Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

売春と Empowerment

昨日 3月3日の クィーンズランド地方紙の The Courier mailに 地元大学の心理学博士号過程学生による 調査の結果が発表になり

正規の売春宿で働いているセックスワーカーは 不法のセックスワーカーに比べ 多くが家族持ち 子供持ち 学位を持ち 仕事に対する満足感が高い

ということが 調査で明らかになったそう。

そのインタビューに答えた女性のうちの一人 Sandyという35歳の女性によれば

「マネージャーとして働いているときより はるかにお給料もいいわ。
今では悪くて 150万ドル(1500万円くらいの感覚)稼げるし 子供との時間も前より持てるし 疲れないし」

ということで 夫も彼女がセックスワーカーとして働いていることを承認しているという。

ただし 両親、子供、近所の人には話していない。

家族に対して 自分がセックスワーカーであることを話してある場合 そうではない場合よりも 精神的に落ち着いており 満足度も高い。

研究者は これらのセックスワーカーたちが 自由を得て Empowerment されている と 感じている ということを発見して 驚いている。

っていうことなんですが Empowerment って 難しい概念ですよね。
女性の社会的地位向上 権利拡大 って 訳されているけれど 自分の意思で売春しているのだし 人に恥じるべきではない立派な仕事だ って 考えられないこともない。
大体 法律でその存在が認められているんだし。

上記Sandyさんのインタビューにあるように 自分の意思でやっているんだし ホスピタリティという立派な職業である という 考えには異論はないのですが しかし ご本人が言うように 立派な職業だ と 言うのならば どうして 子供に言えないのか が フシギ。

という話を同居人にしたら

「ヘロイン使用者で 社会的に逸脱していなければ 別に問題ないってことで それをわざわざ家族に言う必要もないんじゃない?」

って言われたのですが でも 麻薬は一応 違法な存在ですよね。
なので それを言えない 言って心配させる必要はない という 論理はよくわかるのですが 自分で恥じてもいない 社会的にも容認されている職業ならば 何故子供に言えないのか。
そして 子供に言えない仕事なのに どうして 恥ずかしくない と いえるのか。

そうやって 考えていくと 彼女たちの論理には どうにも納得できないものがあるし 大体 旦那さん いやじゃないんだろうか?と 素朴な疑問が湧いてくる。

確かに お金はいいし 時間もあるかもしれないけれど 好きだからやってる って どうして言えないのかな?と フシギ。

お金稼げるし 一日3人くらい相手にすればいいんだし 特に知らない人とベッドに行くの 気にならないし お客さんには皆きれいだよ とか 言ってもらえるから 気に入ってる

とかじゃ ダメなんだろうか?

と 素朴に思います。

まあ シンガポールに旅行しようとしたときに 宿泊先を決めようとしたら 安いところは そういう場所柄で そのとき シンガポールの公娼たちが どういうことを要求されるかを知ってから そんな仕事はしたくないなぁ・・・と 心を改めましたが。
頼まれてもいやだ って 言われるかもしれませんけどね。

もしくは セックス産業を 不法な いかがわしいものではなくて 自分の意思で選択した という 意味で Empowerment なのかしら?
でも 男性に求められる性的なものばかりが 取りざたされる もしくは 性的なものばかりを介在して行われる行為 たとえば 男性に思わせぶりな性的誘惑を施して そこで男性に自分を与えないことで 自分の男性に対する力を確認するとか そうした 男性があっての女性という立場 ではなく 男性と関係なく 一人の人間として という 観点でのEmpowermentっていうのは存在しないんだろうか と ちょっと気になっています。

勿論 この世の中には 男性と女性 両方がいて 性的嗜好も色々あって いろんな人がいて いいんだよね って合意に達して 互いに尊重しあうのが 一番で そこで 自分の方が力が上 とかでしか 自分の力を感じられない というのは 何か不幸に思えて仕方ありません。

