Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【カフェ】老舗のカフェ in ブリスベン

シェアブログ1732に投稿
シェアブログdokidokiに投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


昨日 長年のおつきあいのお友達と久々にランチした途中 ヘンな輩にからまれた話は昨日書きましたが 今日はその後 気を取り直してから行ったお店のハナシ。

私も友達も適当な性格 と言うか 友達は学生で しかも毎週二科目しか受講していないため 相当ヒマ。
ヒマなので夜更かししてネットで遊び 朝は遅くまで寝てるそうなので 朝ご飯も当然遅く おなかすいてないから ということで ランチは遅めになりました。

久しぶりで出る都心は どこもセールをやっておらず 当然だけど少々寂しい・・・。
それでも 老舗 デビッド・ジョーンズで 台湾人社長のお嬢さんである友人Cちゃんから クロエへの憧れと ジューシー・クチュールダイスキぶりを聞かされ

「そうか・・・ 若いお嬢さんの間では まだ流行ってるのねこれ」

とナットクしたり 日本では最近人気が出てきてるらしい フレンチブランドが 何気なくバーゲンコーナーに置かれており しかし お値段高いのにもかかわらず ボンッ と 放ったあったり オーストラリアブランドのデザイナーで有名な人のコレクションの中に どうみても近所のアフリカのおばちゃんが着てるようなのがあって それがまた バーゲンでも 500ドルもしたり と あちこち冷やかして入ったのが 学生さん御用達の和食屋さん H。

ここは もう一店お店を出してるところからして人気店で お店の中には中国系の人たちに混じって 白色人種もちらほら。
お手ごろ値段の割りにボリュームあるのも 人気の一つなのでしょう。

Cちゃんは オムライスを注文。
オムライス

最初 オム焼きそばと間違いそうになりましたが 無事注文できました。
私はレジの前で 味噌カツ という言葉を発見し 親子丼から急遽チェンジ。
味噌カツ

お弁当箱に入って登場しました。

さて 味噌カツを一口かじったところ。

・・・気のせいだろうか 何か生臭い匂い。

生揚げ? と 思って 齧ったところを見てみても 中まできちんと火が通っていました。
気にしながらも 多分 味噌カツなんて食べたことないので この味噌ソースのせいだろう・・・と 自分を納得させて食べ進みました。

Cちゃんは前はとても痩せていたのですが 

「すんごい太っちゃったの~~~服が入らなくって!」

と嘆いておりましたが 前は病気かと思うくらいに痩せていたので 今のほうがはるかに健康的で私はいいと思うんですが やはり女の子 太ってるのはいやだそうで オムライスも1/3残して

ごめんね ごめんね

と謝っておりました。

さて その後 コーヒーでも ということになり シティの中心 クイーンストリートを歩いてると 人だかり発見。
覗いてみると 透明ケースの中に人がいます。
ボックス

ボックス2

これは Ageing つまり 年齢を経ること ぶっちゃけ高齢化 老化 というものについて 普通の人たちがどんなことを考えてるか知りたい ということで 中に入ってるこの女性が 中から外の人に読めるように鏡文字で質問を投げかけ、外の一般の人が自由に自分の意見を この箱の壁に書き込み 討論する というもの。

私が見てたところでは 

人間を職場において労働力と決定するのは年齢だろうか?

という質問に対して 上の写真の男性が 一所懸命鏡文字で

Functionality などだ とか お答えしておりました。

しばらく見てたけど 自分では書き込みする気になれなかったので とりあえず カフェへ。

Cちゃんは 某有名コーヒーチェーンの割引券を持っているのですが ふと 老舗カフェは行ったことないことに気づき 隣り合わせだし 雰囲気いいから そっちにしましょう・・・と お誘いしました。

この店 同居人のお気に入りで 

コーヒーもいいし ケーキもいいけど 何より内装がよくて」

と言われてたので好奇心があったのも事実。

肝心の内装は こんな感じでした。
シングルイン

シングルイン2

シングルイン3

ここは元々 今のクイーンプラザがあったところに創業当初からあったのですが 再開発の前にあえなく撤去。
しかし今では シティでは 元の場所の斜め向かいにあるマッカーサー・スクエアの地下と  図書館ビルの前に位置する Shingle Inn という老舗ケーキ店 兼 カフェ
その他 大手ショッピングセンターには軒並み入ってるようです。

ここのケーキは前からおいしい と 評判ですが 正直言って 甘味が強いものが多くて 当たりハズレが大きい気がします。
前に チーズケーキとぺカンパイを食べたところ チーズケーキはまあまあだったけど パイは非常~~~~~に甘く 半分食べたくらいで 甘味と油分の混合で 

「もう・・・いいです おなか一杯」

となってしまいました。

とはいえ コーヒーはお店で豆をひいており 期待できます。
何よりお昼食べ過ぎて ケーキはどう頑張っても入らなさそうなので コーヒーだけを注文。

お店で MUG と あったら それは大盛りのこと。
つまり 普通のカップではなく マグカップに入って来ます ということなので 大抵それを注文するのは 貧乏性がなせる業?

コーヒーが来るのを待ちつつ メニューを手に取ると おやレトロ↓
シングルインメニュー

歴史がありそう と 思うと 創業70年だそうです。
きっとその頃から味があんまり変わってなさそう・・・。

やってきたマグ入りカプチーノ↓
シングルインカプチーノ

さて お豆までひいたコーヒーですが 

う~む 何か期待してたより おいしくない カモ・・・。

というのは 微妙にぬるいせい。

コーヒーって こう 淹れたての熱いときの香りがいいのですが 微妙にぬるくて ちょっと冷めてる感じで すぐに飲めるからいい といえば いいのだけど やっぱり香りも楽しみたいもので とってもガッカリ。

そしてさらにガッカリすることに コーヒーを飲み終わらないうちに お店の人がチラッ チラッ と カップをチェックしに来て 他にもお客さんいるからサービスなんだろうか? と 思ってると どうやら閉店時間らしく 外ではイスを片付けてるではないですか。

でも まだ 4時 なんですけど・・・。
入って 30分も経ってないんですけど・・・。

古いお店って 場所が新しくなっても 営業時間は昔ながらのままなんだねぇ 新しくする気はないんだねぇ~

と ぶうぶう言いながら 

「次にお茶を飲む時は ここには来ないか それとも 本当のお昼に来ようね」

と 誓ったのでした。
このお店 一応ハイ・ティーもやってるそうで お値段25ドルから27ドルくらいの間。
何が出されるかは問い合わせしてください とのことなので 詳しいことはわからないけど 暑い暑いオーストラリアで イギリス流のハイ・ティーを試してみるのもいいかもしれません。
ま ここ以外でも ハイ・ティーを提供してるカフェは多いらしいので ブリスベンには おハイソな奥様方が増えてきたのでしょうね。

ブリスベンで老舗のカフェに行ってみたい 歯の浮きそうな甘~~~~~~いペカンパイを食べてみたい方 (その次の日は絶食必須)は こちらのサイトでご確認ください。
ケーキの注文もインターネットでできますので とってもベンリ。

さて 後日談。

昨日食べた味噌カツのせいか 今日は朝から腹痛を起こし 食欲があまりない状態です。
なにか食べると胃腸が一気に痛くなるので ジュースだの トーストだのを食べて過ごしております。
もしかして 油がよくなかったのかなぁ~ と・・・。
揚げもの 普段食べないのと もしかして 何回か使いまわししてる???ので たとえ漉していても やっぱり不純物が混ざってるせいで調子悪くなったのでは?

とりあえず 食中毒じゃなくて よかった・・・。

↓ポチッと一押し どうぞよろしく
スポンサーサイト

| 日々の話 | 20:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【オーストラリア】久々にオーストラリア人にイラついた

シェアブログ1732に投稿
シェアブログdokidokiに投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


随分オーストラリア人にも慣れたと思ってきましたが やっぱり 久々に

バカ・・・?

と思う事態が発生。

私の交通手段は大体電車。
15分に一本来る という こちらにしては大変恵まれた環境なので ありがたく利用しております。

バスは 本来ならば 各停留所停車で 10分に一本 急行で 15分に一本 なので バスを使った方がベンリなのでしょうが 何せ 時間が全く読めない。
10分待ちは当たり前。
そのくせ たまぁに早く来る。
ひどいときには 無視して走り去る。

精神的によろしくないので 少なくとも遅れは5~10分程度で乗りこぼしがない電車の方がマシ。

というわけで 久々に入手した日本語の本を抱えて 友達とのランチの待ち合わせに間に合うように電車に乗り すいた車内だったので 4人用の座席に座り 早速読書。

こんな本が800円で手に入るなんて 日本って文化的に豊かだよなぁ・・・と しみじみと感謝の気持ちを噛み締めながら (というほど 高尚な本も読んでなかったのですが) 一ページ一ページ大事にページをめくっておりました。

3駅ほどして 若いガテン系の男性が3人乗り込んできて 一人が私の斜め向かいに腰を下しました。

それはいいんです。
席はあいてるんだし 3人だから少しでも楽な方がいいでしょう。

そして 私に向かって

はろ~

と言って来たのもいいでしょう。
一応 友達になりたかったのかもしれない(そんなことはありえないでしょうが)し 非常にフレンドリーな人かもしれないので。
というわけで ニッコリとだけ笑って またもや本へ戻りました。

そしたら なんかグズグズうるさいんです。

それが 例えば

何の本読んでるの?

とか

どこから来たの?

とか 好意的な とか 好奇心丸出し とかなら いいのですが なんとなぁ~くネチッコイ口のきき方で

ヤバイ 下手したらからまれる!

と直感的に感じ ひたすら無視。

そしたら 反対に座ってたその男の連れが

「こいつらアジア人は 英語わかんないから」

と一言言い放つじゃないですか。

思わず

「あ~ら あんたたちの国では 鉱山のために たくさん中国人がやってきて 100年以上住み着いてるし ベトナム人もたくさん移住しているわよね? その人たちは 英語わからないわけ? おかしいわねぇ~ 大学院とか博士号 あなたたちの大学で取ってる人たちの中に 中国名とかよく見かけるけど 気のせいかしら・・・」

と 口に出しそうになりました。

勿論そんなことは言いませんでしたが。
いえる語学力もないし あったとしてもこんな人たちじゃその後何されるか わかりませんから。
とにかく ひたすら無視に限る。

それが面白いのか面白くないのか 大声で 

「アジア人はさぁ~」

と わめき散らす人種差別の男たちと 向かい側に座り どっかりと私の隣の席に土足を乗せ 挙句の果てに 放屁する男。

・・・誰がこんな人たちと話をしたいでしょうか。

席を移ろうにも出口は足でふさがれ 斜め後ろに男性が座ってるのでちらりと助けを求める視線を投げるも こちらからは目をそらして見て見ぬフリ。

・・・オーストラリア男性には 騎士道精神はないのか・・・。

3駅先でこの3人連れは下車しましたが 最後までこの屁こき男 ゲップまでして 必死に気を引こうとしてました。
こういう輩って 外国人の女性だと 抵抗しないだろう 言葉ができないだろう と 嵩にかかってやりたい放題やるタイプ だと思います。
ホント 女性にもてないのは こういう態度だからだって わかってなくて それを弱い(と勝手に決め付けている)相手にぶつけるタイプ。
洋の東西を問わず こういう人間はおりますが 実際に出会うと本当に悲しくなるばかりです。
少数派の人のせいで イメージ悪くなっちゃうんですよね。

同居人は 前からこういう人がいるんだって といっても それは少ないサンプルでものを見ているし 最近は保守的なブリスベンの人も少しは開けてきてる と 信用しないのですが この話をしても

「そりゃ 遠くのレッドネックが」

と言い出して

「いいや 大学の傍の駅から乗った」

と 言い放つと絶句。

まあ こういう人は多分最近少数派になってるのは事実だと思うし 外国人が増えてきて 食も多様になってるから 皆さん慣れてきた人が多いのが実態だろうとは思うけど 留学生なんかで まだ18歳とかで こんな人にばっかり出会ったら そりゃーショックも大きいだろうな~ オーストラリア きらいになっちゃうだろうなぁ~ と すっかりオバハンの私は 憂うのでした。

・・・いや それとも

「若いと思われた? まだまだイケル?」

と いい方に(勘違いして)考えた方がいいのでしょうか?
ま 腹立ててるより精神衛生にはいいかも(皺も減るかも)。

↓ポチッと一押し どうぞよろしく

| 日々の話 | 22:37 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【英語】使える?エイゴ

シェアブログdokidokiに投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


昨日 エコバッグのことを書いたついで。

知らない国へ旅するとき その国の言葉を覚えたりする人いらっしゃるでしょうか。
私は過去に旅行した際は 覚えることは覚えましたが 覚えるのはフレーズくらい。
そして 大体そのパターンは 少々。

基本の

こんにちは

さようなら

ありがとう

すみません

に加え 異国を旅するときの必須フレーズ といえば

警察を呼んで

という 本当に非常事態のときに使うものは まあ置いておいて (できれば これは使いたくないし)

キミの瞳に乾杯

などという 口説き文句でもなく (またこれが ロンリープラネットのフレーズブックに類語が載ってたりする)

トイレはどこですか



これ いくらですか

そして

ちょっと高いですね

でした。

日本語をまーったくわからないうちの同居人ですが 

「チョーット タカーイ デスネー!」

は カタカナ発音で披露してくれます。
きっと日本へ旅行する暁には 役に立つことでしょう(多分 関西地方を旅行したときに)。

というわけで 

高い

安い

は お買い物にはよく使います。

だけど 高い を 例えば 何か買おうとして 思ってたより高い場合に たとえば

HIGH!

なんていっても わかってもらえなくはないと思いますが それだけでは不十分。

じゃあ 

安くして

と 言おうとして

Cheap!

なんて言ったら

「おお! さすが日本人 金持ちだ!」

などと思われて もっとふっかけられちゃうかも。

そういうとき使うのは

Expensive

ですが 安くしてのときにも使えるのでベンリ。

でも

「たっか~い!」

とビックリした気持ちを伝えたくて 大声で

エクスペンシ~ブ!!!

なんて叫ぶと 気分を害されることもあるかも。
なので 日本人は日本人らしく 例文通りに ちょっと高いです と 言った方がよさそう。

というわけで エクスペンシブの前に 

チョット

をつけなくてはならないんですが これがまた教科書で習ったとおり

A little

なんてつけようもんなら

「は??? アンタ 何言ってるの?」

みたいな顔をする人が結構多いかも。

どうやら舌をたくさん動かすのは 人間怠け者なのでいやらしく ラクチンな単語を使うのが口語 ではないか と 最近思うのですが あんまり リトル 使ってる人はオーストラリアではいないみたいです。

最初は使ってたんですが 発音の悪さをあいまって

「アンタ なんていったの?」

みたいな顔をされるので (オージーいわく 『日本人のエイゴは フォーマルすぎる』だそうですが 学校で習ってるんだから仕方ないと思いますがね) 使わなくなってしまいました。

その代わりに多用されてるのが

a bit

もう何でもビットビットビットビット言ってるので うつってしまいました・・・。

というわけで 日本人らしく

「ちょっと高いですね~」

を言うには

It's a bit expensive・・・(ちょっと消え入りそうに言うのがポイントかも)

とすると 

そんならちょっと安くしてあげようかな・・・

と思ってもらえるかもしれません。

後は何でも

やす~い!

