Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本文化を知らないオージーに 用心棒を見せる

用心棒 用心棒
三船敏郎 (2002/12/21)
東宝
この商品の詳細を見る


さて 本日は 前回に続いて 黒澤監督の 「用心棒」を見せてみました。

「えー 90分じゃないの」

と 文句を言う同居人。
今日は仕事があったそうで 疲れていました。

「まあまあ 同じ人が主人公だから」

と 訳わからない理由でなだめたら 意外に効いたようです。

さて、最初の質問は

「このタイトルには何書いてるの」

と また同じ質問・・・


「あんた 先週も言ったろうが!
これは キャストの名前とか 監督とかの名前だよ!」

と 怒りたいのをぐっとこらえて その質問のわけを問うと

「だって 何書いてるか さっぱりわからないから・・・」

さっぱりわからないってどーいうことかというと、

「これが 文字やらなにやらさっぱりわからない」

そうでした。

そうかー、日本語の書き文字を習わない人には ワタシがタイ語を見たとき、アラビア文字を見たときと 同じ感想なんだな と 一瞬感心したものの 先週も同じ回答をしたことに気づき やはり 何も覚えていないんだ・・・と 改めて思い知らされました。

さて 何度も観てるので ワタシは特に真剣には観ていなかったのですが 同居人が一番驚いていたのは 犬が人間の腕をくわえているシーンでした。

「観ろ観ろ!どーなってるんだ!」

と 一体説明してほしいんだか そうじゃないんだか わからない発言だったので とりあえず

「すごいねー」

と流しました。

今回はどうもあまり集中できていないようで 前のように 

「おお!」

だの 騒ぎ立てることも少なかったです。

しかし、銃を持ってる卯の介を観て 

「こいつ どーして この浪人を撃たないんだ!」

とか また新たな質問。

「こいつ うざいじゃない、撃っちゃえばラクだろうに」

そうしたら 話が進みません・・・。

三十郎の人間性を表すエピソードでも

「こいつら どうして いつまでも ウロウロしてるんだ?」

と やはり 文化を知らない発言が登場。

「きちんとした日本人は 助けてくれた恩に対して ちゃんとお礼をするんだよ」

と 説明しても 納得いかない様子。

「だって 早く逃げないと捕まるだろう!」

・・・いや それはわかってるんだけどね。

そして

「出てくる奴らが皆醜い!」

と 言い放ちました。

「いや それは この町は 非道な奴らに牛耳られているから そういう奴らは 美しくないのよ」

と 説明しても

「こんなに醜い人間ばかり出てる映画 久しぶりに見た」

と ある意味感動しています。

そして 後から女郎の踊りシーンでも

「日本人女性って 皆こんなブサイクなの」

とまで 言う有様。

そして 女郎が足蹴にされている様子を見て

「封建時代の日本にこんなことがあったの!」

と仰天。

「農家の娘が 不作の時に借金の片に売られたんだよ」

と教えてビックリ。

さすが 日本文化を何も知らないだけあって 観るもの全てが珍しいようです。

卯之助の髪型を見て

「他の人がああなのは こないだ説明聞いたからわかるけど この人の頭になんだか とさかみたいのついてる これ何?」

と 質問。

洒落モノなんだよー、キモノの柄を見ればそれがわかるんだけど・・・と 教えても やっぱり納得行かない様子なので

「メトロセクシャルだと 思いなさい!」

の一言で納得してもらいました。

このメトロセクシャルって 一昨年くらい流行ったのですが いわゆる フェミ男みたいなもので 男なのに身だしなみに気をつけて オシャレが好きな男性のことを指しています。

オージーは 飾らない 男くさい マッチョが 尊重される国なので こーゆー輩はやはり男性には敬遠されるようですが 毛深い男性の中には 脱毛に励んだりしてる人も多いらしい。

江戸時代の日本では そういうの 当たり前だったらしいですが。
時代は巡る。

さて 有名なラストシーンでは もうおおはしゃぎ。
というのも どうなるか予想がついたからだそうで、

「ほらほら きっとね こうなるんだよ」

と 

「アンタ 子供かい!」

って言いたくなるくらいの興奮ぶりでした。
彼の予想とはちと違っていたようで 残念そうでしたが 全体的には

まあまあ よかった

とのこと。

まあまあ とは 失礼ではないか と思ったのですが 椿さん十郎のように ユーモアが目立つ形では表現されていないし 少々長めだったのも 減点対象となったようです。

血の気の盛ん 口は悪いが実は人情あふれる男 三十郎って 今の時代には生きられないタイプの男なんだなぁ~と ウェスタンに転用されたのが よくわかりますよね。
そして 三船って カッコイイ・・・。

ハンサムな日本俳優さん たくさんいらっしゃいますが この三船の男臭さを受け継いでる人って あまりいませんよね。
どうしてなんでしょう。

次期三船の登場を 心より期待しております。

人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてくださると嬉しいです☆
スポンサーサイト

| エイガ | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/143-f5f9d147

PREV | PAGE-SELECT | NEXT