Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

2006年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オーストラリアは バンダバーグ ってどこ?

今日これから バンダバーグへと 旅立ちます。

バンダバーグって 何あるとこ?どんなとこ?

と 質問したい方 多いでしょうが 


はっきり言って


ワタシも さーーーーーーーっぱり わかりません!

知っているのは 

コレ↓
ジンジャービール

トカ

コレ↓
ラム1

トカ

コレ↓
ラム2

トカ です。



・・・お酒関係ばっか。

飲まないワタクシには 最初のジンジャービールだけがOK!

ジンジャービールとは ビールと言っても ビールではありません。
ジンジャーエールの くそ甘いものですが 多分に甘党のオージー好み? と 疑っております。

次の写真2枚は バンダバーグは さとうきびで有名で つまりラムの名産地。
最初のは 缶入りの ラム&コーク。
次のは 純正ラム。
北極クマが トレードマーク。

で、この バンダバーグラムのマスコットのくまちゃん カワイイです。

なので お土産屋さんで このTシャツよく売っていますが いつも買おうかどうしようか 悩みます。

これって 観光客向けなんだよなー 

というのと

これ着てるってことは 

自分 飲めます!

って 宣言してるようなもんなので 人懐こいオージーのこと このTシャツを着て 間違って歩こうものなら

「お キミも ラム好きなの! いいねぇ~」

などと 話しかけられ 下手をしたら パブへ連れ込まれ お酒飲まされます・・・。

どんなのかというと ↓こんな感じ
くまちゃん

この くまちゃん オーストラリアを象徴する カンガルーと エミューを 両脇に抱えてご満悦のご様子。



・・・この後 食っちゃおう♪とか 考えてたりしてるみたい・・・




それでは さとうきびと フルーツピッキングと ラムで有名なバンダバーグ へ 行ってまいります(なんだ 結構 知ってるじゃん!)

というわけで このブログを読んでくださった方 本年はどうもありがとうございました。来年も また よろしかったら 読んでやって下さい。

それでは 皆様 よいお年を!

人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてくださると嬉しいです☆
スポンサーサイト

| 英語 | 15:03 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マイアミ・バイス - アジア女性は セクシー?

マイアミ・バイスは テレビ版は昔見たけど それほどファンにはなれなかった。どうしてかは わからないけれど あの能天気感が いやだったのだろうか それとも 青々としたマイアミと 犯罪が結びつかなかったのだろうか。LA.Lawなんかは 好きだっただけに 理由は今でも不明。

なので 先入観なし 思い入れなしに マイアミ・バイス映画版を 鑑賞。

いや きれいね 映像。

南米の海とか キューバのむんむんとする 熱気が伝わってきました。

監督のマイケル・マンは オトコ向けの映画を撮ることで知られているけれど そのせいか 彼の映画を観て ああオモシロカッタ~ と 映画館を出ることは少ない。同じオトコ向け映画監督は たくさんいるけれど 何故だろう これまた マイケル・マンの映画を観て すっきりすることはあまりない。

多分 出てくるキャラクターが どの人も あまり好きになれない 共感できるところが少ないのが その原因だろう。オトコ向けでも 例えば ジャッカルの日(古い方ですから)なんかだと どうなるんだろう・・・ドキドキ と テロリスト側に肩入れすることもできるし フレンチ・コネクションだって ポパイ!やれ!と はらはら見守っていたりするわけだけれど どうも マイケル・マンの突き放した演出と どうにも現実味のない キャラクター造形は ある意味 「男のロマン」的な描かれ方をされているよう(除く コラテラル。途中までは大傑作)。

女性の描かれ方も どうにも単一で 深みがない。
大体 女性が重要な役割を占めることがないのが 彼の映画の特徴だったような覚えがある。でも、このマイアミ・バイスでは 主人公のロッコとソニーが関係を持つ女性たちが 結構サスペンスを盛り上げる役割を持っている・・・はずなのだけれど 確かに セクシーなシーンは多いし 女性たち 脱ぎに脱いでいる。
だけれど 大事な部分は必ず隠されており ジェレミー・フォックスと コリン・ファレルという セクシー男優とのからみシーンでも なんとなくエロさが薄い。
こんなことなら 女性との関係が サスペンスを盛り上げる!という 

「そういうシーンないと 女性客来てくれないから、悪いけど そういうシーン入れてくれない?」 

とでもいう 製作者側の注文が聞こえてくるようだ。

そして 男性客の期待にこたえる女性陣は アフリカ系に アジア系。
アフリカ系が セクシー というのは 確か MI2くらいから観られていた傾向だけれど 最近多いのが アジア女優のメイン。これまた 世間の動向に敏い トム・クルーズは MI3で マギー・チャンを使い 集客UPを図ったものの、一緒に観に行った オージー友達(オトコ)をして

「アジア女性があんなふうに いかにもヨーロピアンですよ、みたいな 服着たりしてると なんだか無理してる・・・って 感じがして あまりセクシーじゃないなぁ」

などと評されていた。

この アジア系女性がセクシーというのは ルーシー・リュウだの サンドラ・オー(個人的にはこの人 美人でもセクシーでもなんでもないと思うのだけれど・・・)だのが 代表しているのだろう。この映画でセクシーな美女を演じるのは 中国代表 ゴン・リー。Sayuriの初桃さんだけれど 監督がZhang Xiyiへ浮気してから 仲が険悪というのは 本当だろうか。

それにしても 残念なのは 日系美女が少ないこと。
肝心のSayuriでも 殆どの役は 中国系に取られてしまった。
今 世界を台頭しているアジアン女優も 香港系が多い。

勿論彼女たちは元英国領 ということもあって 英語に対する抵抗は 日本女優よりも低いだろう。だけれど 彼女らの英語を聞いている限り ものすごく上手!ということはない(Zhang Xiliを見よ)。
日本女優も 日本だけで満足せずに 外国へどんどん出て行ってもらいたいものだ。工藤夕貴さんのように。

というところで、Babelの菊池凛子さん、ゴールデングローブで助演女優賞にノミネートされています。
ノミネートだけで終わらずに、真田広之さんとかのように 頑張って世界を目指して欲しい!(栗山千明はどうなったんでしょうか・・・)そして 単なる セクシーな役割だけではなくて 主役を張れるようになっていってもらいたい!と 願っております。

で、マイアミ・バイスですが。

とにかく サウンドトラックは いいです。
映像もとても きれいです。
何も考えずに 観る映画。

同居人は 昨日初めて

「ああ、字幕があって よかった。そうじゃないと 何言ってるかさっぱりわからない」

と漏らしておりました。
しかし 字幕がついていても ナゾの略語が多くて さっぱり。

Transpo が Transportation だっていうのは わかったけど・・・。でも もう一度観て確かめるには 時間が惜しい・・・って 言ったら この映画のファンに怒られるかもしれませんので 先回りして謝っておきます、ゴメンナサイ!

