Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Children of Men 鑑賞記

イギリス映画 と アメリカ映画 の 違い。

同じ Distopia 映画でも 最期の希望の度合いが 違う。

アメリカは 必ずハッピーエンド。
イギリスは 一粒の希望。

どちらがいいかは 個人の好み だけれど、自分としては ひとかけらの希望 の方が 好き。

あらすじだけれど 人類が妊娠できなくなった 2027年、元反政府活動家 現 公務員 の Theoが かつての妻の依頼で 奇跡的に妊娠した少女を 無事に出産できる場所へと 連れて行く。

そこに現在のイギリスの抱える 移民問題、少子化問題、テロ、右翼化 などをからめている。崩壊した世界で アフリカやヨーロッパからの不法移民は 檻に入れられ 強制送還させられる。その扱いは あまりに不当で、ついに移民たちは イギリス政府に対して 反乱を起こす。

かつての妻の率いる組織は 反政府でありながらも ある意味 無意味に議論を繰り返し 反抗をすることで自分の存在を確認する、そういう組織であり 将来の理想はないようにも 見える。反対するために 存在する、それだけ。

全てに絶望した男 Theoは 世界で18年ぶりで初めて生まれる子供を守るために 自分の身の危険をかえりみず かつての妻の信頼と 恐らくなくしたはずの 新たな世界への希望をひそかに持って 危険な旅に出る。他の人々に助けられながら 暴力を目の当たりにし なにを信じていようが 政治的立場がどうあれ 頼るのは自分と 人々の心に残る希望を 支えに 子供と妊娠した少女を守り続ける。

映画の宣伝文句どおり 子供は将来への希望 であり、未来を象徴する。不妊の人類は 未来のない 生き物であり、映画全体を覆う 飾りのない ナマの暴力は 絶望した人類の死への道行きのよう。命が再生されないならば、誰が死のうが関係ない。どちらにしても 終末は見えているのだから。

あまりにも あからさまな 未来への希望を 隠すことなく 映画は終わる。だけれど 多分 いまだかつてないほどの 暴力に満ち満ちた現代は それこそ 人類全てが不妊に陥ってはいないものの、他人への信頼は 失われ 他者は異者として 疎外され 全てが 敵か味方か しかないような 有様で 映画が描く終末観は あながち遠いものでもないようにも思える。

実際であれ、バーチャルであれ、常に暴力にさらされ続ける現代、妊娠が科学で可能になった現代、人々は命という奇跡を忘れてしまっているのかもしれない。映画は そういう意味で 未来への祈り のようなものにも感じられた。
スポンサーサイト

| エイガ | 20:48 | comments:5 | trackbacks:2 | TOP↑

この映画でしたか・・・

我が家もリリース直後にこれを観賞、暗くはならず、結構フツーにランチをとりながら アレコレ語っておりました(汗) 

<ここから ややネタばれ?>
しかし、J・ムーアがすぐいなくなっちゃって、残念!大ファンなので♪ C・オーウェンは、声がいい、リアルでいい、と夫と絶賛しておりました。 自分も イギリス映画の方が、たとえ一粒の希望もなくても(汗)、リアルな人生疑似体験ができて 好きです。フィーリング・グッド・ムービーは、見たいときに見ればいいと思いますし。 全体を通して、終末観のある暗い映像でしたけど、最後に お船が来ますが、横っ腹に「Tommorow」と書いてあったのが印象的でしたね。 

| ゆうこまん | 2006/11/01 13:46 | URL |

もしかしたら

以前、原作を読んだことがあるかも?です。
でも、すっかり忘れてますw それに映画と本は別物なので、気にしませんが。
面白そうですねー!私も一粒の希望派です。人生はわかりやすいわけがなくて、細細としたものやと思います。色々な勉強になります。
この邦題、トゥモロー・ワールドらしいです。なんだかな・・・って思ったンですが、気にしすぎでしょうか。

| おこうちゃん | 2006/11/01 15:46 | URL |

ゆうこまんさんへ

Julianのあの退場の仕方はえ!って思いませんでしたか?それってありか!と。

原作は相当キリスト教の雰囲気が強いそうですが、映画もある意味そうでしたね。メキシカン監督だからでしょうか。お船のあれは、ちょっとやりすぎかなぁ・・・と(笑)。わかりやすすぎです。

| Priscilla Queen of the Desert | 2006/11/01 21:12 | URL |

P.D.Jamesなんですが、好きな作家さんなので 翻訳で読んでます。読んだことあるかもしれないけれど 忘れています・・・。 自分のブログの内容さえ 忘れていますので、そんなものの記憶など まるでなし(笑)。

邦題、それはそれで正しいようですが、なんだかなぁ、とも。そのままじゃ ダメだったんでしょうか? まるで 前 ジュード・ロウが 出てた アクション活劇 映画みたい。

| Priscilla Queen of the Desert | 2006/11/01 21:18 | URL |

オージー掲示板始めました♪

はじめまして、こんにちは、突然のお邪魔で申し訳ありません。「オージーパートナー掲示板」というサイト管理するhippoと申します。

当サイトは、以前オージーパートナーをお持ちの方々が利用されていた掲示板が突然の閉鎖により、急きょ立ち上げた掲示板です。現地での生活や結婚とパートナービザに関する疑問やお悩みを語り合える広場を目的としておりますが、生活全般の質問も多いため、オーストラリアで社会人生活を送る長期在住者さん・永住者さんのご参加も大歓迎でございます。

同じ豪在住者さんでお困りの方々の質問にご回答・アドバイス等いただけましたら幸いでございます。もちろん逆にご質問されたいことがあればいつでも当掲示板をご利用くださいませ。

Q&Aサイトにおきましては、まずは皆様にお集まりいただくことが肝心ですので、こういった形で宣伝させていただきましたが、指し使いないようでしたらこのままコメント表示してなるべく多くの方にお知らせいただければ幸いです。またもしご迷惑なようでしたら、こちらはもちろんご削除くださいませ・・。。また二重投稿になっておりましたら重ねて失礼いたしました。以上、お読みいただきありがとうございました。

http://aussiepartner.bbs.fc2.com/

| hippo | 2011/05/05 11:20 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/13-dc3094b2

「トゥモロー・ワールド」 子供は希望

先日観た「パリ、ジュテーム」の一遍を撮っていたアルフォンソ・キュアロン監督の作品

| はらやんの映画徒然草 | 2007/03/31 07:51 |

トゥモロー・ワールド 07078

トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN2006年 英  アルフォンソ・キュアロン 監督クライヴ・オーウェン  ジュリアン・ムーア  マイケル・ケイン  キウェテル・イジョフォー  クレア=ホープ・アシティ  チャーリー・ハナムう~ん、、、...

| 猫姫じゃ | 2007/04/13 13:07 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT