Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【映画感想文】エスター(Orphan)

ちょっと寒いブリスベンからこんにちは。
今年も半分が終わりますが
相変わらず何もしないうちに過ぎちゃった、って感じがします。
年取ったんだなぁ。

そんな半年を記念するような作品がこれ。
これなのか、私…。

近所のVideoEzyというDVDレンタルでは2本借りると安くなるので
先日観たThe Roadと一緒に指定して借りてきてもらったのが
この映画「エスター」。

ホラーという触れ込みでしたが確かに怖かった…違う意味で。
へスター

この子役さん、本当はもっとカワイイです。
アメリーのオードレイ・トトゥに似てるかな。
聾唖の妹マキシンの子もとってもカワイイし
お兄ちゃん役の子も美少年で
かわいい子供が盛りだくさん。

お母さん役のヴェラ・ファミーガもスタイルいいしきれいだし
目の保養にはなるのですが
ホラーとしては定番の表現が多い。

洗面所だとか冷蔵庫のドアを閉めると
そこに人が!
音楽!
ビックリ!

レンタル屋のお姉さんが言ってた

「最後にビックリするようなドンデン返しがあるのよ!」

というのも、作中であちこちにキーワードがちりばめられているので
注意深い人なら気付くと思う。

いわゆる「悪魔の子」シリーズで
ずっと昔にマコーレー・カルキン君とイライジャ・ウッドの映画みたいでした。
(今IMDBで調べたら、シナリオがイアン・マキューアンとなっていたのですが、あのイアン・マキューアンなんだろうか)

さてホラー的に怖いシーンというと
何より冒頭の奥さんケイトの観る悪夢。
雰囲気が盛り上がりますが、
これが終わるとそれほど怖いシーンもありません。

ホラーというより
うまくいっていない家庭に異分子が混じりこみ
危うく保たれていた日常が崩壊していき
主人公を信じる者はだれもいない。
信頼している精神科医まで敵に回る。

そんな中で子供を守るために奔走する
という、お子さんをお持ちの女性には訴える内容になっています。
でもある意味、こういうストーリーって定番。
最後のシーンなんてリング2そのまんまだし。

しかしこの映画で何より一番怖いもの。
それはピーター・サースガード演じる夫のジョン。
こいつ、最高に怖い…。

≫ Read More

スポンサーサイト

| エイガ | 09:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

料理の極意

どうもです。

テスト前でご飯作りを免除されてたのですが
再開することになりました。

ご飯作らなくっていいって楽だけど違った意味での苦労が続いていました。

Aのご飯作りは基本的に

1)買い置きのピザやパスタソースを冷凍(担当:私)⇒オーブンまたは電子レンジへ投入
2)インスタントのソースや瓶詰を購入⇒ご飯炊くのは私
3)どこかで買ってくる

のパターンしかなく、しかも台所をめちゃくちゃ汚し
なおかつ料理しながら洗う、という行為もしないため
洗い物をしなくてはならない私にとって
ものすごく不公平なわけですが
とりあえず料理と皿洗い+掃除なら後者のほうが時間が断然少ないため
味には文句いわず、また

「料理っていっても、私の買ってきたものあっためてるだけじゃん」

とは言わず、

文句言ってる暇あったら勉強するか休憩したい!

ということで黙って食べていたわけです。
とりあえず出来合いのものならおいしくなくても食べられる味ではあるし。

そんな中おこった出来事。

≫ Read More

| オーストラリア | 14:23 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こんなもの編んでみました

ほんのり晴れたブリスベンからこんにちは。

抜歯した跡が痛いなーと思ってた今朝
顎のあたりが青あざになっているのを発見。
道理で歯茎に何も感じないわけです。

痛み止めも強くて起き上がるとふらふらするので
寝たきりでテレビでサッカーの再放送を観ています。

それだけでは生産的ではないので
ちょっと手を動かしてみました。


≫ Read More

| 編みもの | 09:15 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画感想文】ザ・ロード

曇り空のブリスベンからこんにちは。

この雰囲気、昨日観た映画「ザ・ロード」を思い出させます。

それにしてもみんなどうして世界が滅びるのと思っているんだろう。
メキシコ湾沖の原油事故とか
地球温暖化とか色々あるからなんだけど
ある意味世界が滅びるのを心待ちにしているようでもあるような。

それはきっとキリスト教にある最後の審判なんぞを受けて
そのあと清く正しい世界がよみがえる、というほんのりとした期待なんだろうけれども。


ザ・ロード

こういう画像と陰鬱な音楽はオーストラリア人監督とニック・ケイブによるもの。
暖かく明るい、能天気!というイメージがつきまとうオーストラリアですが
実際のところ映画はことごとく陰鬱なものばかり、っていうのが感想。
そういう点では最適な選択です。
本当は『プリシラ』とか明るく楽しい映画を観たいのですが…。

≫ Read More

| エイガ | 10:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画感想文】シャッター・アイランド

朝は霧が出たブリスベンからこんにちは。

昨日

「もーーーーーーサッカーばっかり観てるのやめてくれええええええええ」

とAが借りてきてくれました。
4月に観ようと思ってたけど映画館では見逃したので
楽しみにしてたのですが


うーん映画館で観なくてよかった。

もうきっと色々な方がレビュー書いてるので
テキトーなことしか書かないことにしますが
レオナルド・ディカプリオのしかめっ面はもう見飽きた!

