Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本文化洗礼の日 秋刀魚の味 鑑賞

シェアブログ1571に投稿

映画ブログに投稿するために必要な表示です

秋刀魚の味 秋刀魚の味
岩下志麻 (2005/08/27)
松竹
この商品の詳細を見る


さて 毎度毎度 日本文化を知りなさい という 無理矢理教養主義者のワタクシのために 観たくもない 日本映画を観させられる同居人です。

しかし 今回は アニメとかではなく またもや 名作。

そう あの 

小津安二郎監督


秋刀魚の味

です。

今回は 地元State Libraryで鑑賞してまいりました。

しかし 無料ということで 来ている観客の年齢層は実に高い。

平均 60歳

と 見ました。

そして 無料ということは まだまだ続くオーストラリアの暑気を逃れるために 色々な人が来るわけで カルチャーに関心のある人だけではなく ちょっと 怪しげな人も来ております。

そう 同居人の隣に座った人 ちょっと変わった人で まず 十分席があるのに いきなり

「ちょっと 席を一つ詰めて!」

と 命令。

そして 同居人がちょっと足を動かすと

「あんたの足が当たった」

と 騒ぎ立てる。

そして極め付けが ニオイ・・・顔


確かに髪を毎日洗わない女性が オーストラリアには多いですが この方は更にすごかったらしく

「あれは 暴力だ」

と 映画終了後 つぶやく同居人。

さて 映画の前に 図書館の担当者から映画について 説明がありましたが・・・。

彼の言っている 日本語の意味が 一つもわからない・・・
大体

オヅ

の発音からして ア と エ の 混ざったような発音だったので 最初何の話やらさっぱり。
その後も なんだか15分くらい 日本文化 お見合いだのについて 話しておりましたが あってるんだか あってないんだか ようわからない。

だって 途中に日本語を挟むので そこで

「んんん? 今の単語はナニ???」

と 立ち止まってしまうから。

というわけで どうせ 自分の知ってるようなことしか 話してないだろう という 勝手な判断により 聞くことを放棄。

後で聞けば 同居人は 何か彼が説明するたびに 

「今 奴が言ったことは 本当?」

と 質問しようかと 思ったそう。

「例えば 自分が日本に旅行して どこかでオーストラリア文化について 日本人から英語で説明受けるようなもんだよ」

だそうで まさしく おっしゃる通りでございます。

さて 映画は 小津映画に特有の 淡々としたペースで進むし 特に劇的なことも起こらないので 退屈しちゃうかなぁ~ と 思いながら 終了後 感想を聞くと

「いやぁ 面白かったねぇ~」

と 意外な返答。

というのも

「日本人って おとなしくて 節操のある人たち って 思ってたけど あんなに堂々と 性的な話するんだねぇ」

そして

「それに ずっと 飲み続け!ビックリだね」

との ご返答。

「いやー 当時のアメリカ映画なんかとは 違うね。当時のオーストラリアでは上映禁止だね」

というので なぜかと聞くと あんなにあからさまに セックスと 大酒飲むのは 公序良俗に反する ということだそう。

ほかに気になったことといえば 当時の環境。

日本家屋は きちんとしていて とても魅力的なのに その周りの環境が あまりに汚いのに驚愕。
戦争が 与えた影響 そして 人々の戦争に対する郷愁。
映画自体に 今見られるような マーケティング手段として 商品をさりげなく紹介するのではなく あくまでも 当時の風俗を伝えるための 商品の登場。

こんなことが 印象に残ったそう。

そして オーストラリアの観客に大うけだったのが 意外に気の強い日本女性の姿。

平気で物をいい 旦那さんに対して 不満を表明。
お財布の紐をがっちり握る姿に 場内から笑いが起こることがしばしばでした。

現在のような 海外マーケットを視野に入れた作品ではなくて 日本の観客のみを対象にした映画を もっと観たいなぁ 
というのが 日本をよく知らない観客が望むことなようでした。

個人的には 改めて 岩下志麻さんの 美しさに 仰天。
そして 岸田今日子さんの ファニーフェイスに 感動。
昔の女優さんって 今の 型にはまったような美しさではなく それぞれに 個性的な 美人だったんですね。

後 ごひいき アキ・カウリスマキ って 小津監督の影響大なんだな って わかりました。
スポンサーサイト

| エイガ | 21:36 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

秋刀魚

食べたくなりますね~。映画は見たことないけど。
(自慢じゃないけど、名作映画なんて見たことないです!!)
オーストラリアの観客に受けたところって興味ありますね。
オーストラリアだったら上映禁止ってのもまた……。

| siorin | 2007/03/19 17:40 | URL | ≫ EDIT

siorinさんへ

しとやかな日本女性 って イメージが強いとこへ おきゃんというか 勝気な女性像が出てきたので 

「オージーと一緒だ!」

って ことで 受けたのかも?