って言いたいとき(今のオーストラリアではあり得ないけど)

Cheap

だけじゃなくって 

inexpensive

なんてちらっと使えると ちょっと上品かも。

さて エコバッグで使ったお手ごろ価格。 

お手ごろ価格とは 

Reasonable 

とか 

Affordable 

とか使います。

前者はなんとなく 妥当なお値段 という感じで 品質と価格が見合ってる感じ 後者は お財布に優しい・・・みたいな感覚。それなら払える!手が届く!みたい。

違った言い方では

Value for money

なんていうようにもいえたりして。
お金を払っただけの価値あるよね~ みたいなとこなので お金にみあってる ということで お手ごろなんでしょう。

非常に口語的な言い方で 激安は

Dirt cheap

というのを よく使ってるのを耳にします。
18世紀に遡る 古くからある言い回しなんだそうですが そんなの学校じゃ教えてくれませんよね。
そんなに使わないとは思うけど 覚えてソンはないかも。
でも 学校の試験なんかでは使わない方がよさそうですね。

↓ポチッと一押し どうぞよろしく

| 英語 | 21:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【オーストラリア】軽くて安価 理想的なおみやげとは

シェアブログ1732に投稿
シェアブログdokidokiに投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


液体で悩まされ
微妙な甘さに悩まされ

お土産探しといわず オーストラリアで物を買うのは大変です・・・。

離れてわかる 日本は本当に豊かな国です。
なんでも便利だし ちょっと気の利いたものが お手ごろな価格で手に入ります。
ああ~年末に日本に帰国するのですが 今から何を買おうかリストを作らなくては。
本当に買い物天国です。

というわけですので 元々人口も少なく 市場も当然小さいため 物にバラエティがないわけですが 最近出現(ってほど最近でもないんですが・・・)した コレ。
コレは 本当~~~~~に色々あります。

その コレ というのは 先日日曜日に写真でご紹介したコレ↓
オージーガール8

オージーガール7

オージーガール6

・・・使いまわし 失礼!

そう エコバッグ

日本では昔から使われていましたが これが流行りだしたのは本当に最近のこと。
前にあったのは うす~~~~~~い木綿のバッグで しかも紐がながくてながくて 大柄で背の高い しかもヒッピーしか使わないだろう!って ことなんでしょうね 小さな人のことは考えていませんでした (今でも 私はお店などで子供に思われます・・・)。

しかし いつからかわかりませんが この緑のバッグが発売され 派手派手しく毒々しいこの緑色が 元々派手好きのオージーの心をぐっとわしづかみにしたのか それとも丈夫でたくさん物が入ることが受けたのでしょうか 今ではいたるところで見かけます。
多分 2004年くらいからだと ちょっと考えて気づきました。
というのも 大学のドイツ人の同級生と 2003年に

「ドイツでは自分のカバンを買い物の時にもって行くの普通だから リュック持っていって コレにいれて! って 出したら 中身をチェックされて 問答無用でポリ袋に入れられた」

という話をし 2004年にノルウェーからの留学生に

「この国では きちんとした買い物袋がない」

という嘆きを聞かされた記憶が蘇ってきました。
どうやら 2004年頃から売り出されてきたようです。

さて どんな観光客にも手軽に入手可能ということで スーパーの袋。 

大手スーパー Coles のは これ↓
エコバッグコールズ

そして コールズより上を行くウルワースのが これ↓
エコバッグウルワース


うちには両方あるのですが コールズの方が持ち手が短いです。
ですので 手提げを好まれる方はコールズ 肩掛けを好まれる方は ウルワースの方がよさそうです。

ちなみに猫もこの袋がダイスキ↓
猫バッグ

・・・うちのではないんですが。

グリーン グリーン 環境に優しい と 謳ってるわりに 原料は石油じゃんか!

という指摘もあったりしますが とりあえず一回で使い捨て よりは 100回くらい使えるので 石油の使用量はかなり減ってる・・・と 考えたいところです。

スーパー以外にも オーストラリア郵便局や K-マートなんかにも同様のバッグが売られてます。
オーストラリア郵便局は 赤で折りたたみ可能なので 携帯によいです。
K-マートは水色でカワイイのですが 普通に観光するようなとこにないんですよね~。
どれもお値段は1ドルくらい。

お買い物スキで ちょっと中国製だけど 外国で服買いたい!という方や 暑いのでやっぱりTシャツ欲しい・・・という方には SUPREがお勧め。
というのも ここで買い物すると 同じように使いまわせる袋に入れてくれるから 一挙両得です。
色はピンクと白ともう一色あったような気が(ここでは買い物しないので 記憶が曖昧)。

とはいえ このエコバッグの人気にも弊害があって 元々オーストラリアに来たときに

「どうしてここの人たちは スーツ姿でもリュックをしょっているんだろうか・・・」

と ギモンに思ったくらいなのですが その傾向は根っこのところで変わっていないようで リュックがこの エコバッグに取って代わったようです。
とにかく スーツだろうが オシャレしてようが 服の色あわせなんぞ気にせず 手にはエコバッグ。
実用的なところが微笑ましいのですが しかしそれではいくらキレイにしてて・・・と 思ってしまうのは まだまだオーストラリアに馴染んでない証拠でしょうか。
ま 日本じゃOLさん 紙袋 通勤に持ち歩いてるので オーストラリア人のことなんぞ 言えませんけども。

↓ポチッと一押し どうぞよろしく

| オーストラリア | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【留学】ややこしい学位システム

この記事は海外移住レポート(オーストラリア編)のテーマに投稿しています。

この留学記事は ブロ記者に投稿しているものです。


前回は どういう教育機関へ留学するか その種類をご紹介しましたが 今回は英語学校をのぞく教育機関を無事に修了すると どんな学位がもらえるのか ということについて ご説明していきます。

日本だと 

中卒
高卒
高専卒
短大卒
専門学校卒
大卒
大学院卒

なんて感じですが オーストラリアは微妙に違っています。

Year10と呼ばれる高校一年相当で義務教育は修了です。
その後 職業専門学校に通ったり 直接働き始めたり と 就職する人たちと Year11と進んで大学 TAFEへ進む人に基本的に分かれます。

ここで大体取れるのが ディプロマ と呼ばれる資格で 日本で言えば短大卒くらいにあたるものでしょう。

しかし それ以前に サティフィケート1から4までがあり それがYear 10を修了した生徒は一番下のレベルから受講が可能。
そして サティフィケート1から順々に上へ上へと上がって行き ディプロマまで取得・・・ということも可能。

そして教育機関によっては大学と提携しており ディプロマを取得すれば大学1年度免除 となっております。
日本も今では短大卒だと大学2年を飛ばせるので それと一緒ですね。

そして ディプロマにもそのうえがあり それは アドバンスド・ディプロマ。

この2つの違いがわからなかったので 調べてみました。

で わかったこと。 

ディプロマ も アドバンスド・ディプロマも 理論的知識と実技が学べますが アドバンスド・ディプロマは
それに加えて 学んだことを実際の現場で適用 集団で働くと同時に 自分の仕事に責任を持ち 誰かの監督なしで働けるようになり 得た知識も プロフェッショナル補助レベル ということで 管理的な仕事もできる・・・というのが 違いのようです。