いい俳優さんなのは認めてるし好きですが
なんかいつもいつもこんな感じの役ばっかりで正直飽きました。
たまにはアホっぽかったり能天気だったり
それくらい力のある俳優さんなのだから
そういうのも見せてほしい。
大人になってからのレオはこんな役ばかりなような。

あと音楽がやたら仰々しくて鼻につきました。
こんな音楽ならなくてもいいんじゃ?ってシーンも多かったです。

他に残念な点としては
エミリー・モーティマーがあまり活用されてなかったこと。
でもブサイクっぽいミシェル・ウィリアムズ、雰囲気作りが上手で
この人って役者としてかなり才能あるのかも。
ジャッキー・アール・ハーレーも相変わらず存在感を残します。

あんまり大仰な作りをしないで
もう少しさらっと淡々としてたほうがかえって不安をあおってよかったかな。


シャッター アイランド  [DVD]シャッター アイランド [DVD]
(2010/09/10)
レオナルド・ディカプリオマーク・ラファロ

商品詳細を見る

| エイガ | 19:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画感想文】ハリー・ブラウン

ほんのり暖かいブリスベンからこんにちは。

テスト前に観た映画がこれ。
ハリー・ブラウン。
ハリー・ブラウン


世間の映画評ではそんなに評価が高くなかったけど
私は好きでした。

…なんというか、非常にバイオレント、かつ暗かったから。


≫ Read More

| エイガ | 10:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

通信と通学の違い

どうも。
ご無沙汰してます。

やっと試験終わりました。
少し羽を伸ばせる~と思っていたら
今度は抜歯。
苦難は続きます。

風邪ですがインフルエンザだったみたいで
まだ咳してます。
先週の試験では先生に
「あんまり病状がひどいようなら再試験受ければ?」
と言われ
試験会場では
「他の人にうつると困るから、一番後ろへ行ってください」
と隔離。

でも、今の学校の試験で不思議なのが
受ける予定の試験受けない人多いんですよね。
前に通学してたところではそんなことなかったけど
やっぱり通信だと勉強大変だし
ドロップアウトする率も多いらしい。

多くの通信学生は仕事と学校のかけもちなので
時間もないし、疲れるし、としんどいため
やめてしまうことが多い。
何より通学しているのと違って
Tutorとかに面倒見てもらえないので
成績も低めで、ある科目では平均点が10%くらい低かったです。
そりゃそうだ、情報量が違うし、
やっぱり顔をあわせている学生のほうに
点数をあげる傾向があるとか。
先生も人間ですから仕方ないですよね。

通学だと週に1科目あたり8時間程度で授業以外の勉強をすればいいけれど
通信だと10時間、ってもらった資料には書いてありました。
パスするためにはそれで大丈夫でしょうが、
いい成績が欲しいなら、やっぱりもっと勉強しなくちゃならない。
中には仕事も学校もフルタイム!って人もいて
「すごい!」
って思ったけど、知人や昨日試験会場であった人によれば
職場によってはらくなポジションに回してくれたり
仕事そのものが楽だったり
はたまた昇進するためだけに学位が欲しい!って感じだったりで
仕事も真剣、学業も真剣って人より
とにかく通ればいい、って人のほうがどちらかというと多いみたいです。


しかしおカネさえ払えば
インターネット経由で外国や遠く離れた場所で
授業やテストを受けられるっていう点ではいいですね。
さすが、広いオーストラリアだけあります。
その点は感心。

先週受けた統計のテストでは先生から告知があり、いわく

「アメリカでテスト受ける生徒がいるので
試験内容については日曜まで口外しないように」

とりあえずしばらくは試験もテストもアサインメントもなしなので
今まで見られなかったワールドカップをちょっと真剣に見ようかな。

今のひいきはドイツの監督さん。
何か間違ってるような気が。

| 留学 | 10:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愛されているのだろうか

お天気の良いブリスベンからこんにちは。

ものすごくひどい風邪をひきまして。
頭痛いしのどは痛いし声はでないし咳はひどいし
鼻水は出すぎで鼻の下はかさかさ
ティッシュ毎日1箱使うし
自分が何をしているかわからない状態が
5日ほど続いてます。

