Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【映画感想文】マドモアゼル

涼しいブリスベンからこんにちは。

最近図書館でDVDをレンタルする癖がつきました。
借りても観ないで返却することも多いのですが、とりあえず古いものがあるので嬉しいです。

で、前から気になっていたこの映画、マドモアゼルを観賞。

イギリス人監督トニー・リチャードソンなのに、映画そのものはフランス語でしたが
確かにイギリス人ではこの映画の言いたいことは伝わらないかも。

この映画を観終わって思い出したのが、
同じくフランス女優イザベル・ユペールが主役を演じた「ピアノ・ティーチャー」。

マドモアゼルとピアノ・ティーチャー。
この両者に共通するのは性的に抑圧された女性の怖さ、というやつで、
何十年も前にこんな映画が作られていたことに驚き。
そしてフランス女優のすごさ、というものをしみじみと感じる。
英語圏女優のすごさは「演技の巧みさ」と言ったものに思われるけれど、
フランス女優のすごさは「生身の女」であること。

映画の中でさえ美人と言われないジャンヌ・モローだが、
性的欲求不満を抱えたハイミスの「マドモアゼル」でもその典型的美人ではないことがかえって本物の女というもののもつ性を強烈に感じさせる。

ある意味、美女なら男性に声をかけられるだけで、自尊心は十分に満足するだろうが
不美人ゆえ、また、教師という職業ゆえに男性にしなだれかかったり、不品行は許されないのだろう。
よくありますよね、「ブスのくせに男にちゃらちゃらして」みたいな陰口。

そんなわけで欲求不満と思われる、もう、きちきちにお堅いマドモアゼルのヒステリーぶりと
満たされぬ性欲に身もだえしている様子がちょっとした仕草から読み取れる。
ジャンヌ・モローがこかげから男の生身の体を見て舌舐めずりするシーン、圧巻です。
演技が巧みではないとできないことだけれど、英語圏だと演技のための「演技」と感じてしまうことが多いのに、
フランス女優は「生身の女」を表現するための演技、と感じられるから不思議。
スポンサーサイト

| エイガ | 20:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

ジャンヌ?モロー

スマホより、こんばんは。
いいですよね、彼女。
「死刑台のエレベーター」の彼女が好きです。
ほかの映画では、あまり見ていないですが、興味ある女優さんです。「マドモアゼル」見てみたい。

| ボー | 2012/01/20 23:43 | URL | ≫ EDIT

ボーさんへ

お久しぶりです^^

「死刑台のエレベーター」ものすごーーーーく昔に観たんですよね、NHKかなにかで。
公衆電話で確か「旦那を殺して」みたいなことを言うところでぞぞーっとしました。
女のサガを感じさせる女優さんって、近頃あんまりいないような気がします。
クリスティン・スコット・トマスが今頭に浮かんだのですが、ボーさんのご意見もうかがいたいです。

| プリシラ | 2012/01/31 21:52 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/1030-9daab841

PREV | PAGE-SELECT | NEXT