人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてくださると嬉しいです☆ 

| エイガ | 11:53 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ホワイトクリスマスの夢叶ったり

今年のクリスマス オーストラリアは 本当に涼しくて サンシャインコーストで過ごした26日 Boxing Dayは 肌寒くて カーディガン着ていました。

というわけで 史上初めて?という ホワイトクリスマスが オーストラリアで見られました。場所は ビクトリア州とタスマニア州。

元々タスマニアは寒いことで有名ですが ビクトリアは ここ一ヶ月ほど 山火事と干ばつで 困っていたところでした。タスマニアでも 山火事は発生していたところ。

記事では もし雪が降れば 奇跡だ という発言がありますが 奇跡は本当に起こったのでした。これで 消防士さんたちも お休みできたようです。

テレビのニュースを見ていたら わざわざ 燦燦と日がさす 暖かい真夏のクリスマスを楽しみに来た イギリス人観光客が、

「これじゃ イギリスにいるようなもんだよ」

と ぼやいていたのは お気の毒でしたが。

というわけで 雪降るオーストラリアをご覧になりたい方は 以下のサイトをご覧下さい。

The Age 12月25日記事その1
The Age 12月25日記事その2
シドニーモーニングヘラルド12月25日記事

人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてくださると嬉しいです☆

| ニュース | 18:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

忠猫 現る

昨日 ケアンズで ぼやがあったのですが なんと 飼っていたが 家族4人の命を救った! という 報道がありました。(元ネタはThe Age 12月29日版

昨晩2時に 家族が寝ていたところ 一家の男性が寝ていたマットに タバコの火が燃え移りました。
そこで 飼いが この男性の顔をバリバリ。
目が覚めた男性は 慌てて家族を起こし 火事はたいしたことなく 済みました。火災報知器は設置されていましたが 煙のレベルが報知器を鳴らすほどではなかったそうです。

このお話から得られた教訓。

1. 寝タバコは絶対ダメ
2. もたまには 役に立つ
3. こないだ 間違って鍋を焦げ付かせてしまい 家中煙で一杯になっていたのですが その際にも 火災報知器は鳴らなかったので あまり信用ならない

いや、まず 鍋を焦げ付かせないことが 第一なんですけども。

年末は皆様 火の元にご用心を。

人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてくださると嬉しいです☆

| ニュース | 18:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブリスベンの新しい美術館 GoMA 訪問

せっかくのクリスマス後セールなので シティまでお買い物に出かけました。
いえ 思いがけずにクリスマスプレゼントをいただいてしまったため 何か買わなくてはいけなかったのですが けちんぼうなので セールで買おう と 決定。セールなら 3割引きなので 予算よりもいいものが 買えますもので。

続きはこの後をドウゾ⇒

≫ Read More

| 日々の話 | 11:45 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ディパーテッド - 自分は自分で自分じゃない

日本ではお正月映画 の 扱いですが 字幕をつけなくてもよい オーストラリア アメリカと同時公開でした。

香港版インファナル・アフェアは未見だけれど、マーティン・スコセッシはダイスキなので、絶対観なくちゃ!と映画館へ足を運んだのですが、ちょっと今までのスコセッシとは違う。

というのも、今までは中心人物があって、周りを取り巻く、というパターンだったのが、原作つきなせいか、群像劇となっている。

暴力で満ち満ちている!のはいつもどおりのスコセッシだけれど、今回は

「他者から見た自分と自分から見た自分のギャップ」

というのがポイント。

前のスキャナー・ダークリーと一緒だけれど、人間と言うのは社会的生き物であって、他者という存在があって初めて自己が存在し、その存在というのは他者からの視点、他者からの認識が自分という存在を社会にて位置づける重要なアンカーとなる、ということを改めて思い知らされる。

志を持って出自に反抗するかのように、努力して警察学校へ入学したものの、自分の出自のせいで囮捜査官として裏社会へ戻らなくてはならなくなるレオ演ずるビリー。
対して子供の頃からアイリッシュマフィアのボスに可愛がられ、警察官となり情報を流すようになるマット・デイモン延ずるコリン。

二人とも本来自分が属しているべき場所ではないところに配置され、自分ではない自分を評価される、という皮肉。勿論それが彼らがマフィア、警察、とそれぞれが本来の居場所ではない場所で評価されるのが本来の目的だけれど、人間は自分が評価されるところに愛着を覚えるのが元々。
特にビリーはマフィアの親分にも、警察で面倒を見てくれる上司にも父親の存在を見ているように演じているのがレオの演技の上手さをうかがわせた。
対してマット・デイモンだけれど、元々ファンじゃないせいもあるけれど、レオと比べるとコリンの焦りや不安が演じ切れていないようにも見受けられた。まあ、自分の英語力の不足もあるだろうけれども。

この「自分が自分であるのに、自分ではない」という不安はどうやら最近のアメリカ映画のメインテーマとなりつつあるようだ。この傾向はどこから出てきたのか、考えるのも面白い。

オリジナルではあまり重要ではなかったという女性の役割が大きくなっていたのも意外とよいアレンジだった。別々の女性が演じていたらしき恋人の役割を一人に集約。
その結果、女医が添え物ではなくて、主人公二人の葛藤、その後の結末に至るまで重要な役割を負っており、さすがスコセッシ。刺身のツマでしかなかった役をうまく生かしている。いわゆる美人女優を使わなかったのも上手。本物らしいし、主人公二人が同じ女性に惹かれていくのも、単に美しさではなくて中身だ、というような説得力を持っているようだ。

オーストラリアでは4つ星半などの高評価を得たが、スコセッシ好きからは「スコセッシらしさが消えた」などと酷評されていた。主人公の内面の掘り下げが足りない、とか、あまりに表層的すぎる、というが、自分には十分オモシロカッタ。ただ、ラストシーンは余計だと思ったけれど。

自分としては見ている間中、ジャック・ニコルソン演じるマフィアのボスがデ・ニーロだったらなぁ~とずっと思い続けていたが、アイリッシュという人種の点で、デ・ニーロだとちょっと無理があったので仕方がない。と思ってしまったのは、どうも最近ジャックは悪そうな顔してるので、見るからに悪い奴を観てもなぁ~というのが・・・。あからさまな狂気ではなくて、ニコニコ優しそうに笑っていても実は狂気、残虐さを秘めている、というのがデ・ニーロの魅力だと思うのだけれども。

ま、二人とも 名優で 最近はこういう凄みのある俳優さん なかなか いませんよね。こうなるかも?と 思ってるのは レオもそうですが 意外にブラピも? とか 思っています。かつては 「オレにはオスカーは取れない(他にいい俳優さんが多いから)」と 言っていたそうですが 最近 Babel を 観て ちょっと考えが変わりました。