この他にもちょっとだけ 見学してみたい 自分に選んだコースがあってるか知りたい という人には TAFEでは ショートコースもありますので 観光ビザで渡ってきて それだけやることも可能かも。
でも それはもしかしたら 現地の人だけに許されているかもしれないので まずは問い合わせが必要です。

私立の専門学校も殆ど似たシステムで ただし もう少し期間が短いので お値段が少々高くなりますが時間のない方には最適でしょう。

さて 大学に移りますと 通常の一つだけ専攻するのではなく 2つ専攻することも可能です。
ただし その場合 学費は当然払わなくてはなりませんが・・・。
また ディプロマと 学士号のダブル取得も大学によっては可能です。

大学を卒業すると 今度は修士号。

これがまた3種類あり 1学期で終わるのが グラデュエート・サティフィケート 2学期で終るのが グラデュエート・ディプロマで  3学期で終ってマスターズ となります。
これもまた 学部学科 大学によって異なり 1年で修士号を取れるコース 大学もあれば 2年かかるところもあり 様々です。
この修士号も一学期ずつ終えることができる学校が多いので 予算と時間があわない・・・というのであれば とりあえず 1学期だけのグラデュエート・サティフィケートをとってもいいですよね。

とまあ 複雑なオーストラリアの学位システムをご紹介しました。
少しはお役に立ったでしょうか・・。

[ブロ記者]

↓ポチッと一押し どうぞよろしく

| オーストラリア | 19:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】トリュフォーの 柔らかい肌

シェアブログ1571に投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


柔らかい肌〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選11〕 柔らかい肌〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選11〕
ジャン・ドサイ、フランソワーズ・ドルレアック 他 (2004/12/15)
日本ヘラルド映画(PCH)
この商品の詳細を見る


ブリスベンのGoma 現代美術館では しょっちゅう映画を上映しており 現在はフランスヌーベルバーグ特集(これがまた ニューウェーブ なんていう英語になってて ちょっと雰囲気がないように感じます)をしています。

たまたま新聞で発見した このトリュフォーの映画。
トリュフォーは随分観たけど これは未見だったので 取るものもとらず 慌てて美術館へ。
洗濯物も後で干そう!

というわけで 美術館へ行くと 入り口のところに女性の警備員さんが立っていて いきなり

「傘はしまってください」

と言い出すではないですか。

それはいいけど いきなりそういう言い方ないだろう みたいな。
かんじわるーい。

美術館の入り口とかは 警備員さんでも顔なので 態度には気をつけたほうがいいかと思うのですが でも 色々と悪さをしたりする人もいるのと 女性なので権威を保たなくては というわけで そういう態度だったのでしょう。
でも それなら 男性にすりゃいいだけなんですが やっぱり男女平等じゃないといけないから 仕方ないんでしょう。

というわけで 肝心の映画ですが これ トリュフォーの最高傑作 ということなのですが 観ていて思ったのが

トリュフォーって 女性を愛していたというけれど 本当は女性が嫌いだったんじゃ?

一見すると 若い女性のとりこになる 中年男性の悲喜劇 であり 一見誰もが相手のことを愛しているように見えても 実際には誰もが自分のことが一番大事 という描き方は平等に見えても 女性の気持ちの移り変わりに 微妙によくわからないものがあるし 何より女性に対する

「オンナって わかんネ」

みたいな態度がなんとなく際立っているような気がしました。

それに加えて この奥さん ものすごーく怖い。
ヒステリックで 社交がダイスキ。
子供はいるけど 養育係の女性に世話は任せきり。
いい人ではあるみたいだけど なんとなく虚ろな女性で自分がない感じ。

この人の描き方を見てると トリュフォーが

「こんなオンナが奥さんなら 浮気もしたくなるってもんでしょ」

みたいに言ってるのが聞こえるような気さえします。
そういえば この次に撮った 華氏451度でも 奥さんのリンダ こんな感じでしたね。

とはいえ ラストシーン 奥様の表情がぞくっと怖くて 人の心の深淵を覗き込むようでした。

浮気相手となる フランソワーズ・ドルレアック演ずるニコールも 果たして このピエールという男を愛していたのか それとも 

「高名な文学者とつきあえる」

という いわば 有名人シンドロームにかかっていたのか どちらかというと 後者めいた描き方をされていたりもして。
そして これまた このニコールの考えていることもよくわからない。
この人 結局 浮気相手が本気になったから いやになっちゃったんでしょうか・・・。
浮気のおいしいとこだけ 欲しかった みたいなとこですか?

既婚にせよ 未婚にせよ フランス女性が皆こうなら そりゃ男性が浮気したり なかなか結婚したがらない気持ち とても理解できます・・・

という 間違った感想はおいておいて 中に出てくる当時の風俗がとても楽しい。

60年代のファッションは 今見ても女性らしくて ステキだし 主婦は 家の中でもスーツなんか着ていて お化粧もきちんとしていて もう 家ではジャージみたいの履いてスッピンの私には とても真似できません!
大体 近所だったら既に Tシャツ短パンビーサン ノーメイクで外出できてしまっていて もう日本へは帰れない・・・と 危機感さえ覚えています。

車や 家の内装なんかも 古くもモダンでこれまた ステキ。
しかし 寝室の壁は 会場から笑いがもれるものでした。

ピエール夫婦の寝室の壁は普段は下されているけれど 夜寝るときには 紐か何かを引っ張って 壁を引き上げるようになっています。
その壁に水彩画みたいな絵が描いてあって 

「そ それは ちょっとどうなんですかー!」

と 言いたくなるようなタッチ。

そのうえ 夫人がピエールと仲直りというか 床を共にするときに 昼からその壁をガラガラーと引き上げて その場にいた乳母さんが

「ああ またなのね・・・」

みたいな顔してこの夫婦の娘を

「さ 部屋で遊びましょう」

と追い立てるシーン あれは 笑ってよかったのか どうなのか 今でもわかりません。

それにしても フランスって 浮気についての映画が本当に多い!
浮気は文化 なんでしょうか・・・?
それとも 恋愛文化 ってヤツでしょうか。
どちらにしても 男女の間の葛藤 どんなに満たされていても つい キレイな人にはフラフラ~っとしてしまう男性の性 手に入らない物はどうしても欲しい 手にはいってしまえば どうでもいい みたいな 女性の理不尽さ が 存分に描かれておりました。

そして 映画から得た教訓。

何か見られて困るものがあるときは 絶対家に持ち帰らないこと!

↓ポチッと一押し どうぞよろしく

| エイガ | 20:31 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】レミーのおいしいレストラン

シェアブログ1571に投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


観てきました 「レミーのおいしいレストラン

やっぱ 

「邦題では伝わりきらないものがあるなぁ」 

というのが ありますね。

原題は

Ratatouille

で 最初の Rat で 主人公のレミーが ネズミであることと 映画のポイントとなる ラタトゥイユ を かけているんですが それは このタイトルからは読み取れません。

ま そのまんま カタカナ表記よりはよほどマシですが でも これじゃ 大人のお客さんが入らないのでは・・・?