そんな中でも試験はあったりして
大丈夫なんだろうか。

初めてオージー生徒の言う

「パスでいい、通ればそれで」

の気持ちがわかりました。

病院で万が一のために診断書までもらってきたのですが
とりあえず使いませんでした。
通ったらそれでいいし、でもそれもちょっと心配。

それに加えて試験当日から腹痛が始まり
試験直前に痛みどめ、咳止め、風邪薬を連続して飲んで

「ああ、今日試験を受けている生徒の中で一番具合が悪いのは私だ」

と変な自信があったりして。

今日はとりあえず次の試験準備は午後からにして
午前中はベッドの中にいることにしました。
起きると咳ひどいし…。

そういうわけで家事は一切放棄(てかできない)
ブログ徘徊も禁止
寝てるか勉強してるかのどちらかで
猫の世話も最低限。

ごはんやりとトイレの砂換え
寝る前のスナックとなでなで

にとどめておりますが
わがままっ子なので
何か変!
遊んで!とうるさいうるさい。

「ごめんねー具合悪いんだよー」

とでない声で謝り続けていた水曜日。

帰宅した猫の口には一羽の鳥が。

ぎょええええええええ

残念なことに既にあの世へ行っていました。
埋めようかとも思ったのですが
そうすると次のを捕ってくるわけで
それはなんとしても避けたい。

猫の特等席ベランダへ持っていき
戸を閉めて全部食べてもらいました。
約15分後見たら残るは羽のみ。

成仏するんだよーと祈りながら残りを庭に埋めました。

あくる日昼過ぎ。
外から

ガサガサ
ギャッギャッ
ドタドタ
ガサガサガサガサ
ギャギャギャギャ

と物音が。

うちの部屋の前には大きな木があり
よく鳥がケンカしてるのですが
それともどうも違う。

なんかいやな予感。

ほどなくして猫帰還。

大きなドブネズミを口にくわえて。

ひいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

全長およそ40センチ(含む尻尾25センチ)。
これまた見事に死んでました。

庭には簡易コンポストがあって
そこの残飯を目当てにネズミが通ってきているようなのですが
最近塀の上にのぼってコンポストを見張っていたので
空中戦の手法を身につけたと見えます。

ネズミはさすがに食べないので
(食べるけど上半身だけ食べて下半身は残す)
庭に埋葬しました。
次の日見たらよその猫に持っていかれてたけど。

具合悪いのに手間がかかります。

しかしいつもなら生きたまま持ち帰るのに
とどめをさしてから持ち帰ったところを見ると

「具合悪いんでしょ!これでも食べて元気付けなよ」

ってことなのでしょうか。

気持ちは嬉しいけどやめてほしい。





| | 09:40 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

屋根の上のバイオリン弾きならぬ

あたたかくなったブリスベンからこんにちは。

またもや猫の話題で申し訳ありません。
しかもイギリス。

高さ12メーターの木から下りられなくなった1歳のミリーちゃん
無事救出されました。

木の上のミリーちゃん


なんでそんな高いところに、と思ったら
まず他の猫に追いかけられて木に登り
下ろそうと放水したらさらに上に登ってしまったとのこと。

地形が悪くハシゴも使えず
最後に足場を組んで救出劇となったのですが
6日も飲まず食わずでいたわりに
ミリーちゃん、救出に当たった方に爪をふるったとか…。

こんな傷を!!!と出てる写真を見て

「あーこんなの普通フツー」

と思ってしまったのは
うちの猫が乱暴者すぎるのでしょうか。

何はともあれ無事救出されて何よりでした。

救出劇と傷の写真をご覧になりたい方は
以下のBBCのサイトへどうぞ。

Cat stuck in Barnsley tree for six days rescued

| | 15:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かわいい闖入者

ようやく晴れたブリスベンからこんにちは。

ワールドカップも間近に迫ってますが、
5月31日に開かれたフランス対チュニジアの友好試合に
闖入者が出たそうです。

≫ Read More

| | 13:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こんなものいいな

あいかわらずくもりの続くブリスベンからこんにちは。

ネットを徘徊してたらこんなもの発見しました。

実用化にはまだまだ遠そうですが、庭をうろうろしているうちの猫に
小型化されたらつけてみたいものです。
…いやがるか。

| | 11:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画のファッショントップ10

くもり空の続くブリスベンからこんにちは。

STAC2が公開されましたが、興行成績はあまり伸びてないとか。
自分は観る予定はないのですが、結構意外です。
女性が大挙して観に行くんじゃないかと思ってたんですけど。

ロンドンでのSTAC2公開の前に行われた
映画のファッションアイコンとでもいうか
トップ10に挙げられた洋服の堂々一位を占めたのが
この方のこれでした。


≫ Read More

| エイガ | 07:53 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月