タイトル Departed というのは 死者 という意味。全ての登場人物が 死に 関わっている という 意味合いだったのでしょうか。それとも 自分が自分ではなくなってしまう ということ 自体が 人間としての死 ということだ という 意味だったのでしょうか。スコセッシに聞いてみたいもんです。

それにしても マーク・ウォルバーグ の英語 全然わからない! と 観た後 同居人に訴えたところ 

「あー 4文字言葉 連続だったしね 早いしね 自分もわからないとこ 結構あったし あれは わからなくても 仕方ないよ」

との慰めをもらいましたが 4文字言葉は全部わかった! とは 言えませんでした・・・。

人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてくださると嬉しいです☆

| エイガ | 09:36 | comments:20 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

オーストラリアで Coolum ビーチを 散歩

オーストラリアの東海岸は きれいなビーチが多いので とても有名。
ゴールドコーストは 80年代には 日本人の新婚さんで 賑わっていたし ケアンズは グレート・バリア・リーフで きれいな海とさんご礁を見られることで 知られています。

一方 サンシャインコーストと呼ばれる ブリスベンの北側にあるビーチは ゴールドコーストに比べると 日本人観光客への知名度は 今ひとつ。オーストラリアにいる人には 有名みたいなんですが。特に ピッキングとか する人たちには 農場が多くあるので 有名かも。

今までは オサレな ヌーサばかりだったのですが 今回は 同居人のご両親が その手前に住んでいるので もっと観光化されていない Coolum へ 行きました。
あ、でも ヌーサにある ユースホステルは 歴史的建物を 改築したものなので 泊まる価値あり です。

さて Coolum ですが クリスマスということで 殆どのお店は お休み。しかも 行ったのが 暑さのすぎた夕方なので 人出はあまり多くありませんでした。でも 泳いでる人はたくさん いましたが。

海岸沿いには遊歩道があるので そこを歩きましょう ということになりました。
クーラム

遊歩道沿いには 松の木があったりして。

クーラム2

おや、遊歩道から降りていったところに 何か看板が。
近づいてみましょう。
看板

所謂 

足元注意!危険!


という奴なのですが それにしても この転がり落ちてる人 とか 足元滑らせてる人 妙~に 嬉しげな気がします。
楽しいのでしょうか??? それとも 浮かれてて 「あーれー!」 って 落ちちゃっているんでしょうか?

というわけで だらだら歩いている私たち一行を 追い抜かすでもなく 一緒に歩いていく見知らぬ方たち。
そして 風はびょうびょうと吹き荒れており 「ああ スカートをはいていなくて 本当によかった」 と 安心。マリリン・モンローの二の舞になるところでした。

クーラムビーチ3


さて 遊歩道の端まで行くと 見晴台になっており また違うビーチが広がっておりました。こちらの ビーチには ライフセイバーもいませんでしたので 泳ぐにはちょっと危険かもしれませんが、自由に泳げるから こっちの方がいいよね と オージーの同居人は 言っていました。泳げない私には 関係ないんですけれども。

クーラム3


きれいなビーチを見ながら 休憩。
さて 来た道を戻って 今度は ビーチウォークにしました。

クーラムビーチ


海風が涼しくて 気持ちよかったです。

クーラムビーチ4


クーラムビーチ2


足を水につけたまま 振り返った夕陽。

そろそろ遅くなって来たので 帰りましょう ということで 近くの水道で足を洗って 車へ戻る途中 通り過ぎかけたバスの待合場所に 人魚発見!
クーラムの人魚

そして 隣にはダイバーが。
クーラムの人魚2

写真ではよく見えないけれど 手にはバスのチケットを持っています。 人魚にチケット渡して どうしようっていうんでしょう!
クーラムの人魚3

しかも ダイバー サメと巨大タコに狙われています。
確かに最近 こちらのビーチ サメが出現していますが 巨大タコは まだ。

Coolumのことを もっと知りたい!という方のために 公式サイトなど 以下にリンクを張っておきます。

クーラム公式ガイドの Photo Gallery
⇐バーチャルツアーなんかもあって ちょっとした観光気分が楽しめます。

クーラムについてのサイト
⇐英語だけですが 歴史について学べます。

Mt.クーラムキャンプガイド
⇐クイーンズランド州政府による Mt.クーラムについての簡単な説明が載っています。

車で旅行される方は どうぞ 一度 お立ち寄り下さい。本当にきれいな ビーチでした。

人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてくださると嬉しいです☆

| 日々の話 | 21:22 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニコール・キッドマン ダンナとやり直し

今日のオーストラリア紙で 報じられていたのですが ニコール・キッドマンの旦那さん であり 有名なカントリー歌手である キース・アーバンが アルコール依存症治療のために 入所していたリハビリ施設から 退所した ということで 久々に二人が連れ立っているところが 写真にて報じられました。

さて せっかく結婚したばかりの御二人には 頑張ってやり直してもらいたい!と 願うばかりです。何せワタシ ニコール ダイスキなので。

ということは おいておいて。

ニコール この 髪型とお洋服は 39歳には ちょっと???(ここ⇐を参照してください)

美人なのはわかるし スタイルいいのも わかるけど これはちょっとやりすぎでは?

人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてくださると嬉しいです☆

| ニュース | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスケーキ お披露目

皆様クリスマスはいかがお過ごしでしたか?

無事サンシャインコーストより戻ってまいりました。

いや、疲れた疲れた。
よそのお宅にお邪魔するのって本当に疲れます。

コンニチワ と、お邪魔すると

「待ってたわよ~」

と 同居人のお父さんお母さんが歓迎してくれました。

で、いきなり

「これ、クリスマスプレゼント」

と お菓子や食材のたっぷり入った袋を渡されました。オリーブオイルだの ケイパーだの 高価そう・・・と ドキドキ。

プレゼント


どうやら よく料理をしている ということを 同居人から聞かされていたそうで 後で

「お料理 すきなのよね」

と 言われてしまい いつも適当なものしか 作っていません と 答えるのが憚られました

こちらは ガーデニングが好きということで 殺虫剤や肥料など ガーデニング用品一式を 差し上げたら喜ばれました。

おうちの中には 大きなクリスマスツリーはなく こんな感じで普通の木に飾りつけが。
ツリー

これはこれでかわいらしい。

そして 手土産に買って行ったケーキのお披露目。
これが予想以上にステキでした(そして大きかった)。
クリスマスケーキ


日本で食べるクリスマスケーキは ふわふわのスポンジケーキにクリームとイチゴ、なので そういうのにしようかなと 注文するときに考えましたが、日持ちがしないというのと せっかくなので伝統的なクリスマスケーキを注文したら フルーツケーキ でした。