と 不安になるような内容でした。

これは どちらかというと 子供向けというよりも ティーンや大人が対象の方がよさそうです。

また 舞台がパリということで 作り手側も今回少々大人めいたシーンがあったりで アメリカ人の

「恋の都パリ」

というものに対する憧れが よ~く見て取れます。

フランスと英語圏というのは なんとなく きらいあっているようで 互いに無視できないし 憧れを微妙に感じている という 関係があるようで アジアの一方的な西洋信仰とは ちょっと違いますね。

映画の中で描かれる レストラン業界の裏話が面白い。
これは絶対大人向け。

例えば 有名レストランのグストーは ある高名な料理評論家にめちゃめちゃに叩かれたせいで 星を一個失ってしまう。

この星は本当に大事で 一個違うだけで相当お値段 集客度 そして お店の格にかかわってくるので レストラン側は必死です。 
うそ臭い この批評家の一言で一気に名声を失ってしまう という のは 本当に恐ろしい現実。
実際 オーストラリアの有名レストランが 現地新聞の料理批評家から酷評されたことで 一気に顧客を失い つぶれてしまい 訴訟沙汰になったことがあります。 
結果 中傷蜚語ということで 料理評論家側が負けてしまったのですが 一旦つぶれてしまったお店を建て直すのは 相当難しいことでしょう。

そして この有名店ということを利用しての フランチャイズには 笑えるようで笑えない現実。

映画の中ではフレンチなのに イタリアンだの メキシカンだの アジアンだの もう とにかく 

お金お金お金

の グストーを引き継いだシェフのやり方は 例えば 台所用品を見に行くと そこで微笑んでいる ジ○イ○ー・○リ○ー とか ○イ○ェ○ とか や スーパーマーケットのパッケージの上で微笑んでる有名シェフの写真だの を 思い出すと 本当~~~~~に 有名シェフっていうのは お金になるんだなぁと 感心しちゃいます。

友情 裏切り 料理への敬意 料理人の心意気 家族の大切さ などなど 色々ぶちこんだこの映画 まさしく 色々野菜のごった煮である ラタトゥイユ そのものなのでした。

しかし 楽しめたことは楽しめたのですが ちょっと気になったことがあったので それは 続きにて。

↓ポチッと一押し どうぞよろしく

≫ Read More

| エイガ | 20:03 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

【オーストラリア】旅行者は にせ警官に注意

シェアブログ1732に投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


入ってきたばかりのニュースです。

オーストラリアへ旅行される方 街中でおまわりさんに声をかけられて パスポートとクレジットカードを渡して カードを機械に通してクレジットカードの暗証番号を入力するように言われる という事件が発生しています。

ですが これはホンモノの警官ではなく クレジットカードのスキミングをしており その後 カードから お金が引き落とされているのがわかったそうです。

下記に犯人の特徴を挙げておきます。

1) 白人 身長175センチくらい。年齢20代後半から30代前半。

2) 中東または地中海系(色が浅黒いということでしょうか) 身長180センチ以上 年齢は30代後半。

3) 同じく中東または地中海系 身長165センチくらい 年齢は 30代後半。

外国で言葉の通じない観光客を狙っているのだと思いますので たとえお巡りさんの制服を来ていても お巡りさんがクレジットカードを道端で要求することは絶対ありません。

もし そんな人に出会ったら とにかく 交番へ行こう と言って その場でパスポートもクレジットカードも絶対見せたりしないこと。
交番へ行こうとも言えなかったら パスポートもクレジットカードも持ってない ホテルへ置いて来たから一緒に行こう と 言うといいでしょう。
大都市なら JALやJCBなど 日系の企業のデスクまで連れて行くのも手かも(会社の方には迷惑だけど)しれません。

楽しい旅行が台無しにならないよう どうぞ気をつけてください。

それにしても観光立国で 日本人観光客が減ってるのが問題!って 言ってるのに こんな事件が発生したら 余計に日本人こなくなるのに・・・。


| オーストラリア | 06:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ニュース】タトゥーしますか しませんか?

シェアブログ1732に投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


オーストラリアに来て気づいたのは タトゥー いわゆる 刺青をしてる人がやけに多いこと。
3人に一人はしてるんじゃないか と 思うくらいです。

してる場所といえば 日本のように背中も一般的ですが 腕一面にって人もいれば さりげなく 足首に・・・と言う人もいます。

「ちょっと入れてきちゃった」

と気軽に入れるようで ちょっと歩くとTatto Shop なんてものにぶちあたったりします。
同居人もそういえば 背中に何やら絵がついており

「それがあると 日本では銭湯に入れないんだよ」

と 言ってみると 銭湯に入れないことより 全裸で他の人と一緒にお風呂に入る方におののいておりました。

他にも背中に日本流の刺青で 雷神を入れていた人をかつて知っており

「これ なかなか珍しいんだよね~」

と嬉しそうに見せてくれました。
日本人だけど 日本流の刺青なんて 観たことないので かえって珍しかったので いい経験でした。

それくらい 自己表現の一つだったりする タトゥー

しかし 一生消えないことで 後悔する人も多いそう。

刺青を消したくなる理由は主に3つ。

1.感性の変化

例えば HMバンドの メタリカだの メガデスなんぞを入れたはいいけど 40歳になって メタリカでもメガデスでも どっちにしても 自分 そんなに若くありません!と 思ってしまうようになったり(そういや メタリカも映画で セラピストにかかってたりしてたし)することが多い。

2.環境の変化
やっぱり腕全体に刺青があると まともな仕事に就けない・・・というもの。

3.体の変化
やはり 年をとってしまうと 刺青が似合わなくなったり 早い話 シワシワなのに刺青はちょっと・・・となってしまうそう。

しかし こんな悩みを解決する方法が発見されました。

それは レーザーで消えるインクの開発。

何千ドルか払えば 一回の処置で消えるそう。
これで これからは 刺青は気軽に入れて 気軽に消せるものになりそうです。

刺青でふと 思い出したのですが こちらに学生で来るときに健康診断を学生ビザ取得の手続きの一環として受信しなくてはならなかったのですが そのとき お医者さんに

「刺青はしてますか?」

と聞かれビックリ。

その前に一度海外に滞在してたから だそうなんですが そんなものしたこともないし 大体針怖いからそんなことするわけもないので

「いーえ 一個たりともありません!」

と キッパリ言った後、その理由を聞いてみると、

「刺青の針から肝炎に感染する人が多いから」

だそうです。

でも こちらの刺青は針が使い捨てなのですが。

しかしその後 診察台の上で 履いていたジーンズの裾をめくられ 着ていたセーターの脇を持ち上げられ 背中もぐいっとみられました。
信用されていなかったようですが こんなに真面目な私を何故信用してくれないのだろう と 憤るより先に それくらい 海外に住むと 勢いで刺青しちゃう女性って多いのかな と わかった出来事でした。

↓ポチッと一押し どうぞよろしく

| ニュース | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ニュース】夢のマイホーム in オーストラリア

シェアブログ1732に投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


を持つのは大体の人にとって夢。
オーストラリアでは 若いカップルが20歳くらいでを買うのが普通でしたが どうやらそれは本当に夢になってしまっているようです。

今日のニュースによると QLD州でのの明け渡し(Repossession)がものすごい勢いで増えているそうです。

この3年間の推移は以下の通り。

2004年 484軒。
2005年 869軒。
2006年 910軒。

そして 2007年現在の段階で 既に756軒。
多分今年の6月締めでしょうから 年間1000軒が予期されるとのこと。

この原因として挙げられているのが 2004年から5回にわたって引き上げられた利率。

今では オーストラリアの世帯は 税引き前の収入の30%を賃支払いまたは 住宅ローンの返済に充てているそう。

が買えるのは 親や親戚の援助があるか ものすごーく収入が高い人だけで 普通の世帯で子供がいない場合 子供を一生持たないかわりに を買うか 子供を生んで一生借家住まいか の どちらかを余儀なくされる世帯が多いそう。

