 2007/03/26 18:01 | URL |

タッキー@名古屋さんへ

どうもありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。

| プリシラ | 2007/03/26 20:52 | URL |

kitkat_jpさんへ

kitkat_jpさん メイド下着なんて初めて聞いた!
すごい 興味あるあるありまくりです!
どこか ばっくり開いてたりしますか???

評判悪くなくても 見逃しちゃう映画って ありますよね。
私も 例えばPortsideなんかでしかやってないと遠すぎるので行けません・・・。
で DVDになるまで待ったりしています。

クリスティン・キーナー やっぱり 40 Year-old Virgin が 最高ですね~。
あと マルコビッチの穴!

結構面白いし 観て損はないと思いますよ。
明日 レンタル安い日だし・・・。

| プリシラ | 2007/03/26 20:56 | URL |

かわいくないですか?

私かわいいなあ、と思ってんたんですけど。
40歳童貞のときの、相手役の女優さん。
なんか、石野真子に似てるなあ、って思ってたんだけど。
違ったっけ。
確か、ミリオンって映画にも出ていたような。
あれも良かったです。

| siorin | 2007/03/27 18:16 | URL | ≫ EDIT

siorinさんへ

う~む おばさんくらいなぁ と 思ってたような気が。
でも 40歳の相手だから それでいいんだよな と 納得していました。

ミリオン 観たけど この方は出ていなかったような気が。
子供が大金発見する話ですよね?
あってるだろうか・・・。

| プリシラ | 2007/03/28 07:01 | URL |

そうです

大金発見するやつ。
私あんまり覚えてないので、じゃあ間違いですね。
なんか顔あんまり覚えません。
外人の顔はよく分からない。
よく住んでるなあ……。

| siorin | 2007/03/29 01:47 | URL | ≫ EDIT

siorinさんへ

大丈夫!
他人の顔 見分けつかなくても 自分の身の回りの人さえわかれば 十分ですよ~!
ご心配なく!

| プリシラ | 2007/03/29 08:47 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007/08/12 01:06 | |

鍵コメさんへ

こんにちは。

いえいえ どういたしまして。
全然そんなことありませんので お気遣いなく!
また 何か発見したら よろしくお願いしますね~。

| プリシラ | 2007/08/12 10:46 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/180-d9050bc7

PREV | PAGE-SELECT | NEXT