写真で見てもわかるように ナッツとドライフルーツたっぷりで スパイスも効いていて 蓋を開けると ふんわりいい匂いが立ち込めます。それが嬉しくて 何度も蓋を開け閉めしてしまいました。

お母さん曰く、

「昔は自分で作ったんだけど 最近は面倒で」

だそうで、フルーツをリキュールに漬けたりで 2~3日準備にかかるとか。来年は自分で挑戦してみようかな。

さて クリスマスのご馳走ですが 七面鳥の丸焼き とかではなく 冷たいお肉にソースを添えて という 形式でした。

クリスマスのご馳走


メニューをご紹介しますと 手前から コールスロー チーズとニンジンのサラダ 冷製お肉 チキンとローストポーク に クランベリーのソースと マンゴーチャツネ。お肉はただ 焼いてあるので それにソースまたはチャツネを載せていただきます。その向こうが グリーンサラダにポテトサラダ それから ハムと シルバーサイドと呼ばれる 牛肉のハムみたいなもの。それから 果物。

誰もお酒を飲まないので オレンジジュースと 発泡性のりんごジュースと グレープジュースが お飲み物。このグレープジュース どうやら 今年は人気があったようで スーパーには殆ど残っていませんでした。最後の一本を 持って行ったら あちらのお宅にもありました。

そして デザートは お父さんお手製のトライフル。
とっても イギリスちっく。

しかし 悲劇が。

お父さん、せっかくきれいにきれいに作ったのに 冷蔵庫から出すときに 落としてしまいました・・・

お父さん曰く

「abstruct な ケーキだよ」

だそうで・・・。
とライフル

・・・残念な見た目ですが、味はそれほど甘くなく おいしかったです。

内容は下には イチゴゼリーで固めたスポンジがしいてあって その上にカスタードと生クリームが段々に重ねてあります。その上に 桃が載せてあって 真ん中にチェリー。このチェリーは 私に配られました。仕上げに アーモンドがぱらぱらっと のっかっています。

こちらのお宅 とっても イギリスの伝統的な食事を用意してくださいました。いわゆる オージー流の シーフードカクテルに バーベキューに ビール とは 全然違っていて ちょっとヨーロッパ気分の クリスマスでした。

その後、近所のCoolumというビーチへ行きましたが それはまたこの次に。

人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてくださると嬉しいです☆

| 異文化体験 | 09:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オーストラリア人 クリスマスのご挨拶は?

日本は とりわけ 地元札幌はホワイトクリスマスらしいです。
ああ懐かしい 雪の降るクリスマス
暖かなお部屋で チキンを食べたり ケーキを食べたりしたいなぁ。

というわけで いよいよクリスマス商戦も 山を越しつつある中 同居人の クリスマスショッピングにつきあわされました。といっても ガーデニングショップに行ったのと 実家に持っていく ケーキを取りに行ったのですが。クリスマスなのに ホームセンターみたいなところに たくさん人がいる オーストラリアって 本当にガーデニングが 好きみたい。

さて いつもお世話になってるCherryさんのところで クリスマスのご挨拶は正式には Merry Christmas! 他はマチガイ! と読んだのですが 実際 (なんでも適当な)オージーはどうかしらん と 興味津々見守っていたところ

あるわあるわ 色々です。

お店のおっさん曰く

Have a nice Christmas!

それに返した 同居人曰く

Have a healthy Christmas

なんで healthy? と 訊いてみたところ、家族全員揃って 元気で幸せなクリスマスが過ごせるように って ことだよ と 教えてくれました。
さすが 家族を大事にする と 言われているオーストラリア人。
と 一瞬 感心したところ、

「だけどね」

と 付け足しが。

「浴びるように 酒飲む人が多いから 二日酔いとかしないようにね ってことが 一番の理由だけどね」


だそうです。

やっぱりオージーって・・・。

買い物が無事済んで 美術館へ行き カフェで休憩。
カフェのお姉さんは きちんと Merry Christmas というワタシに にっこり笑って

Have a great Christmas!

と言ってくれました。

その後 牛乳が切れていることに気づいたので 慌ててスーパーマーケットへ。

明日のご馳走の準備に殺気立っている お客に 大量のお客の大量の買い物に 疲れているレジ係。そんな中 牛乳2パックと 丁度半額になった 鮭 (こちらでは 贅沢品) だけを 抱えて どうもアリガト というと ニコリともせず

Have a happy Christmas

と履き捨てるように言われました・・・。
少しもHappyな気持ちにはなれませんでしたが 疲れている中 言ってくれただけ ありがたいと思わなきゃ。

オージーって どうやら バリエーション豊富みたいです。
正しくないかもしれないけれど 家族が一同に介して 楽しく 気持ちのよい 時を過ごしてくださいね というのが 元々の意味なので そういう気持ちが伝われば それでいいんだよ! というのが オーストラリア流 ってことかしらん。

とりあえず このブログを読んでくださった皆様方に 

Merry Christmas!

明日から 二日ばかり サンシャインコーストまで 同居人さんの ご実家まで 行ってまいります。オーストラリアの 普通のご家族が どんなものを食べるか ご馳走チェックしてきます。

人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてくださると嬉しいです☆

| エイガ | 21:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界に届ける クリスマスプレゼント

日本は24日 クリスマスプレゼントの交換が行われていることでしょう。

まだ買ってない~ と 慌てている方 いらっしゃるでしょうか。ちなみに ワタシはその一人。

いつもお世話になってる同居人に 

「何か欲しい物はないですか」

と 質問したところ 

「特にないよ」

ということで 困ったなー と 思っていると

「じゃあ こんなのどう?」

と 提案してきたのが こちら(日本語版はこちら)。

いわゆる貧困な国の人たちに 単に寄付をするのではなくて 公平な取引をすることで 自立を援助する というのが この組織の信念。元々はイギリス発祥です。
こういう組織って 偽善的でイヤ!という 考えもありますが それは置いておいても 変わったものをプレゼントしたいときに 結構 普通のお店には置いていないいいものが揃っているので こちらのお店に行っています。

最近買ったものでよかったのは オーストラリアのアボリジニと呼ばれる 先住民族が使っているとかいう スパイス入りの塩。
ベトナムから直輸入のバッグや グアテマラからのアルパカ手袋など 色々あります。あげた人には喜ばれたようです。

さて 同居人さんのリクエストは ニワトリでした。

「増えるのが早いし 卵は栄養がある上に 保存が長期間可能」

と 何故 山羊をあげないのか? という 質問に対して 理由をあげてくれました。

日本のサイトより オーストラリアのサイトの方が 商品が豊富でお勧めです。ただの モノ じゃなくて 誰かの役に立てるプレゼントって 本来のクリスマスの精神にのっとった ギフト ですよね。