人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてくださると嬉しいです☆
スポンサーサイト

| ニュース | 20:29 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

人間関係

人間関係に勝ち負け持ち出してくると何かがおかしくなってくる気がします。

セックスしてお金を貰うことでなんでempowerment なのかって、お金か、もしくは、お金と? プリシラさんの云うようにセックスを許可する力なのかと私は思います。
楽してお金が儲かる。
お金に不自由しない。
自分に力があるように感じてしまうのも分かるような……。
減るもんでもなし、セックスを商売にして何が悪いのって感じがする。
大体は男のほうがお金をたくさん稼いでくるから、売春してそれよりもっと稼げるならそれまた、旦那に対して優越感を感じるのかも。

で、結局、売春でempowerment ってのは、なので言い訳が極端になったみたいに思えるのですが。

| siorin | 2007/03/05 21:25 | URL | ≫ EDIT

Siorinさんへ

勝ち負け って 人間って どうしても 力関係でもの考えちゃう面があるので 仕方ないのかもしれないけれど・・・

ラクっていえば ラクな仕事なのかもしれませんが 普通の性行為だけならいいけれど そうじゃないことを 求められることもしばしばだそうです。
しかし 何が普通 普通じゃない というのも 個人の考えだし 性においては なんでもアリ という ポジションなのですが だけど それで 旦那さんがOKってのは 一瞬 ヒモ?という 言葉が浮かんでしまったりする 旧態依然なワタクシです。

>売春でempowerment ってのは、なので言い訳が極端になったみたい

ハイ ワタクシも 同じ意見です。

| プリシラ | 2007/03/05 22:04 | URL |

こんばんは、例の記事ですね。興味深く拝見しました。

私だったら、まず旦那が容認してるというのが信じられません・・・ホントのところはどうなのか、絶対イヤだと思ってると思いますけどね~・・・人間誰しもが独占欲があるんだから、自分の妻がそのへんのコキタナイオッサンに好きなようにされてる、なんて私だったら確実に発狂します(爆)

周りに話さない、というのは「社会的・法的に認められてる」なんてのはあくまでも建前、ってことを本人も理解してるからでしょうね。売春が人類最古の職業といえど、やっぱり日の当たる職業にはなりえないと思います。「職業に貴賎は無い」というのが理想なんですけどね。人間に心がある限り、その理想と現実と建前が横並びになることは、少なくとも私たちが生きている間は難しいような気がします。

追伸:ブログリストに加えさせていただきました!

| baoh | 2007/03/07 01:27 | URL | ≫ EDIT

baohさんへ

旦那さんの容認・・・う~ん 女性の立場からして 夫が娼夫をしていたら・・・ホストとかでも やっぱりいやかも。
だけど 夫婦共に そういう職についてたら?
という映画が本当に昔あって だんなの方が嫉妬してましたw

法的に認められるのは 多分 セックス・ワーカーさんたちの 待遇があまりに悪いから なんでしょうね。
タイとかから だまして連れてきて 働かせてる って しょっちゅう聞きます。
日本でも あちこちから だまくらかして 連れてきちゃうので 法規制は女性のために (男性もですが)必要だとは 思いますが・・・。

それも仕事だけど やっぱり お母さんがそういう仕事してるのは 子供としては 知りたくないと 思います・・・。
いくら 自分を育てるためでも。

やっぱり お金の前には 勝てないのかしら???
それとも 「個人の自由」が 何より優先する社会だから???

ブログリストに追加 ありがとうございます!私は前から勝手に入れさせていただいておりまして 大変失礼いたしました!

| プリシラ | 2007/03/07 13:45 | URL |

それは想像できる

お金払ってるんだから、普通では出来ないことも要求して元を取ろう。
と、思っているかどうかはさだかではありませんが、想像できます。
変なこと要求してくるんだろうな~。
どこまでが普通で、どこからが異常かは本人たちが決めることであって、ホレ、する前まではイヤンと思っていても、やってみたら意外といけたわ~、ということもあるかもしれません。

お金儲けするのに、セックスが手っ取り早いってなれば、そこでセックスの価値を調整できる人もいらっしゃるでしょう。
もしくは、区別できるのかも。
昔、コーヒーはどうやって呑むかとか云う心理テストがあって、
缶コーヒーを一日に数杯飲むのは、セックスはスポーツ。
軽く楽しみたい。
フィルターのコーヒーを一杯だけ呑む人は、慎重……。
みたいなのがあって(缶コーヒーが強烈過ぎて後はホントは覚えてないのですが)。
仕事のセックスは家でするのとは別。
もしくは、大したことないから仕事にしても別に……。
という考え方もアリ。

