Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本文化を知らぬ オージーの クロサワ初体験 

椿三十郎 椿三十郎
三船敏郎 (2002/12/21)
東宝
この商品の詳細を見る


誰も知らないことがない と 思っていた 世界の巨匠 黒澤明さま。
いわゆる 「日本通」 で 「日本文化ダイスキ」 と 語る奴らに 

「日本映画って 何観た事あるの?」

と 質問すると 必ず 出てくるの 黒澤明である。

「クロサワは 最高だね」

と 必ず言うのだけれど ある意味 

「日本ホラーは最高だね」

と 言う人たちよりは ましかもしれない。
とりあえず 日本映画といえば

クロサワ と AKIRA と ナウシカ?

と なってるところに 最近では ミヤザキハヤオ と ホラーが 参入 と いうのが 日本好きな人々の間の 基礎知識なようである。

ちなみに 友人の日本映画も好きなオタクの人の家には 北野武監督作品が いくつかあった。
北野監督もさすがに有名らしいが クロサワに比べると ちと知名度が低い。
小津安二郎 溝口健二まで 知ってる人は更に少ないので もし 

「僕 日本の文化に ものすごく興味があるんだ」

と言ってきて クロサワさえも知らなかったら その人は偽物かもしれないので 気をつけよう。
でも もしかしたら アニメしか知らない人 お天気お姉さんしか知らない人もいるかもしれないので 責任はもてないけど。

同居人は ちなみに 全くアジア文化 というか 日本に興味がないのに たまたま 日本人と同居することになったため 色々毎日新たな発見があるらしい。

例えば ワタシの作る食事に 野菜をたくさん使っているのが まず珍しいらしい。
そして 

「チリ 使わないの?」

という 質問をかましてくれて 

「チャイニーズとは 違うんだよ」

と 答えたら

「だって コリアンは 唐辛子一杯使ってるよ 近いのにどうして 使わないんだ」

などという 鋭い質問をしてきた。

そんなに言うなら と 日本から持ってきた 七味唐辛子を お蕎麦にかけてみたところ どうやら 日本にも辛いものがある と わかったらしい。

というところで

「日本では 辛い物は 漬物とか ふりかけで メインには使わないんだよ」

と 教えてあげた ワタシは 悪魔の様だ と 自分でも思ったけど。

そういう なんでも 日本発見に喜んでいる同居人に 先日 川本喜八郎先生の作品を見せたところ

Beautiful

だの 

Excellent

だの と 喜んでいた。
しかし それは ビジュアルだけだったので 帰宅が10時半と遅かったにもかかわらず 後ほど 姥捨て文化について 延々と説明することになり 大そう眠かったことを覚えております。

で 先日 どれも1ドルだったので 自分のDVDを借りに行ったついでに せっかくなので 違う 日本映画を観せてみよう と 思いついて 借りた 名作

椿三十郎

ちなみに 初めて観た黒沢作品がこれでした。

コドモのワタシに面白かったんだから 日本文化をよく知らない 同居人にも面白かろう。

パッケージの裏には

お気軽な娯楽作品

とも 書いてあるし。

というわけで どうも今ひとつ気乗りがしないような 同居人に 見せてみました。
いや 今日 実は お留守のご両親の家に 庭の草刈りと水撒きに行って来たので疲れているのが原因だそうですが そうやって いやがっていてはイケナイ 大事な文化体験だ と だまくらかして 無理矢理見せました。

さて まず タイトルバックには まるで 興味なし。

「あれ 全部 漢字?」

と まず質問。

肯定すると

「字幕には たくさん字がないけど あれで 全部書いてあるの?」

と質問。

う~ん そんな訳はなかろう。

「スペースないから 大事な人だけ 抜き出して 紹介してるんじゃないの」

と 説明して納得してもらいました。

さて 映画が始まっても 落ちつきなく ウロウロしてるのは 典型的オージーです。

「落ち着いて観なさいよ じゃないと 短いから 終わっちゃうよ それに 出だしにこの話の背景になることが 説明されるんだから」

と 言って 落ち着いて座る始末。
コドモかよ。

さて 質問はまず 

「どうして この人たち 頭剃ってるの」

であった。

さすが サムライ という言葉は知っていても 実物を映画ですら見た事のない人は 質問がシンプルだ!