というわけで ニワトリ 5羽購入しました。
アフリカのどこかのご家族が 毎日 栄養あるものを 食べられますように。

人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてくださると嬉しいです☆

| 異文化体験 | 20:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オーストラリアで クリスマス ランチ

クリスマスなので 街中が浮かれております。
木曜、金曜と ショッピング三昧。一体いくらお金を使う気でしょう オージーってば と 年中貧乏な ワタシは ひたすら羨ましい限り。一人頭 $850 プレゼントに使うそうで 円安の今 そのまま 8万5000円 ってとこですね。日本のバブル期を彷彿とさせます。

そんな中 お友達と クリスマスランチ してきました。

場所は お友達の家の近くのシーフードカフェ。
やっぱり オーストラリアクリスマス と 言えばシーフード☆ というわけではありませんが(笑) 友達の指定です。

その辺で フィッシュアンドチップス 要は 魚と芋の揚げ物で ロンドン行ったら 食べなくちゃ! とか ガイドブックによく書いてありますが イギリス文化を そのまま残すオーストラリアでは 学校の傍とか カロリーを気にせず おやつを食べたい子供目当てに スナックショップがよくあります。

しかし 行ったお店は ちょっと小じゃれたお店でした。さすが 若いキャリアカップルは違う。

まず 料理の仕方が 焼く 揚げる のいずれかで 揚げるのも 衣をつけただけ もしくは パン粉をつけて揚げる かを選べます。

カロリーを気にする お友達は 当然! 焼いてもらっただけでしたが カロリーなど気にせず おいしいものを追求するワタシ しかも 揚げ物なんて 暑くてつらい作業 家ではしたくないので 当然 パン粉つけて揚げて貰いました。
 
サイドとして ポテトフライとサラダ。
↓こんな感じ
フィッシュアンドチップス


どうです!おいしそうでしょ!
実際おいしかったです。

魚は Whiting という小さな魚で キスでしょうか。白身のおサカナです。

お友達のパートナーさんも ご一緒でしたが 彼のは Snapper という 鯛。
男らしく(笑) やはり 揚げ物です。
フィッシュアンドチップス2


友達の 「太るよー」 という 言葉に負けず うまうまと ほおばる二人。大変おいしゅうございました。

つけあわせの ポテトフライ も 忘れずに。
真ん中のサラダは グリークサラダ。
オリーブオイルと 塩 酢 で シンプルに 生野菜と オリーブと フェタチーズ を 合えたモノ。
オーストラリアでは とても 一般的なサラダです。

しかし 盛りはご覧の通り 豪快。
お皿を運んできた お店のおばちゃんが 

「あなたは このお皿には 小さすぎる!」

と 笑っておりました。

揚げ物食べて 太るついでに いっそのこと と いう訳で ついでに こんなものまで オーダー。

アイスコーヒー

悪名高い アイスチョコレート。
上には 生クリーム どっさり。
下には アイスクリーム たっぷり。

でも おいしいんだ これが
クリスマスだから いいよねー というわけで 晩御飯は 控えめにしておこう と 思っております。

さて お料理の 言葉。

おサカナとか 焼くのは 

Grill

です。
bake というのも 焼く という 意味ですが こちらは オーブンで焼くこと。なので パンとか ケーキとか クッキーとか。
面白いのは 日焼けするときも この単語を 使います。
なんだか じりじりと 時間をかけて 焼く ってことみたい。

衣をつけて焼くのは batter で 野球のバッターと同じ綴り。そのまま 名詞としても 動詞としても 使えます。ビール入りの衣が 多いらしい。てんぷら揚げるときは こちら。

おなじみ パン粉をつけてあげるのが crumbled ですが しかしこれは どちらかというと 辞書的にはあまり よろしくないようで crumb の方が パン粉をまぶす という 正式な意味ですが 両方とも ぼろぼろ、粉々にする ⇒ パン粉をまぶす に なったのでしょうか。

オーストラリアに来たら 新鮮なシーフード 是非お試し下さい。そして お店の人に 何か聞かれたら 「ああ、どうやって 料理するか 聞いているんだな」 ということで 上の3つを 覚えておくと とっても便利かと。

人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてくださると嬉しいです☆

| 日々の話 | 21:34 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガンタナモ 僕たちが見た真実 - 冤罪ってコワイ

マイケル・ウィンターボトムってイギリスの監督のファンです。
全部の映画を観ているわけじゃないけれど なかなか 骨太の作品を撮っており 去年は確か性描写が激しい 9Songsという映画で話題となりました。

実は この映画 全然観る気がありませんでした。
というのも ガンタナモ という 収容所に オーストラリア人の デビッド・ヒックスという男性が テロリストの疑いで収容されている(⇒この事情については 日豪プレスさんの この記事が簡単でわかりやすい)ので きっと オーストラリア映画だろう と はなっから無視していたわけです。

ある映画館のメンバーな ワタシ お誕生日には無料券が一枚もらえます。その期限が刻々と迫りつつあり 去年も一昨年も 緊急の用事があり 使わないまま無駄にしてしまったので 今年こそ! と 思っていたのですが 時間のあうのは この映画しかなかったのです。

映画館へ行く前に 恒例IMDBで 映画情報を収集。
なんと、ウィンターボトムが 監督!

というわけで 一気に期待は膨らみました。

さて 映画は パキスタン系イギリス人の青年たちが 親の出身国パキスタンに初めて 足を踏み入れ 普通の観光をしていたところ 間違った決定をし続けた結果 キューバのガンタナモ という都市にある米軍基地の収容所に テロリストとして 送還、拷問を受け 証拠捏造などをされ テロリストであると 認めるよう強要されたものの 決して自分がテロリストである と 認めないまま 無事にイギリスに送還されるまでを 本人たちへのインタビューと 再現フィルムで 構成したもの。

最初は インタビューを受けるご本人たちと 再現フィルムで演じている役者さんたちが あまりに 似ていないので 一体何が起こっているやら さっぱりわからず その上 パキスタン訛りで 早口の英語でまくしたてるので 何が何やら五里霧中。

そして イギリス育ちでおキラクな若者たちがする 間違った決断にはらはら。最初は それでも単に 物を知らないので 戦争が始まった と 聞いても

「アフガニスタンには攻撃しないよ」

なんて お気楽決断をして 

「こら!どうして そんな決断するんだ!」

と 無知に腹が立ったりもしましたが これって 多分アフガニスタンとか イラクに 戦争なのに 観光に行く若い旅行者に対するキモチと 共通ですが 次第に 彼らが大変な状況をうすうすと感じ取り始め 逃げようとしてする決断が よく考えた末なのに 悪い方へ 悪い方へ と 事態を運んでいくのを見て 運命ってこういうことなのだろうか と 考え直しました。

