Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

帰国報告

長らくご無沙汰してました。

イギリス日本旅行から戻ってきたら いきなり常夏。
すぐさま 日本とイギリスが恋しくなりました…。

さて 3週間 相当つらい思いをしたのですが そんな話をしてもつまんないので 面白かった というか これは旅の目玉!と思えることをお伝えします。

観光客がロンドンへ行けばすること それは バッキンガム宮殿と お馬に乗った近衛兵さんたちの交替を見学すること。
なので 一回見たことがあったけど 10年ぶりくらいなのでいそいそと出かけました。

しかしシュレックさんのお母さん いきなりトイレへ行きたい!と 言いだし 慌てて近くのハイドパークへ。
すると シュレックさんとそのお父さんまで

「俺もオレも」

とトイレへ消えてしまい 私一人がぽつねんとトイレ近くで立ってたところ。

公園の入り口から やや背の高い 黒づくめの男性が もう一人の男性と足早にやってくる。

それはなんと かの有名な スティング

コンサートでは見たことあったけど 生身で観るのは初めて~♪

さて 黒づくめのスティングさん D&Gっぽいとでもいえばいいのか かっこいい とても高価そうなジャケットに 黒いパンツを履いてました。
50代後半なのにあのかっこよさは素晴らしい。
さすが 究極のナルシスト と 呼ばれるだけはあります。

あー!という顔して見てる私には目もくれず マネージャーさんらしき男性とものも言わず せかせか歩いて行ったのでした。
ま 大ファンだった友人がコンサートのあと 「写真撮らせてください!」と勇気を振り絞って頼んだにもかかわらず シカトされた(死語?)という経験があったので (彼女はその後 ファンをやめました)写真は頼めませんでしたが とってもいい目の保養になりました とさ。

旅の話はおいおいと 書いていこうと思いますが 何せ疲れて疲れて 毎日13時間くらい寝ています。
今日もこれからご飯食べて寝ようと思います。

…もしかして トシ???

ブログでお世話になってる皆様 ご訪問が遅れますが 上記理由にてよろしくお願いいたします~。

スポンサーサイト

| 異文化体験 | 19:10 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

行ってきます

明日の朝 ブリスベンから東京経由でロンドンへ。
その後 中部などを回ってきます。
どうなることやら心配ですが まあ何とかなるでしょう~。

できればブログの更新したいけど それもどうなることやら。

というわけで うちのラディッシュの花でもどうぞ。

ラディッシュの花

家庭菜園でラディッシュを植えたはいいけど 掘り返すのが面倒になったので放置してたら育ちました。高さは1mくらいにもなってます。

帰ってくるときにはかれてるのかなぁ…。

| 日々の話 | 19:06 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホートン/不思議な世界のダレダーレ感想文

夏の長いブリスベン。
今日も変わらずキャミで過ごしてます。
そんなところへ友人からメールが。

「日本は寒くなりました。気をつけて来てね!」

すっかり寒さの感覚がわからなくなっていることに気づき 慌てて厚手のセーターを一枚追加した次第。

そんな旅行準備前で忙しい中 なぜかDVDを観ることになりました。
それは シュレックさんが借りてきたから・・・。
それもなぜか 子供映画を。
ホートン

「懐かしいなぁ~ 子供のときに読んだんだよね~」

と嬉しそう。

いつも暗いくら~い映画ばかり観てるので たまにはこういうのもいいわねぇ~ なんて観はじめたのですが。

すいません 気付いたら寝てました…。

面白くないわけじゃあないんです。
でも アニメって久しくテレビで観てないので なんか観てるうちにうとうと~と。

起きたらゾウのホートンが何やら Mayor!とか言ってて なんだそれ???と さっぱりわからず観ていくと 本当にMayor 市長さんでした。だってかわいいんだもん 市長さん。
そして声を聞いてると何やら聞き覚えが。

じーっと聞いててわかった!
スティーブ・カレルだ!

スティーブ・カレルのことは結構好きなので そこで本腰を入れて観だしたのですが 子供には受けそうなシーンが多くて 子供だったらとっても楽しいだろうなぁ と ちょいと小馬鹿にしつつ 最後の方で結構じんわり来たのは何故???