法的に売春を許可するのは、止めてもやるからですかね。
麻薬と同じですか?
他人に迷惑かけないなら別に。
ある点では人助けにもなっているみたいだし……。

| siorin | 2007/03/07 19:21 | URL | ≫ EDIT

Siorinさんへ

やっぱりね 奥さんとか彼女にはできないことを・・・っていう人 多いらしいです。
ワーカー側としては 仕事である以上 拒むことはできない というか シンガポールでは 「これとこれとこれは必ずすること」って 文書になってるそうです。

セックスに何の価値も感じない人 というのも いますので そういう人にしてみれば 肉体労働の一環に過ぎないわけですよね~。
そう考えると 肉体でも そういうとこだけ 差別するのはどうかと 思うし。

法的に売春を許可するのは 止めてもやるから と そのせいで裏組織にお金が回る すなわち犯罪阻止という意味もあるようです。
それでも トラフィッキングとか多発していますが・・・。

障害者のために とか 高齢者のために っていう面もある と 書いてあった記事を読んだこともあるので なかなか普通に恋愛関係を結びづらい人のためになっているし 福祉士がセックスワーカーとして働いたため 解雇になった というのも 読んだことがあります。

そう考えると 立派な職業なんですが だけど この方の場合 そういうわけでもなさそうだし。
やっぱり 志が問題?

| プリシラ | 2007/03/07 21:02 | URL |

福祉士が

福祉士の一環で、セックスワーカーやったら、ワケ分からんことになるのでそれは雇用主としてはどうだろうと思いますが。
福祉士と別でお小遣いを稼ぐのはどうなんだろう。やっぱり雇用主に断っておいたほうがいいんでしょうか。
合法なら。

立派かどうかは個人の問題ではなかろうかと思うんですけど。
私はやりたくないし、誇れるもんでもないと……。まあ、データ入力も誇れるもんではないと云う点で一緒ですけど。
(あ、私の問題です)

シンガポール凄いですねえ。
ちなみにナニと何とは絶対拒んじゃいけないんだろう……。

| siorin | 2007/03/11 16:17 | URL | ≫ EDIT

Siorinさんへ

>福祉士の一環で、セックスワーカーやったら

実際に北欧とかで それも福祉の一環として 提供しているところがあるとかないとか。
同じ人間で性的欲求もあるのだけれど それを満たすところがない というわけで 含めたけど やっぱり問題になりはしたようです。
お小遣い稼ぎじゃなくて それも 福祉といえば福祉ですので・・・。

どんな仕事でも誇りを持って!というのは いいですが やっぱり 誇れない職業っていうのも 実際には存在しますよね 闇金とか・・・。

仕事を誇れるかどうか って 結局その人の考え方次第ですよね。
何でも誇りたい人は誇って!

シンガポール・・・
拒めないことは かけません・・・。
書いてて悲しくなるから・・・。

| プリシラ | 2007/03/11 17:49 | URL |

北欧で

北欧で福祉士、できませんね。
まあ、日本でもしないんですけど。
(私の場合……)
シンガポール、そんな悲しいことを合法ですか。
国が違うと……。

| siorin | 2007/03/12 17:15 | URL | ≫ EDIT

Siorinさんへ

セックスワーカーがいるのは オランダのボランティア団体だそうです。
そういえば 盛岡でも 一種のビジネスとして 性的サービス提供が 障害者対象で始まったとか。
自分ではできないけれど そういうサービスがあってもいいと思います。

シンガポールのは・・・うう~ん やっぱり書けない・・・。

それでも 最初に文書にしてくれるだけ ましだと 思います。
いいこと言われて 入ったら あんなこともこんなことも・・・では 辛すぎです。

| プリシラ | 2007/03/12 18:40 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/157-eff45851

PREV | PAGE-SELECT | NEXT