浅慮 お気楽 ものを考えない 理想主義 など 色々な理由で ヒトはマチガイをしでかしますが 運命という 大きなものの前には そんなもの関係ないのです。じっくりモノを考えて最善の決断をしようが しまいが ヒトは 時には 運命というものに 身を委ねるしかない。そんな 恐ろしいことを 考えさせられてしまいます。

よく 自分の人生は自分で決められる とか 言いますが いくら頑張っても どうにもならないこと なんて いくらでもあるわけで この 若者4人の運命は それを代表しているよう。

しかし そこには いくら厳しい目に遭っても あきらめない という 人間の強さも描かれており あの若者たちを あんな過酷な拷問の中で 自分を見失わず 反抗を続けさせたものは 一体なんだったのでしょう。

それは 信仰にも 見えるし 冤罪という 運命に立ち向かう意志にも 見えました。

それにしても 怖いのは アメリカ軍。

テロリスト情報を手に入れるため テロリストを壊滅させるためには 証拠の捏造 偽証 嘘の情報 拷問 など 手段を選びません。確かに テロリストは憎むべき存在では ありますが 悪を退治するために 自分がそれ以上の悪になって どうすると 言うのでしょう。嘘を基にして 手に入れた情報に 何の価値があるのだろう と アメリカのいう「正義」の 信憑性を考えると 背筋がぞっとします。

自分が万が一同じ立場におかれたとしたら 果たして どうするだろう。そして 国際社会は 「正義」の名の下に 偽証や拷問を許すアメリカを 本当に「正義」を実行している と 認め続けるのだろうか と ギモンを感じずにはいられません。

そして あんなふうに 無罪のヒトをも拷問し 結局は却って無宗教であった彼らの信仰心を呼び起こすような 行為は 『テロリストの環の解消』というより テロリストの根をはぐくむものではないか と 考えてしまいました。

人気blogランキングに参加しています。クリックしてくださると嬉しいです☆

| エイガ | 21:41 | comments:4 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスの 伝統的お菓子

サンタさんといえば 赤白のコスチュームで 暑い暑い あつ~い オーストラリアでも サンタさんは やっぱりあの衣装を着てる とは 先日書いたのですが スコットランドの とある ショッピングセンターでは サンタさんの身の危険のために 代わりにヘルメットを支給することになった とか。

で、記事の中に出てくる ミンスパイ、伝統的な食べ物 としか 書かれていません。

しかも ミンス って何よ?

と思われる方も多いと 思いますが 実はミンス=ひき肉。
そう メンチカツ の メンチ は Mince(⇒細かく刻む)なのでした。

元々は ひき肉入りのパイで お肉を長持ちさせるために 保存料として ドライフルーツを入れていたのが いつの間にやら お肉が入らなくなり デザートとなりました。一度食べたけど 激甘で 歯が浮くような甘さ とは このことか と納得。
レシピも発見したので、こちらにご紹介しておきます⇒http://www.ajinomoto.co.jp/recipe/condition/menu/002254.asp??rp=recipe

さて ひき肉を オーストラリアなどのイギリス英語圏では

mince

と 言いますが、学校では

ground meat

と 言う と 習いました。そう、アメリカ英語だったんですよね。なので 初めてお肉屋さんに行って 狼狽。覚えるのにしばらくかかりました。

しかし その後 アメリカにいる アメリカ人と話した時に ひき肉のことを ミンス と 言ってもわかってもらえず 苦労した記憶があります。

同じものでも 国によって言い方が違うのって 方言ですよね。楽しいけど ちと大変。

人気blogランキングに参加しています。クリックしてくださると嬉しいです☆

| 異文化体験 | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シャーロットのおくりもの - シアワセな人生を送るための教訓

友達が 観たい と 言ったので シャーロットのおくりもの を 観て来ました。

原題は Sharotte's Web で、 シャーロットはクモなので シャーロットの巣 って ことです。

話は 名作 Babe と 似ていますが こちらは児童書の名作を基にして作られたので こちらが先。
子豚のウィルバーは 生まれたときに殺されそうになったところを ファーンちゃんという農家の女の子に助けてもらいましたが 成長したため 納屋に送られ 他の家畜と暮らすようになる。家畜たちは 特に仲良くすることもなく それぞれに 自分に割り当てられた仕事をしているだけ。純真な ウィルバーくんは 友達が欲しいものの 誰も相手をしてくれない。 そこに話しかけてきたのが 蜘蛛のシャーロット。美しい言葉で話す シャーロットと 子豚のウィルバーは 寂しさを埋めあうため 友達となるが ある日 ウィルバーは 自分がクリスマスのご馳走になることを 知る。シャーロットは ウィルバーに 自分がそんなことはさせないから と ウィルバーを守るために 納屋の家畜たちを巻き込む。

と 言う内容で 本当に家族向け。
残酷シーンもないし とても 泣けます。
もう ハンカチが必要です。
シャーロットの優しさ は 彼女が 「醜い」蜘蛛だから 誰も相手にしてくれない ために 誰も知らなかったこと。だけど 素直なウィルバーのおかげで 納屋の家畜たちは 彼女の知性と優しさを知るようになり 次第に ウィルバーを助けたい と 思うようになる。

子豚のウィルバーが 自分で何もしないのは 気になるけれど もしかしたら 素直でいること 偏見に惑わされることなく こころを開くこと は 大事 そうすることで 普通は見えないものが見えたり 奇跡を起こすことが出来る と 伝えたかったのかもしれません。

シャーロットも ただの蜘蛛ではなく 奇跡を起こすのですが それは 恵まれたもの 優れたもの だからではなく 誰かを助けてあげたい という気持ち 自分にとって 大事なヒトやものに 何かしてあげたい という 気持ちが 起こすもので 奇跡は神様や何か不思議なものが起こすのではなくて 一所懸命な気持ちが起こすのだ そして そういう気持ちがあれば 他の人たちの 気持ちを動かすことも できる ということかも。

それにしても 仔豚の鼻 って 本当~~~~~に カワイイです。これを見るだけでも この映画を観る価値があったりして。

さて 英語ですが シャーロットが使う単語 どれもこれも 美しい。その中で よく日常でも使われる表現で

I'm expecting.

というフレーズがありまして シャーロットがこうウィルバーに言った際に、

「え?何を期待しているの?」

と 無邪気に聞き返すシーンがありました。妊娠しているわけですが、婉曲な言い方なんですよね。

他の言い方で、妊娠何ヶ月 と 言いたいときは

I'm xxx months pregnant.