今までは ノンキだの 脳天気だの 言われてきたオーストラリア のんびりした雰囲気がステキ などと 憧れを抱かれてきましたが 現実は相当厳しいようです・・・。

↓ポチッと一押し どうぞよろしく

| ニュース | 21:22 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【猫】おバカなのか そうじゃないのか

シェアブログdokidokiに投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


今までにを飼ったことがないので 習性などがよくわかりません。

話に聞くと独立してる といいますが うちのはちと違う。

何しろ トイレに入ってると 外で待ってたりして おちおち長居もできません。
お風呂に入ったり 歯を磨いていても お風呂場の外で待ってることもしょっちゅう。

なので お利巧なんだろうか?と 思ってた今日の夕方。

「来てごらん うちのガムツリーに花が咲いているよ」

と 呼ばれて隣家のフェンスの側に植えてある ガムツリーという木を見に行きました。

隣の家には テリアと ブルピットというか なんかわからないけど とにかく顎のがっちりした犬 それから 大きい茶色の犬が3匹おり 人間が好きというか 愛情に飢えているらしく フェンスの側に行くといつも駆け寄ってきて

かまってかまってかまってかまってかまってかまって

光線を出しまくりです。

犬の匂いがつくとに悪いので あまり触らないようにしてるのですが 今日も2人もフェンスの向こうに人が居る!と大喜びで 顎ガッチリのワンコが飛びついてきました。

すると そこへ登場。

そろそろ・・・と近寄ってきて距離を保っております。
当然 犬 吠えまくり。

するとやおら ダッシュ。
いきなりフェンスへパンチ 一発。

ひょえー!

慌てて猫を怒鳴りつけ 追い立てるものの 尻尾モフモフで

「やった!勝った!」

と得意げにミャ~だそうで。

いつもなら絶対見える距離で犬をじらして楽しんでるのに 今日は

「人間が2人もついてる!

絶対勝てる!(・・・どうやって?)」

と 踏んだのでしょう おバカなりに。

今後は危険なのでやめていただきたいですが 果たしてわかってもらえるかどうか 自信がありません。

↓ポチッと一押し どうぞよろしく

| | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【日々の話】オーストラリア女性のファッションはいかに

シェアブログ1732に投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


ファッションの都 などという言葉には程遠いオーストラリア
それでも色々なデザイナーさんを輩出しており 中には 五十川明さんという 日本人の方までいらっしゃいます。
Sass&Bide は 確かセックス・アンド・シティの サラ・ジェシカ・パーカーが履いていたので有名になったとか(違ったらゴメンナサイ)。

しかし住んでいて思うのは

日本なら オバサン といわれかねない年齢の女性でも 平気でフリフリの服を着ている(⇐これは嬉しい)

とか

胸の谷間を強調するデザインが多い(⇐これはペタンコ胸には悲しい・・・)

とか 

ペンシルスカート と 呼ばれるタイトスカートを始め どうにも歩きづらいデザインが多い(⇐これは困る)

とか 色々です。

そして 住んでいると気づかないうちに影響されていったりして。

例えば こちらに長い日本人の方たちは 大体化粧してません。
してても本当にちょっとだけ。
日本のお化粧熱は忘れ去られるようです。
こっちの人って お出かけにはお化粧バッチリしても 会社にいくときには全然してないことが よくあるからでしょうか。
ま これは 白人のオーストラリア人女性が主で アジア系の女性はきちんと週末の外出時もお化粧しています。

服装も 

部屋着?

と思われるような物が多くて Tシャツに短パンにビーサンが普通になったら アナタもオージーです。
なりたくないですが 気づくと適当な服を着て出かけている自分がいて ため息が出ます。

人間 環境に左右されるって 本当なんですね。

こういうことは しかし 文章でははっきり表せないので 写真でちょっとずつご紹介していこうかと思います。

とはいっても 素人写真 かつ 気づかれないように隠し撮りしてる上に 朝市なので オフィスで働くお姉さんはなかなか撮れないのですが・・・。

とりあえず 朝市で撮った女性たち。

まず 場所柄のせいか ヒッピーっぽい格好の女性が多いです。
オージーガール1

オージーガール2

お次はリラックス系。
週末+学生が多いせい。

オージーガール3

オージーガール4

上の女の子の着てる緑のTシャツはどうやら政治スローガンが書いてあるようです。
緑色も 環境保護に熱心なことを示しているみたい。

隣のお姉さんが履いてるパンツ これは 多分フィッシャーマンズパンツ といって ヒッピー御用達 ラクチン☆パンツ。

下の女の子の堂々たる谷間出しは まさしくオージー。

オー時ガール5

この子のスカートはかなりオージー。
ふんわり系のスカートは オージー女性にいつも人気ですが 多分涼しいからでしょう。
その隣の女の子も まさしく オージールック。
色の感じがまた 日本と全然違います。

オージーガール6

オージーガール7

そして 皆持ってる緑の袋。
これはいわゆるエコバッグで スーパーで1ドルくらいで売ってます。
安くて長持ちするので人気。

お休みのせいでしょうか やっぱり Tシャツ キャミソールにパンツ系が主。

しかし中にはなかなかきちんとオシャレしてる人もいまして。
オージーガール8

シンプルな服に 長いネックレスが 効いています。
オージーガール9

これから お仕事でしょうか。
清潔感のあふれる格好です。

オージーガール10

珍しく ワンピースとベルトの色あわせをしています。
素晴らしい・・・(てか 日本では普通?)。

オージーガール12

右の子 土曜の朝から力入ってます。
でも タイツが黒なのが残念。
何も履かない方が若々しくてよかったと思うけれど 家を出るときには寒かったのかも。

オージーガール11

この女の子はとってもオシャレでした。
着ているカーディガン 前一面にビーズとかついていてとってもステキだったし スカートの縁取りと色を合わせているのもよし。

さて 若い子ばかりじゃつまらないので 30代から40代と思われる方々も撮影してきました。

オージーレディ2

キラクな中にも 帽子と靴で色を明るくしてるので 全体が黒なのに重くなりすぎていません。

オージーレディ3

こちらの方も 白と赤でまとめています。
概して大人の女性のほうがいわゆるオシャレの基本 みたいなものに従っているようです。

オージーレディ1

この女性は 全体黒ですが 微妙に質感が違うのと 髪をまとめているので スッキリして見えます。
なんだか オーストラリア というより ちょっとフレンチ?

というわけで オーストラリア女性のファッション傾向 多少なりともわかっていただけたでしょうか?