なんだかんだ言いつつ 過去は公序良俗にうるさかったそうです。
今からは考えられない・・・。

| プリシラ | 2007/03/19 18:25 | URL |

私も

蕨野行という日本映画を観に行きました。
昔の姥捨て(少し違うんですが)のお話でした。
風景も美しく、市原悦子さんが主演で、恐ろしく素晴らしかったです。

そして、平均年齢がもっと高そうで、私、最年少でしたw
ニオイではなかったんですが、前のおばちゃんつっても、40代位の2人が、うるさくてたまりませんでした・・・。

| おこうちゃん | 2007/03/19 21:54 | URL |

おこうちゃんさんへ

いいなぁ~そういう映画。
こちらでは やはり クロサワ オヅ ミゾグチ タケシ くらいですね 知られているのは。
後はホラーw

うるさいオバチャンって どこでもいるんですね~。
大阪だとますますうるさそうですが オーストラリアのオバチャンも たまったもんではありません!
子供もうるさいけれど 以前 灯台守の恋を観に行ったら ずーとしゃべくってるオバチャンいました。

| プリシラ | 2007/03/19 22:22 | URL |

外国人から日本文化の講釈を受けるって、なんだか可笑しいですね。講師の人も、日本人が混ざってると知ったらやりにくいでしょうね(笑)

>クロサワ オヅ ミゾグチ タケシ
う~ん、私、日本人のくせにタケシの作品しか見てませんね・・・しかもかなり初期の。洋画ばかり見て自国の映画を観ない、これは如何に(笑)

邦画もいいのあるってわかるんですけどね~・・・気がついたら洋画ばかり観てる自分がいます。

| baoh | 2007/03/20 01:17 | URL | ≫ EDIT

baohさんへ

こんにちは。

講師の方、多分香港映画、インド映画など色々やってるので、もう「しゃあない!」って諦めてるのでは?
日本人って きっと 間違ってても文句言わないし(w

今 日本って 邦画が人気高いですよね。
たくさん作られてるし いいことですよね~。
でも 洋画ばかり観ちゃうのも なんとなくわかります。
違う文化の方にご興味があるのでは?
後 邦画はなんとなく 商業の香りがしがち とか?

| プリシラ | 2007/03/20 07:19 | URL |

DVDで…

レンタルされていたので、こちらの作品、遅ればせながら 渡豪後に観ました(汗) 確か 娘さんを送っていくシーンで、とある田園都市線(昔は玉電?)の駅が出てきたところで、えええ~!!!当時は こんな状況だったんだ~ とびっくりした覚えがあります(笑) 

中井貴一さんのお父上(佐田啓ニさん)も、この映画で 生まれて初めて動いているところを拝見しましたが、お嫁さんに きっちり尻にしかれてましたね(汗) 笠智衆さんの淡々とした演技は、あ~ぁ、こんな上司がいたら…会社も穏やかなのかしら?なんて(笑)思ったのですが、今の日本じゃ 到底ありえませんね…

小津作品の特徴は、カメラの位置が低い(ちゃぶ台より下)といわれていますが、それほど低く感じなかったのは、自分の気のせいでしょうか???

| ゆうこまん | 2007/03/21 08:22 | URL |

ゆうこまんさま

>とある田園都市線(昔は玉電?)の駅が出てきた

さすが東京出身者!
地方出身の私には 東京のどこかはわかるけど それが具体的にどこかはわかりませんでした。

佐田啓二さん 中井貴一さんにそっくりでビックリ というか 反対ですけどもw美男ですね~。
そして 笠智衆さん みたいな艦長さんだったら 部下も幸せだったんだろう だからこそ 戦争を懐かしむことも出来たのでは?

>カメラの位置が低い(ちゃぶ台より下)

言ってました言ってました。
でも 私もそれほど 低く感じなかったけど カメラの角度を変えていたからかも?

どこかで調べなくては。

| プリシラ | 2007/03/21 13:11 | URL |

はじめまして。

はじめまして。
面白いですね。外国人が観た邦画の捕らえ方。
私は周囲に外国人がいないのでそういう考え方を聞くととても新鮮です。小津監督と黒澤監督は海外での評価が高い監督さんですよね。

あの淡々とした運びが好きです。
大事件が起きない映画です。
いいですよね。

また遊びに来させていただきます。
それではお邪魔致しました。


TBさせていただきますね。
それでは★

| 髭ダルマLOVE | 2007/03/22 23:44 | URL | ≫ EDIT

髭ダルマLOVEさんへ

はじめまして。

コメントありがとうございます☆

きっと 私たちが ちょっとマイナーな国の映画なんかを観たら 同じような感想持ったりするんでしょうね。
でも 日本だと 毎週毎週新しい映画がどんどん公開されていて 選ぶのにも困っちゃいますよね~。

クロサワは世界のクロサワで 皆知ってて タケシも知ってますね。
後 なぜか お天気お姉さんも知ってるような・・・w

淡々としてましたよね この映画。
だけど きちんと 感情が描かれているのが 巨匠と言われているゆえんなのでしょうね。
こういう監督さんがいたのを もっと自慢していいとおもいます。

こちらこそよろしくお願いいたします。

| プリシラ | 2007/03/23 23:39 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/176-7b797d34

PREV | PAGE-SELECT | NEXT