で 妊娠期間を pregnantの前に入れれば大丈夫。
gestation という 単語も pregnancy と 同じように使えるようですが 固い言葉なので 普段の会話ではあんまり 使われません。

人気blogランキングに参加しています。クリックしてくださると嬉しいです☆

| エイガ | 21:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オーストラリアのウールは 買っちゃダメ

オーストラリアは 原料類の輸出に経済の多くを頼っています。有名なのは 石炭、小麦、牛肉などですが 羊毛関係も有名です。

去年でしたか 世界を席巻した UGGブーツ。あれも オーストラリアのものです(原材料じゃないけど)。

国際線出発ロビーには メリノウール製のセーターなんかが売っており ついでに ラノリンなんかもお隣においてあります。これ、羊毛から取れる 油で、アレルギーを起こす人もいますが、塗るとスベスベ。寒くて 乾燥する冬 お肌がスベスベになっていいかもしれません。

ですが この オーストラリアの名産品 メリノウールにまったをかけた人が。

歌手の ピンク です。

I'm Not Dead I'm Not Dead
Pink (2006/04/04)
La Face
この商品の詳細を見る


一番有名なのは この曲? 
今でもダイスキです。



Stupid Girls なる曲で 世間にはびこる バカ女たちを 滅多切りにして 敵に回したことのある女性 Pinkですが、今度は PETA (People for Ethical Treatment of Animals) という団体に共鳴し オーストラリアの羊畜産農家の 羊の取扱が残酷だ ということで クリスマスプレゼントショッピングが最高潮に達した今、

「メリノウール または オーストラリア産 と 書いてあったら 買うのはやめましょう」

と パリで訴えたそう。

残酷だ としている理由は、羊毛用の羊には 背中に脂腺があって、そこにハエがタマゴを産みつけて 還った蛆が 皮膚下で繁殖するのを防ぐため 皮を切る処置のことらしいのですが それが一番 病気を防ぐのによいのだ と 財務大臣のコステロ氏は 言っており クリスマス前の売り上げ落ち込みを防ごうと 躍起になっております。

確かに PETA の ビデオを ちらっと見たら とても残酷。(⇒ こちらのサイトで見られます)
だけど ハエにたかられ 蛆虫に肉を食い破られて死ぬのと 皮を切られるのとでは どっちがいいんでしょうね。どっちも痛いのは マチガイないけど。

一番いいのは、ナイフで切る前に 鎮静剤を打ったり 違う方法で 切除することなんでしょうが 買うのをやめろ! という前に どうしてそういう提案が出来ないのかな と思います。

とりあえず 寒い北海道育ちの個人的意見としては 毛皮よりも フェイクファーの方が 軽いし 風を通さないし 雪に濡れても傷まないし しかも安いし ということで フェイクファーに一票。

詳しくはこちらのサイトで紹介されています。
シドニーモーニングヘラルド
Yahoo 7ニュース
The Age

それにしても どうしてこんな怖い顔の写真ばかり使うかな・・・。悪意でも???

人気blogランキングに参加しています。クリックしてくださると嬉しいです☆

| ニュース | 19:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オーストラリアのクリスマスって?

そろそろ クリスマスとなりました。
おかげで クリスマス休暇を取る人が激増。
バスや電車も空いていて ほぼ時間通りにやってくる 日本のような状態になって ありがたい限りです。

さて 南半球のクリスマスは 如何に。

ビーチに サーフィンしてる サンタはいるのか?

とかいう質問は クリスマスにビーチに行ってみて 後ほどご報告したいと 思いますが、まずショッピングセンターには サンタさんがいます。そして コドモを膝の上に抱っこして お話をしてくれます。

そして バスの運転手さんも サンタの帽子をかぶっています。バスには クリスマスのモールが飾られていたりして クリスマス気分を 否が応でも盛り上げようとしています。

あちこちで 年末クリスマスパーティが開かれ いわば忘年会。盛り上がっています。おかげで タクシーが捕まらないのは まだいいとして なんと!近いと乗車拒否。そして 人の足元を見て 2倍、3倍要求は当たり前という状態。ひどい時には わずか10分乗るのに 100ドルを要求とか。

クリスマスというか お祭り騒ぎの大好きなオージー 家の飾り付けまで思いっきりしちゃったり。サンプルはこちら↓
飾りつけ


それを観て回るツアーなんていうのも 市交通局が先頭切ってやってたりします。
所要時間は約3時間、値段はオトナ12ドル。
しかし恐ろしいことに 

クリスマスキャロルを歌うのは 義務です


だそうで、そんなの知らないワタシなんかが参加した日には ふんふん、って 鼻歌でごまかしてもOKなんでしょうか?バカにするな!って 怒られたりして。

そして真夏のクリスマスには 何を食べるかというと 今でも イギリスの伝統が強いオーストラリアでは 普通に七面鳥や ハムなんかを食べますが 不思議なことに シーフードを食べる習慣もあります。やっぱり暑いから 冷たくてもおいしいものを食べたいんでしょうか。

そして クリスマスの朝には バーベキューで タマゴやソーセージと言った イングリッシュブレックファストを食べたり。

今年のクリスマスは 同居人のご家族のところへ 連れていってもらえるそうなので どんなものが出てくるか 楽しみです☆ とりあえず手土産として クリスマスケーキを注文しました。しかし 実はシーフードが結構苦手なので そんなの出されたらどうしよう・・・と 今から戦々恐々としております。

オーストラリア 随分長いこといるけれど やっぱり クリスマスは 冬の方が雰囲気ありますね。日本がちょっと恋しくなる時期です。

人気blogランキングに参加しています。クリックしてくださると嬉しいです☆

| 異文化体験 | 20:04 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

オーストラリアワイン 試してみませんか?

オーストラリア と いえば

コアラ
カンガルー
ブーメラン
ビール

というのが 有名ですが、知られざる名産品として 挙げられるのが ワイン です。

乾燥した気候が ブドウ栽培に向いているのでしょう ヨーロッパでは 安価な割りに味もよく 供給も安定している ということで 相当なシェアを持っているそう。勿論 高級ワインというよりは 「おうちで 気軽に飲めるワイン」 という 位置づけらしいですが。

生産者としては フランス、イタリア、スペイン、アメリカについで 第5位。

さて、そんなオーストラリアワインですが クリスマスを前に 二つの大きなメーカーから新製品が発売となりました。

まず一つが ハーディ社からの 一杯分だけ ワイン

これは 蓋がスクリュー式になっており グラスと一体化しているのが ポイント。蓋が別だと なくしちゃうからでしょうか。

アウトドアや スポーツ観戦の時にも 楽しめるように ということで 現在のビール市場への食い込みを図っているよう。

飛行機で出されるみたいに プラスチックのボトルでは ダメなの?という気もしますが ビールのようにラッパ飲みは出来ない、または 出来るけどしたくない というわけで 画期的な新商品です。

オーストラリアで最初に売るのは 3月のオーストラリアGPですので F1観戦にメルボルンへいらっしゃる方 これを日本への お土産にしてはいかがでしょうか?ボトルもアクリルだそうで 軽いし 持ち運びにも便利です。気になるお値段は A$4.95 と、お手ごろ価格。

さて もう一つは なんと アルミパック入りのワイン

販売は Palandri という会社で スポーツドリンクでよく使われるような アルミとプラスチックで出来た パックに入っています。容量は通常のボトルと同様 750ミリ入り。

このパック、リサイクル可で 重さはわずか15グラム スペースもとりません!というのが 売り。

カナダからは既に発注されており、収納スペースに悩んでいる 航空会社を 見込み予定客としているそうです。

でも やっぱり ワインはボトルに入っている方が おいしそうに見えるんですが・・・。それとも のんべのオージーだけに 一晩で飲んでしまうので 場所を取らない 重くない(⇒従ってたくさん買っても持ち運びに便利) 方が いいのでしょうか?