小さくたって人間だ!っていうメッセージもさておき 親子関係や友情が中心なのが 最近 なんでもロマンスが芽生えちゃう中で正統派の子供むけ映画。安心して観られます。
ホートンもかわいいし アニメもよくできてるし しかも80分くらいと短いし (最近映画がどれも長くて辛い) あれでラストさえなきゃあ…と その辺が惜しい限り。

それにしても 一番最初にDr.スースのこの作品のタイトルを訳した方 すばらしい!
そしてアニメ技術の進歩もすばらしい!

| エイガ | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャットフードはどれを買えばいいの? in Australia

ぽかぽかブリスベン
汗もかかず キャミソール一枚でちょうどよくなりました。

…よく考えたら それ 夏…。

夏から冬へ逆戻りすることになりました。
今度の日曜からイギリスへ旅行してきます。
残念なことに一人旅ではなくて シュレックさんとそのご両親が一緒です。
なんでも親戚に会いに行くので そのついでに一緒にどう? と 言われたので 便乗することにしました。
そこまではよかったのだけれど 日本に行くのにも 「せっかくだから行ってみる」 だそうで 一週間 ツアーガイド状態。
かつて 母と旅行へ行き 同様に使われたのを思い出します。

そういうわけなので ホテルへ泊まらせることになってしまいました。
ひとみしりのうちのは車とホテルが大嫌い。
多分 最初に連れて行ったホテルがひどかったから その記憶があって 車もきらいになったのだと思うのですが。
今使ってるホテルは 前の経営者のときはよかったけど 新しい人は あんまり猫のこと わかってるみたいではなくて 迎えに行ったら 飼い主の私ではなく ホテルの人が有無を言わせず 連れてきてしまい その後一週間ご機嫌斜めでした。

猫ホテル 一泊が13ドル。
毎日30分くらい 共通のお庭で運動できる というのがいい点なのですが 問題は食事。
猫ホテルではご飯もついてるのですが やっぱり 一人で置いて行くのは不憫なので せめておいしいものを食べさせてやりたい!と 思うのですが。

うちの猫には大体毎日生肉をやっており 大体 牛 カンガルー ラムで チキンと豚をやるときは 加熱して小さく切ってやってます。
そこに トウキビとか にんじんのゆでたのとか ご飯を ちろっと混ぜて あとは酵母なんかをかけてみたりしていますが しかし そういうのは残してることが多い。
見てるととにかく 



が好き。
さすがオーストラリアのネコ。

しかしたまに肉も飽きるようで そういうときはキャットフードをやったりしてるのですが…。

オーストラリアのキャットフード ウェットは非常にタンパク質含有量が少ない。
スーパーマーケットの高いので 多くて15%。

これは なまけてスーパーに行くからね!と思って 近所の獣医さんと 行きつけの獣医さんで調べたものの ドライは一般的に売られてるヒルズなんかがあるけど ウェットはよくて12%。
スーパーと変わりません。
専門のペットフード販売をネットで探してみたけど 今のところ見つかってません。

一応スーパーでもオーストラリア産のものは添加物は無添加なので 肉の上にトッピングしてやってるのですが 肉だけ残して猫缶だけ食べてたりします。 
まるで マクドナルドのハンバーガーは食べるけど うちのご飯は食べない という子供のよう。

とりあえず 元気に問題なく3週間過ごしてもらいたいものです…。
ちなみにうちの猫の食い付きが一番よかったのは ロイヤル・カナンの 「気難しい猫用」。

| | 21:55 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マーゴット・ウェディング~映画感想文~

マーゴット・ウェディングマーゴット・ウェディング
(2008/07/04)
ニコール・キッドマンジェニファー・ジェイソン・リー

商品詳細を見る


カサンドラズ・ドリームの後に見た消化作品。

とはいえ ニコール・キッドマンがナチュラルな茶髪にしてる!ってことで きっと面白いに違いない と 確信。
お友達もこれを観て 「面白いわよ~」 って言ってたし 映画評ではイマイチだけど 意外とそっちより人の言葉の方が正しかったりします(例:バタフライ・エフェクト)。
しかも 監督は イカとクジラの ノア・バームバックだったりで これまた 期待度100。