↓ポチッと一押し どうぞよろしく

| オーストラリア | 21:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【日々の話】Toowoombaで見たモノ

シェアブログ1732に投稿
シェアブログdokidokiに投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


先週行ったToowoomba 今日も行くはずだったのに 行かなくてよくなりました。
よかった・・・。

というわけで 今日はDVDを観たりしての~んびりしてたのですが また違う日に行かなくてはならないそうです。
ワタシも行くのかしら・・・?
でも どうやら おいしいものを食べさせてもらえるらしいので それを楽しみにしています。

さて Toowoombaは なんとなく昔懐かしいオーストラリアがまだ残ってるとこでした。
せっかく写真を撮ったので (画像がたくさんで重いため) 続きにてご紹介いたします。


↓ポチッと一押し どうぞよろしく

≫ Read More

| 日々の話 | 21:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【英語】アメリカ人にも謎のオーストラリア英語

シェアブログ1732に投稿
シェアブログdokidokiに投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


日本でも方言があるように オーストラリアにも方言があり そしてそれは他の英語圏の人にはわからなかったりするようです。

日本に帰ったとき アメリカ人とカナダ人に囲まれて 質問されたのが

「どーして オーストラリア人は Good for you! って言わないんだ? それが普通だろう!」

そんなの日本人のワタシに質問されても困るんですが・・・。
大体 何が普通か 何が普通じゃないか なんて 日本語だってわからないことも多々あるというのに。
大体 そんな違いに気づくほど 英語できないんです オージーに聞いてください・・・。

オーストラリア人は このいわゆる日本語で言う

「よかったね~」

を Good on you と 言っています。

どうせなら・・・ということで 知り合いのオーストラリア人 20歳 大学3年生に聞いてみました。

彼の説明によれば

「Good for you には単純に相手にとってよかったね という気持ちしかないけど オーストラリアの場合は ちょっと皮肉が混じってるのが オーストラリア流なんだ」

とのことでした。

素直に喜ぶのが素直なアメリカ人 人のいいことにも正直に喜ばない 皮肉屋さん系のイギリス人の気質を引き継いでるのが オーストラリア人 ってことなんでしょうか。
素直になろうよ。

しかも なんかしらないけど 音全部つながってて

グドォンニャ

みたいに言われた日には

「・・・は? な なんとおっしゃいましたか?」

と説明が正しいなら 皮肉だというのに聞き返したくなったりします (何度か聞き返したこと 実際にあり)。

新しくなったTOEFLに こんな問題は出るんでしょうか。
出たら全滅だなー ワタシ。

↓ポチッと一押し どうぞよろしく

| 英語 | 22:21 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【オーストラリア】オーストラリアならではのお土産

シェアブログ1732に投稿
シェアブログdokidokiに投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


先週ご紹介した トイレのにおい消しは Valvaneさんの貴重なご指摘により手荷物に入れると 税関とのもめごとが起こりかねないことが判明。

ああ~ ますますおみやげ探しは難しくなりました。

というわけですが とりあえず オーストラリアっぽいものはないかなぁ~ と うちにあるものを漁った結果(スーパーに行けばいいのに)こんなものを発見↓。
オバルティン

これは何かというと 麦芽飲料。
これなら粉末なので 税関にも止められることなく 350gもはいってお得。

子供向けなので色々栄養強化されています。

ビタミン、ミネラル添加
人工着色料、甘味料未使用
保存料未使用
低カロリー
プロテイン8g含有

う~ん 少なくとも普通の清涼飲料よりは栄養はありそう。

それにしても麦芽飲料なら麦芽飲料らしく ふつーに麦の味というか チョコ味にしとけばいいのに なぜか イチゴ味。
やっぱり子供は世界共通でイチゴ好きなんですね。

というわけで 飲んだことがなかったけど (もらっただけで 棚に封印されていた) これを機会に作って飲んでみました。

うちでは 健康によいように と カルシウム強化の牛乳を飲んでいるのですが それを使用して指示通りに作ってみたところ。







・・・うーん ほの甘い・・・。


なんだか 甘いならもっと甘い方がいいような気がするんですが この薄甘さが 「健康」イメージを作り上げるんでしょうか。

そして 裏の原料を見ると 一杯辺り 糖分 16.5g の表示が・・・。

太りそうですが これでも 健康飲料なのでしょうか???
子供対象だから カロリー高くても消費するからいいのでしょうか?
オーストラリアの基準がよくわかりません・・・。

ダイエットには あまりよろしくないようですが とりあえず パッケージとしてはオーストラリアらしいし オフィスなんかに置いておいて 話のネタにする分にはよさそうです。
それに 17杯分あるので お土産をたくさん買っていかなくていいのも ラクかも。

↓ポチッと一押し どうぞよろしく

| オーストラリア | 19:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【留学】進路決定

シェアブログ1732に投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


水曜日 留学の話でした。

自分ですっかり忘れてて お土産のこと書いてました・・・。

で 留学するしかないー!と決意は固まりましたが 今度は何をするかというと 留学できる期間にあわせて どこで何を勉強するか を決めなくては。

前はオーストラリアは安い留学先 ということで 人気があったのですが 今ではとてもとても 

安い

なんて言葉はあてはまりません。

どっちかといえば 高い? 方かも。

それでも 気候は穏やかだし (しかし北国出身の私には ブリスベンの夏は暑すぎる・・・) 前より随分危険になったとはいえ それでも治安はまだまだマシ。

こちらへ来る前に会ったオーストラリア人に

「治安はどれくらいいいの?」

と質問すると

「北海道が100として アメリカを10とすると 50か60くらいかなー (ワタシじゃないです オージーが言ったんです)」

と答えていましたので まあ普通ですか。

そういうわけで 学費に加えて 生活費 家賃 光熱費 とか 女性ならお化粧品だの 色々とお金がかかったりするわけですので 帰国後を頭にいれて 予算を組まなくてはいけません。
勿論資金が潤沢にあれば そんな心配はないのですが。

それに 日本に帰るならその後の就職に役立つことを 勉強した方がいいですので そこまで考えて進路を決定したとします。

例えば

「自分はスキルはもうあるので 英語力を向上させたい」
「英語を本場で勉強してみたい」

なんて考えなら 英語学校でもいいと思います。

「針路変更したいなぁ」

という場合は 専門学校が 公立と私立であるので どちらか好きなほうを選べばいいです。
公立のTAFEだと 料金は安めだけれど期間が長い。
お休みも途中にあったりして さっさと帰って働きたい人には どちらかといえば 不向きです。

私立はその点 期間が短いし TAFEもそうですが 大学1年目が免除されるところもあるので 例えば IELTSの点数が微妙に足りないとか いきなり大学を始めるには不安がある という方には向いてるかも。

上記のどちらも 授業がそれほど難しいわけじゃないので 1年くらい何かを英語を使って勉強したい人には 一番でしょう。
卒業証書ももらえるし 一応短大卒 くらいの扱いにはなりますので 飾るものももらえます。
卒業式もちゃんとあったりします。

さて 大学ですが これは 相当大変です。
大変なのは内容もですが 金銭面でも。

昨年のことですが いわゆる文系で一年間で 13000ドルですから ほぼ130万円。
これが 例えば心理学とか 経済とかで 2000ドルくらい値上がり 法学部で 一番いいところなら 20000ドルっていうのもあったりして。
理系も同様の金額です。

そのうえ 教科書代も結構な値段。
半年というか 3ヶ月しか使わないのに 1冊150ドルとかあります。

そして 肝心の授業ですが 留学生だから といって大目にみてくれたりすることは殆どありません。
中には辞書すら使わせてくれない教官 なんてのもいます。(学校では 基本的に辞書は持ち込みOKです)
勿論成績が悪ければ 単位は貰えず さらに日本なら再試で救済されることが多いけれど ここでは成績が悪ければ 再試だろうとなんだろうと 平気で落とします・・・。

ということは 次回同じ科目を再受講する必要がある ということで それはつまり またお金を払わなくてはならない・・・ということ。
高い授業料がさらに高く。

というわけですので 本当に勉強したい人にしかお勧めできません・・・。

しかも これは聞いた話なので本当かどうかわかりませんが オーストラリア大学は アメリカやイギリスの大学より比べてレベルが低いと日本では一般には思われているそうで 実際のレベルに関係なく 一段 いや数段下に見られることも多々あるとかないとか。

ですが 環境学 海洋学 獣医学 などなど 理系は本当に充実しているし 環境も整っているので そういうことを真剣に勉強されたい方にはお勧めです。
授業は本当にタフだそうですが それはまあ 日本の理系も一緒ですので あまり変わりのないところもいい点ですね。