詳しい内容はこちら⇒Hardyの記事両方についての記事共にSydney Morning Heraldより

| ニュース | 22:28 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カジノ・ロワイヤル 金髪ボンドも いいもんだ

やっと観ました カジノ・ロワイヤル。

「そんな早く行くの~」

としぶしぶの同居人を 

「絶対混むから!間違いないから!早く行かないと大変だから!」

と説き伏せて、映画館に着いたのは20分前(そんな早くないか)。

長蛇の列を見て さすがに人の言うこと聞かない同居人も 納得したようで、無事によい席確保。
最初は あまり人がいないように見えたけれど 予告編を上映する前に 映画館の人が登場し

「チケット売り切れなので 席が空いてたら詰めてください」

と呼びかけたくらいの大人気。

面白いから人気なのか、人気だから人が来るだけか、口コミにかけたら、確かに口コミ正解です。

いや、よいエンタテインメントでした。

出だしが通常のボンド映画と違って(と言っても ボンド映画のファンじゃないから 違ってたらごめんなさい) あの特徴的な ジェームズ・ボンドのテーマソングでは始まらない。白黒の画像からスタートし 元サウンドガーデンのボーカルが歌うテーマ曲をバックに アニメーションでトランプと ダニエル・クレイグ版ボンドのキャラクターたちが 戦いを繰り広げるのは とても洒落ていた。ここだけでも 必見。

多くの人が既に書いているように この映画は 駆け出し00(ダブルオー)ボンドが いかにして 冷酷なスパイたる 「ジェームズ・ボンド」になったか を 描くもので 今までにはなかった 彼の育った背景がわかるような 作りになっている。

彼の育った階級は おそらく 労働者階級で 恵まれた育ちではない。自尊心が高く 自分のエゴをむき出しにする点を 注意されても 聴く耳持たないのは 多分 最低のところから這い上がってきた その裏返し。

女性も使い捨てで 既婚の女性のみを相手にする その理由はめんどくさくないから で これまた 不安定な生い立ちのせいで 女性を信頼できない 家庭や男女関係というものを 安定したものと 考えられない などと 考えられる。

そんなボンドが恋をするのは お目付け役のヴェスパー・リンドだが 彼女との恋が ボンドを人間らしくする。

敵役の テロリストの資金管理をする ル・シッフルの見た目はなかなかに 不気味であるものの どうして 彼があんなに ギャンブル好きかは ちと不明。まあ、ボンドが中心の映画なので それでいいんだけど。

アクションも豊富で 主演のダニエル・クレイグは 「毎朝ベッドから起きるのが 本当に辛かった」 と 筋肉痛に悩まされるほど アクションを自分でこなしたそう。アクションシーンは 高所恐怖症の私には もうやめて!と言いたくなるものでしたが これも 若いダニエル・クレイグだからこそ 出来たこと。ここに プロデューサー陣が 人気のあった ピアース・ブロスナンを交代させた理由が見える。

いくらダンディでステキでも 素手で殴り殺したり 生意気で ホテルの駐車係と間違えられて わざと車をぶつけたりする役は ブロスナンには無理だった。

そして クレイグの強み、それは「演技が出来ること」である。

他の役者さんをバカにしているのではない。
ただ、クレイグは 今までアート系のフィルムで活躍しており 人の心の機微を演じるのが上手。それが 色々と葛藤を抱えたボンド像を作り上げるのに一役買っていたとみる。

さて アクション豊富なボンドになったせいで ダニエル・クレイグは 筋トレをしなくてはならず、おかげさまで ステキなボンドの水着姿をおがめるわけだが これは 多分 ボンド映画では いつも女性が水着で登場することを ちゃかしているのだろう。

しかし この水着シーンのおかげで ダニエル・クレイグは 「世界で一番セクシーな男」にノミネートされたそう。多くの人が認めるセクシーキングである ジョージ・クルーニーも ブラッド・ピットも押さえての快挙です。ただ、水から出た後 頭がちょっと カッパちゃん に なっちゃってたのが 難点ですが。

あ、男性観客のために 女性の水着シーンもちゃんとありますが、あのシーンは「こーゆーの オトコの皆さん 結構憧れる?」って 監督が ふざけていたのではないか と 今でも思っている。

さて ボンドの形成 という点について 確かに納得させられるのは M同様に ボンドもコードネームである という点。この名前を ホテルにチェックインするときに ボンドが言わなくてもいいのに 言うのは 敵に登場を知らせることでおびき寄せよう と するよりも

「オレは ボンドだ!」

という 自負がそうさせるようにも とれる。
それが 本当のボンドになった と 観客にはっきりわからせる ラストシーンは とても見事。

何かを考えさせるとか 現代社会を批判するとか そういうのはないけれど アクションあり お色気あり 洒落た台詞あり(恋愛中で 彼女をぐぐっとさせたい 殿方、映画中で ボンドが言う台詞、覚えておいた方がいいかも) で 観て後悔しない良質のエンターテインメント映画でした。 メインストリームの映画も 悪くないな と 思ったけれど それはやっぱり イギリス製だからでしょうか?

人気blogランキングに参加しています。クリックしてくださると嬉しいです☆

| エイガ | 22:03 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リトル・ミス・サンシャイン - 負け犬だって いいじゃない

先日観た リトル・ミス・サンシャイン
とっても オモシロカッタので 感想を少々。

まだ日本では未公開ですが クリスマスにカップルで観るには ちと どぎづいかもしれませぬ。

何せ 登場人物が 全て アメリカ的 かつ アメリカ的なるものへの 反感 というか 「こんな アメリカでいいんかいな」 という 監督のぼやきに満ち満ちているようです。

また長くなったので 続きを読みたい方だけ 以下をドウゾ↓

≫ Read More

| エイガ | 08:25 | comments:5 | trackbacks:2 | TOP↑

2006年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年01月