映画なんですが 評判悪いわけ わかった。

要は イカとクジラの ローラ・リニー演じたお母さんが 単身となり 弟の方を引き取って育ててるよーなもんなんですよ。
今回もお父さん登場するものの寝とられてるし まさしく同じ。

違うのはといえば ニコール演じるマーゴット(なんちゅー名前の表記法!)には妹がいること。 

その妹を あんまり老けずに今でもなんかかわいらしい ジェニファー・ジェイソン・リー(私はこの人のファン)が演じていて それがどう見てもダメ男のジャック・ブラックと結婚するってことで マーゴは息子を連れて 妹の住む両親の家に行く…という 話。

で イカとクジラのローラ・リニーと同様 マーゴ すっごいやな女!
これを演じることに決めたニコールって 実は女優としてやる気満々なんでしょう。

このマーゴって女性だけど 前作のローラと同じく作家。 
作家なせいかどうかはわからないけど いつも日記をつけてて 周りの人を辛辣な目で見て そのうえ それを作品にしちゃう という 作家魂炸裂だけどハタ迷惑。
周りにいる人にしてみたら たまったもんじゃあないけど 日本の私小説作家って似たようなもんでしたよね。最近じゃあ肖像権なんかで訴えられてしまったりするけど 家族じゃそうはいかない。

美貌のマーゴだけど 年齢も40歳を過ぎようとして 容色の衰えを感じつつあるところで 言い寄ってくる男なんぞがいて ついふらふら~っとしてしまう とか ついには 妹の家で自慰行為したり とか In the cut 本当に出たかったのね! って 思ったくらい。

そういう中年というには あまりにもきれいすぎる とはいえ中年になってしまったことは否定できない 微妙な立場の女性が主人公なわけで しかも その周りにいるのが 妹=イタイ女=ヒッピー崩れ ダメダメ人生落ちこぼれタイプ また どーしてそーゆー男と結婚するかなぁ~ と マーゴじゃなくても言いたくなるようなのを選ぶ!
その上に ベビーシッターに来てる女の子は 頭はいいけど ブリブリで その親でマーゴと浮気してるおっさんは俗物タイプ。

あとで登場するマーゴの旦那さんが一番まともなのに まともな人って愛されないのよね…。 
現実をわかってます 監督ってば。

そんなエキセントリックなお母さんを持って 思春期を迎えるのって 本当苦労したんだろうなぁ と わかるのですが しかし この映画のターゲットを考えてみると たぶん マーゴくらいの年齢の女性が中心なわけで そんな人たちが見たら この映画 身につまされすぎ!
これを笑って観られるのは相当自分に自信がある人でしょう。人生経験のない若い人にしたら 何だこれ って 感じだろうし 本当にマーケティングの難しい作品。

ホント 若いころなら毒舌もカワイイもので済まされたのに 年とったら単に「ヤナ女」になってしまう。
男にはどんどん相手にされなくなるし きれいな服も似合わなくなってくる!
そうなったら もう 我慢して「いいおばさん」になるのが普通なんだけど それをしないマーゴってすごい 潔い。
そして そんな親であっても やっぱり子供にとっては 大事な母親だったりするのよね…と 最後に結構しみじみしてしまい 興行的にはヒットしなかったけど きついようでいて 人間に対する優しい目も備えたノア・バームバックって ますます注目すべき監督の一人になると思います。

それと 単なる美人女優だけじゃない!という気迫を見せたニコールも シャネルの顔からは下りた(降ろされた?)みたいですが 他の人にはできないような領域へ踏み込んでいく勇気 最近の20代女優にはないよなぁ さすが トム・クルーズのくびきから逃れただけある!根性の持ち主です。
娘のサンデー・ローズもかわいいし 引き続き注目していきたい女優さんです。
今年は 元の取れない女優に選ばれちゃったけど オーストラリアで大ヒット飛ばして 汚名返上です!がんばれー!

| エイガ | 20:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月