もう一度 繰り返しになりますが 自分に許された時間と予算 それから 留学後のキャリア を考えて 進路を決められることをお勧めします。

ただ 

「留学しました」

だけでは 今では日本ではあまり役に立たない とも聞いています。
それくらい留学 っていうのは 一般的になったんですね。
自分を差異化するのは なかなか大変・・・。

次は それぞれの教育機関について 今まで見てきて気づいたことを つらつらと書いていきたいと思います。
経験者の方からの意見もできたら うかがいたいと思いますので どうぞよろしくお願いします。

<↓ポチッと一押し よろしくお願いします>

| オーストラリア | 16:14 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】ミラーマスク(日本未公開)

シェアブログ1571に投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です

忙しかったのと 結局疲れてたので 映画館には今週行かずじまい。

というわけで 手持ちのDVD鑑賞。

それがこの ミラーマスク(2005)。
ミラーマスク


英語習いたての人でも覚えられるいいタイトルです。

話の筋もまあ よくあるといえば よくファンタジー映画で 思春期に差し掛かった少女の の中での自分探し とでもいえばいいのでしょうか。

設定がちょっと変わってて 主人公ヘレナが サーカスの少女で フツーの生活に憧れているわけで そのせいでお母さんとケンカ。
しかし その後お母さんが病に倒れてしまい 全部自分のせいだ と 自分を責めるヘレナは 不思議なを見て その中では 全てが仮面をかぶっている。
迷い込んでしまった世界から 元の世界に帰るためには ミラーマスクが必要 というわけで ヴァレンタインという仮面の男と一緒に捜索の旅に出ます。

というわけで の中で ヘレナは 自分とお母さんの関係や 自分の責任などを 違う人格で 自分によく似た王女さまや 闇の女王などとの対峙を通して学んでいくのですが。

いや なんか 非常に眠い映画でした。

最初 お母さんが倒れるまでが 微妙に長いんですよね。
そのあたりをさらーっと流して 世界へ突入してくれると それはそれで 眠たい っぽい 現実っぽい 絵画的世界が広がって よーく眠れるのですが(⇐やっぱり寝てる)。

ストーリーがどうの という映画ではなくて キンキラではなく 微妙に汚い いわば 銅版画の世界を楽しむ映画で 少女の心の成長 というには 少女の年齢が高すぎる気が。

だって 外国の女の子って 成長が早いですよね。
なので 15歳なんていったら殆ど大人で 少女のの世界・・・とか 悪夢世界とかを 雰囲気として楽しむにはちょっと現実入りすぎ。
主人公の年齢を13歳くらいにしたら もっと こう 夢世界が生き生きとしてたかも。

とはいえ 前に見た 花とアリス の主人公は16歳くらいだったので やっぱり女優さんの見た目年齢によるのかしら。

そのせいでしょうか 彼女が闇の世界にとりこまれてしまった後の ゴスというかパンク風のお化粧は 様になってましたが。
mirrormask

とはいえ この想像力というか イマジネーションには なかなか圧倒されるものがありましたので とりあえず アート映画が好きな方で 我慢強く 映画を観ても寝ることが少ない方 チェコの人形劇とか好きな方にも とても楽しめる映画でしょう。 
お客さんが来たときなんかに 背景として流しておくのにうってつけ。

後 眠れないときとか お勧めですね。
多分 30分しないうちに眠れる・・・。

↓ポチッと一押し どうぞよろしく

| エイガ | 20:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ニュース】男と女の温度差

シェアブログdokidokiに投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


昨日ご紹介を忘れてたニュース。

オーストラリアではないのですが イギリスの心理学者のリサーチ結果。

50名の被験者に30人の異性の写真を見せて ちょっとだけのお楽しみ と 長くおつきあいを続けたいタイプを それぞれ選んでもらいました。

その結果 男性と女性では 当然ですが 違う結果が出たそうです。

女性の場合 ちょっとのお楽しみの場合

「いい遺伝子が残せそうな人」

というわけで 男らしく たくましく 健康そうなの人を選ぶけど 長くおつきあいを続けたい時は

「いい性格そうな人」

というわけで 優しそうで 信頼が置けそうな人 を選ぶそう。

かわって 男性は 短いおつきあいを楽しみたい場合

若くて 優しそうで 信頼できそうな人

を選ぶとか。

しかし記事には男性が 長期間おつきあいを続けたいタイプとして どんな人を選ぶのか載ってなかったので 元々の発表を見にいって 発見したのがこのおたち。

左から 短いおつきあいをしたい殿方 長いおつきあいをしたい殿方 短いおつきあいをしたい女性 短いおつきあいをしたい女性 となっております。
Long


自分のと比較して 自分が 遊ばれるタイプか 真面目なおつきあいタイプか 考えてみるのも楽しいかも (でも 遊ばれるタイプには 入れてもらいたくないですよね)

元ネタはこちら↓
調査結果の発表サイト

| ニュース | 19:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ニュース】第三の格安空の旅 登場

シェアブログ1732に投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


本日オーストラリアに第三の格安航空会社が登場しました。

シンガポールを拠点とする タイガーエアです。
その名の通り 機体にもトラが・・・。↓
タイガーエア

メルボルンを基点とし 運行開始予定は11月23日。
運行を記念として メルボルンからタスマニアのランセストン と ゴールドコーストなどの旅が 税込み14・95ドル

・・・やす!

その他の格安得別便は ロックハンプトン マッカイ サンシャインコースト行きで これまた $24.95

販売は 9月23日まで。

通常運行としては9路線を予定しており 毎日パースへ運行 週に3日 アリス・スプリングス便が飛ぶ予定です。
メルボルン在住の方 これはいいチャンスですね。
もう残ってないかもしれないけど 電話をかけてみる価値ありです。

ワタシものぞきにいってみようっと。

| ニュース | 20:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ニュース】豊胸手術は精神的問題解決のため

シェアブログdokidokiに投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


胸がぺたんこで悩んでいるオーストラリア女性に朗報です。
海軍に入れば 10000ドル(百万円)の豊胸手術を 負担してもらえます!
さあ 皆さん 海軍へ。

というのは嘘ですが 入隊者を増やすためのキャンペーンかと思うような出来事が。

海軍の女性兵士が2人 豊胸手術を受け しかもそれは税金から払われたそう。

手術を担当した整形外科医は

豊胸手術はあくまでも美容上のためで 一人たりとも精神的問題を解決するために 受けた人は 自分の経験ではいませんね」

と述べているにもかかわらず 海軍側は

「この措置は この2人の士官の精神的問題解決に必要であったのです」

と回答しております。

いやでも 精神的問題があるなら まずカウンセリングを受けさせたほうが・・・。
それに精神的問題があるなら 除隊してもらった方が・・・。
そんな兵隊さん 仕事できないだろうから。

もういっそのこと

「最近人が集まらないんで こうでもしないと 人が集まらないんですよ!許してください!」

とでも 言ってしまった方がよいような気もします。
ついでに 女性兵士獲得のために これを売りにしちゃっても。

「海軍入隊すると 美容整形がもれなく一回ついてきます。どこでも 希望の箇所 お直し可能!」

とかね。

それにしても この国は 本当にいわゆる

「セクシーである」

ことが重要である国だなあと こういう報道を見かけるたびに思います。
かつてフランス人の友達が言った

「セクシーとは 耳と耳の間にあるもののことだよ」

という言葉なんて 男女を問わず オージーの大半にとっては あんまり意味のないコトバなのかもしれませぬ。 

↓ポチッと一押し よろしくお願いします

| オーストラリア | 20:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月