「あれは サムライの証拠です(後で調べたら嘘とわかったけど)」

「じゃあ、どうして この おっさん(椿三十郎のこと)は 剃ってないんだ」

「あのサムライたちは お城に勤めている マスターつきのサムライだけど このおっさん(ごめんなさい 三船さま)は マスターなしの 風来坊なので 頭を剃らなくてもいいんだよ(これは合ってた)」

と説明。

しかし 目ざとい同居人だった。

「でも 一人 剃ってない人がいる」

「あれは まだ 若いサムライだから じゃないかなぁ」

とか 言ってごまかしました。
どうやら合ってたのか 映画の後で 他の侍たちに 

「お前は黙ってろ」

と 言われてましたが。

さて 変なところで 笑うのが オーストラリアン。

何がおかしいかは わからないけれど 悪玉のお目付け役の演技とか 見て笑う。
理由は 特にないけど とにかく 面白いらしい。

仲代達矢を見て

「お ハンサムだけど こいつは悪いだろう」

と 大喜び。

そして 捕われの身の 奥方様とお姫様を助ける段になると

「この女性たちは 頭が悪いのか?」

と 椿三十郎なみの 暴言を吐いたり。

いやいや この奥方様とかは 他の人からは隔絶されて 浮世離れしているんだけど 上品なのよ 様子を見ればわかるでしょ と 説明しても この 和服の仕草などは 文化を知らないために どうやら わからないらしい。

しかし 三十郎の 奥方様への態度の変化など 字幕ではわからない。
その辺が 字幕の辛さ。
奥方様に 

「よい刀は鞘に納まっているものですよ」

と 諭されてからは 奥方様の見識を見直した三十郎 言葉遣いを改めるのが 字幕ではわからないのが 残念。
なので 隣で 説明するのが ちと面倒。

さて 96分観終わって 感想を聞いてみたところ

「とっても 面白い いいエンターテインメントだ!」

と よい反応。
でも

「だけど 最後のあの流血 あれはダメ」

と いきなり ダメが出た。
どうして?と 聞いてみたら

「あれは あまりに嘘っぽい」

そうで そこで 歌舞伎とかの見立てを説明するのは あまりにも面倒だったので これから ちょっと検索でもして 英語サイトを見つけて読んでもらおうと思います。

とりあえず レンタルで この前作 用心棒もあったので よりバイオレントながらも 一応借りてきて また見せてみるつもり。

・・・って なにやら 織田裕司主演で 椿三十郎リメイクされるようですね。
三船敏郎のイメージが強い役に どう 織田裕司が挑むのか 新解釈をしないと 旧作のファンに叩かれるので 大変ですね。
とりあえず 最近 若い層も 時代劇を見る様になったようなので これも 活性化の一環として 好意的に期待したいものです。
新しい007の例もあるし 意外なヒットがあるといいですね。
・・・でも 外国の熱心なファンは 怒るんだろうな・・・。

人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてくださると嬉しいです☆
スポンサーサイト

| エイガ | 20:39 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

あぁシブイ・・・

久しぶりに観たいなぁと思いマシタ!ふと、説明すんのってスッゴイ大変・・・とも。
お疲れ様ですw

実は、コイツアニオタ外人やでってヤツ、正直結構いはりますw また、日本に興味あるとか言われても、えぇん、ソレごときかいなとか、嫌な日本人です私。ごめんなさい。
ま、オォーってそれごときで喜ぶ日本人も悪いんですけどね。勿論私もノリで、スゴォーイ!って言ってますけどすみませんですほんまに。はい。
あぁ、私って日本人です。本音と建て前ですw

| おこうちゃん | 2007/02/12 00:33 | URL |

黒澤映画

私、先日初めてまともに見た。
影武者。
おもしろかったです。
あの雰囲気が好きです。

若い侍は前髪を落とさない。
落とすの落とさないのと、「御法度」でごねてましたが。
あれは何? って説明を求められたのを思い出します。
私は大雑把なんで、もしかして外人のほうが意味分かってたりして。

椿三十郎……、あったら見てみます。

| siorin | 2007/02/13 00:05 | URL | ≫ EDIT

Siorinさんへ

影武者、懐かしい~!すんごい昔のことですね、って 椿三十郎の方がずっとずっと昔の作品ですがw

そうそう、前髪落とすのは元服とかで 女の子も 成人するまでは 前髪つき なんですよね。大人になっても前髪つけてたのって 森蘭丸ですよね♪ 美少年なので 前髪は落とすな!と 信長が命令したとか。

椿三十郎 観てください。面白いですよ!

| プリシラ | 2007/02/13 07:27 | URL |

ジャケットがかっこいい!

黒沢明の映画ってちょっとしか知らないんですけど、「椿三十郎」は、いままでのところ、唯一面白かったと思えたものでした。若い加山雄三たちっていかにも若造という感じでしたよね。 同居人様のコメントにはクスクスでした。

お天気おねえさんってもしかしてあれ? 以前SBSで放映のあった翌朝、オフィスの豪州人が私のところにきて、あの映画ってなんなの? と答えようのない質問をしていきました。(途中ちょっとみました。)

わたしも日本通のガイジンさんには本音と建前派です^^

| Happy Gilmore | 2007/02/14 04:36 | URL |

Happy Gilmoreさんへ

お天気おねえさん・・・そうです、アレです!
アレを説明して、なんて、いくらなんでも困りますよね。幸いまだそれはないのですが。今後も起こらないことも祈る!

>わたしも日本通のガイジンさんには本音と建前派です^^

同じ方がいらして 嬉しいです☆

| プリシラ | 2007/02/14 19:47 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/131-12d89e5f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT